学校の様子ブログ

学校の様子

読書週間 始まる

11月12日(火)

読書週間が始まりました。

図書室では、学校司書の井垣先生から読書郵便の説明をしているところでした。

・お手紙を出すのは他のクラスや1年生、お兄さんやお姉さんに出します。クラスのお友だちには、直接本を紹介しましょう。

・このお手紙は、真間小の中にしか出すことはできませんよ。

どんな郵便が行き交うことになるのでしょう。楽しみです。ホワイトボードには、新しく購入した図書の紹介がありました。表紙がカラーでプリントアウトされており、すぐにでも手に取りたくなります。「こども六法」が目に留まりました。

 

体育館では6年生が明日の市内音楽会に向けてリハーサルをしていました。真剣な目つきで指揮者である田口先生を見て、しっかりと口を開いて歌っています。

「声がよく出てきました。音の重なりもきれいですよ」 気になるところをおさらいしています。

体育館よりもはるかに大きなホールです。緊張しないで歌えるとよいですね。

13時 開会式、引き続き 招待演奏(和楽器の演奏)、本校は3番目の発表となります。他校の演奏中は出入りができませんので、ご注意ください。 チケットのない方も受付で名前を記入すれば、鑑賞していただくことができますので、どうぞ足をお運びください。   校長

  

パンダシール 一時止まれ!

11月11日(月)

修学旅行に出かけていたために、5日の朝以来、久しぶりの挨拶となりました。

「先生どこに行ってたの?」と、聞いてくれる子がいて嬉しい朝でした。

丸屋さんの横断歩道を見ると、見慣れない絵が描かれていました。歩行する子供向けの「一時停止」のシールでした。

夏の警察等との打ち合わせでは、「足型のマーク」と思っていたのですが、今どきはかわいらしい「パンダシール」になっています。よくると、パンダが左右を見ているサインになっています。(斜めから撮影しているので、見にくくてすみません)

 

児童の登校が終わるころ、警察の車両が2台、本校の南西門に到着。何が起きたかと、思われた方もいらっしゃるかと思います。窃盗事件で犯人が真間川に証拠となるものを捨てたため、ボートを浮かべて探すことが目的とのことでした。

子どもたちに直接的な影響はありませんでしたので、ご安心ください。  校長

 

修学旅行 6 自然観察

風もなく、暖かな陽射しのもとでハイキングがスタートしました。

インタープリターの皆さんと湯滝を見学して、金網に囲まれた保全されている自然の中に足を踏み入れました。

木が倒れて、新しい芽生え、やがて大きな樹木に成長する様子を知ることができました。

猿の腰掛けというキノコを発見、「ブニュブニュしていそう 」と、予想しましたが、まるで木そのもの。目、耳、五感を使っての自然観察です。

2時間弱のハイキングが終わる頃には、体がずいぶん冷えたようです。手をつけている湯川には、産卵のために「カワマス」という魚が浅瀬を泳いでいました。

インストラクターさんのおかげで、充実したハイキングとなりました。

修学旅行5 起床

おはようございます。朝の外気温は0度とのことです。

起床10分程度の男子部屋です。協力して部屋の片付けをしています。

もう、すっかり片付いています。1時間前に廊下を歩いたときには静かだったので聞いてみると、「6年生ですから」とのこと。しっかりしています。女子も順調のようです。

健康観察。微熱のあった子、咳が出ている子もいましたが、病院に行く状況ではないようです。食事の際にも様子を見ていきます。

寒いので朝の散歩を計画から外したことと、しっかりしている子どもたちのおかげで朝飯前にアップするゆとりができました。

追記。朝食は洋風です。

修学旅行4 日光彫り体験

入浴、お土産、明日の支度をローテーションで終えると、お待ちかねの夕食です。ほとんどの子が完食に近い様子でした。

隣では、日光彫り体験の準備を進めていただいており、食後にロスタイム無しで体験をスタートしました。

名人からの説明を伺った後、クラスごとにお手本を見せていただきました。下絵無しの妙技に拍手が起きました。

いよいよ、限られた時間の中での作業です。慣れてくると、かなり手の込んだ作品もできあがっていました。

難しいところを少し手伝っていただくこともできました。手作りのお土産を持ち帰ります。