真間小を支えてくださっている方々

加藤 重夫 さん加藤 重夫 さん

毎日、真間小学校周辺の道路を清掃してくださっています。
美しい真間小学校の環境は細やかな手入れによってできあがっているのでした。
美しい環境のなかに、子どもたちの美しい心が育っていきます。
「自分の健康のためです」とおっしゃっていましたが、真間小学校

 

 

岸 一男 さん岸 一男 さん

真間小学校からデイリー山崎方面へ向かって、さらに市川駅寄りに進んだ横断歩道のところで、毎朝、子どもたちの交通安全を確保してくださっています。
中には、「どんな権限で車を止めてるんだ!」とけんか腰で怒鳴られてしまうこともあるそうです。
命がけで子どもたちを守ってくださっているのです。 

 

 

 

矢部 まさ子 さん矢部 まさ子 さん

真間小学校正門前の丸屋文具店の矢部さんは、子どもたちの登校が終わった後、毎日正門を閉めてくださっています。
もちろん、その後は本校の職員が不審者侵入防止のために、各門を施錠してまわりますが、「人の目」で学校の様子に異常がないかどうか見てくださっていただいているのはたいへん心強いのです。

 

 

 

田中 隆三 さん田中 隆三 さん

菅野にお住まいの田中さんは、毎年、真間小の5年生の社会科の学習や、総合的な学習の時間の「米作り」を支援してくださっています。真間小プール脇の花壇に田んぼをこしらえてくださり、もっと小さな田んぼとしての「バケツ稲」を、どう管理しながら育てていったら良いかなど、子どもたちに親切に教えてくださっています。