ブログ

大洲小NEWS

6年生:理科「呼吸のはらたき」

6年生は「呼吸のはらたき」について学習しています。

吸う息と吐く息には違いがあるのかを調べました。

ビニール袋に空気をつめたものと、吐き出した息をつめたものを用意します。

それぞれのビニール袋に気体検知管を入れて、中の気体を吸い込み、気体中の酸素の量、二酸化炭素の量を計測します。

ちなみに私は、今まで気体検知管を使ったことはありませんが、時代がすすみ、便利な実験道具が使えるようになりました。

気体検知管を見ると、吐いた息のビニール袋では、酸素の濃度が減り、二酸化炭素の濃度が増えていることがわかりました。

また、呼気を入れたビニール袋に石灰水を入れたところ、白く濁りました。このことからも、吐く息には二酸化炭素がたくさん含まれることがわかります。

3年生:「人権教室」

市川人権擁護委員協議会から講師をお呼びして、3年生の各学級で「人権教室」を開催しました。

「『人けん』とは何か知っていますか?」

「はーい、人の研究でーす。」「人の健康のことだと思います。」

「その『けん』ではなく、権利の『けん』です。」

「誰もが持っている、人が幸せに生活するための権利について考えてみましょう。」

今日は、映像資料を使って、「いじめ」について考えました。

登場した、「いじめる子」と「いじめられる子」、「いじめを見て黙っている子」らの、それぞれの子ども気持ちを考えてみました。

「いじめをみているだけで何もしないのは、いじめと同じです。」という意見が出ました。

「担任や学校の先生、友だち、家族に相談するのも、解決につながると思います。」

意見を発表し、また、その意見を聞きながら、「おもしろいから」や「なんとなく」という理由で、友だちをいじめることはいけないこと。そして、「見ているだけで黙っている」のはやめようということを確認できたようです。

 

 

3年生:「タイピングの基礎」

3年生になりローマ字を習うことになります。今日は、タブレットでローマ字タイピングの練習をしました。

手をどこに置けばいいのか。どの指で、どのキーを押せばいいのか。

画面にお手本が表示されます。それを真似ながらキーを打ち、ローマ字入力を学びます。

正しい指使いを身につけることは、今後のICT活用の技能向上に役立つと思います。

かんたんなレベルからだんだんと高度になりますが、それをゲーム感覚で練習することができます。今後も時間をつくって取り組みます。

両手で打つ姿を見ていると、先生方より上手に見えます。

気が付いたころにはブラインドタッチ。ということになるのでしょうね。

 

 

5年生:家庭科「はじめてのソーイング」

今日は学習参観日です。

大勢のギャラリーの中、5年生は、はじめてのソーイング。

今日はその基本となる、「玉結び」と「玉留め」をしました。

担任が玉結びのお手本を大型モニターに示します。

子どもたちは、そのお手本を見ながら挑戦。

指でクルクルっとまるめるように結びます。

でも、玉留めには苦戦していたようです。

布を持って、留めたい部分に、針と糸を一緒に押さえます。

針を上に抜いていきますが、ずれてしまいます。なかなかねらったところに玉留めができません。

ここで、お母さん方が満を持して登場。

お手本を見せたり、針と糸を一緒に押さえてあげたり。

子どもたちも、いくつも玉留めをしていくうちに、だんだんコツがわかってきたようです。

これでボタン付けも大丈夫!(かな?)

 

 

 

1年生:図工「うんどうかい『がんばったよ!』」

1年生の廊下には、先月行われた運動会の絵が掲示されています。

ダンスや玉入れ、かけっこ、リレーの思い出のワンシーンをクレヨンで描いたものです。

1枚に収まらなかったのか、縦や横に画用紙を継ぎ足して、足や手を描いている作品もあります。

楽しそうに演技や競技をする姿を描いた絵は、とても微笑ましく、見るたびにほっこりします。

明日は学習参観日です。授業の様子を参観していただくとともに、教室や廊下に展示してある子どもたちの作品をぜひご覧ください。