PTAのブログ

PTAより

PUSH開き方講座

三連休の初日にあたる2月23日、市川市PTA連絡協議会主催の「PUSH開き方講座」に参加してきました。

PUSHとは、一次救命処置の中でもっとも重要な胸骨圧迫(心臓マッサージ)とAEDの操作方法を短時間で効率よく学ぶことができるプロジェクトで、授業中だけでなく放課後や土日、地域に対しても活用できる内容です。

今回は学ぶだけでなく、このPUSHを広めるための45分の講座を開ける知識を習得することを目的とした研修でした。

大野小PTAからは、役員会から2名参加してきましたので、子どもたちの授業でPUSH講座を開いたり、保護者に対しての学びの場として提供することができるようになりました。

万が一の時に、落ち着いて的確に行動できるようにしたいですよね。講座に参加してみたい!などご興味ある方は、ぜひPTA役員会に教えてくださいね。

新年度に向けて

2月10日に役員会をおこないました。

3ヶ月ぶりの役員会、いよいよ新年度に向けて準備を始める時期となりました。スケジュールや準備物を確認し、各自がやることを明確にしました。

総合防災訓練

1月20日(土)に、市川市全体で行われた総合防災訓練に参加しました。

大規模地震が発生した際、大野小は避難所として避難者の受け入れ・支援物資の提供場所・最新情報の発信場所となります。そして、それらの運営は我々保護者を含む地域住民でおこなう必要があります。

能登半島沖の地震のこともあり、改めて備えが大事だと感じますので、どんな準備が必要なのかを体験してきました。

 
避難者の受付、支援物資の提供準備、情報発信スペースの設営、プライベートを確保するテントの設置、太陽光パネルを用いた電源の確保、などなど。


訓練をおこなってみると課題も見えてきて、とてもタメになる時間でした。

第3回運営委員会

12月9日(土)、第3回運営委員会を開催しました。

校長・教頭先生からは、3,4年生の様子のご紹介や太陽光パネル設置の工事進捗状況、オープンスクールの日程変更などをご報告いただきました。

PTAからは、10月のかけこみ110番ウォークラリーや前日に開催したOCS講座や親子クリーン作戦の開催報告をおこないました。

また学級長からは、昨今の子どもたちのインフルエンザ感染拡大などを受けての感染予防対策に関するご意見をいただきました。こちらは学校側と相談の上、PTAも積極的に協力していきたいと思います。

詳細は後日配付されます運営委員会だよりをご覧ください。

北方小さん、50歳!!

12月9日(土)、近隣校である北方小学校が創立50周年を迎え開催された記念式典にご招待いただきましたので、参加させていただきました。

北方小さんは全校生徒が200名超ということで大野小の半数ですが、その分1~6年生がみんな仲良く(大野小もそうですが)、式典はとてもアットホームで内容でした。

写真ではご紹介できないのですが、6年生の児童がパソコンを使って全クラスの紹介や先生一人ひとりの紹介をするなど、今どきな内容も盛り込まれていました。

大野小は今年44周年、6年後が創立50周年です。式典が開催されたらどんな式典になるのか、今から少し楽しみになりました。(残念ながら、今いる児童は50周年の時は全員卒業してるのですが…)

最後になりますが、改めて北方小さんの50周年おめでとうございます!

 

PTAの掲示板
PTA会則細則・PTAのてびき