校章

 真間小学校 校章真間小学校の校章は「ふたばかえで」
 真間山弘法寺の山門を入った右手、鐘楼の前に昭和天皇の、お手植えの楓があります。
 真間は紅葉の名所として多くの文人墨客が、訪れた場所でした。そこで、すぐに見て真間小と
 わかるものとして「二葉楓」を校章と定め、図案化したといわれています。 

校歌

真間小学校 校歌