学校教育目標/経営方針

1 学校教育目標

 よくまなび よくあそび

 ~ 人生を拓く力の育成 ~
   

2 目指す学校像 「子どもの未来を拓く、活力ある学校」

〇 子どもたちが学ぶ楽しさや触れ合う喜びを感じる学校(子どもたち一人一人の自己実現)

〇 教職員が協働で学校づくりに参画し、やりがいと誇りを感じる学校(教職員の自己実現)

〇 保護者・地域から信頼され.地域の教育力を学校の教育活動に生かすことのできる学校(地域とともにある学校)

 

<目指す児童像>

〇 まなびいっぱいの子ども  (確かな学力)

〇 やさしさいっぱいの子ども (豊かな心)

〇 げんきいっぱいの子ども  (健やかな体)

 

<目指す教師像>

〇 心身ともに健康で、信頼と期待に応える教師

〇 子どもに寄り添い、共感することができる豊かな人間味のある教師

〇 研修に励み、確かな指導力のある教師

〇 組織の一員として協働体制に努め、使命感・責任感のある教師

 

3 学校経営の方針

(1)子どもたち一人一人の自己実現を図る。そのために、授業や様々な活動の場に生徒指導の機能(自己決定・自己存在感・共感的な人間関係)を生かし、自己指導能力を育成する。

(2)教職員の創意と工夫、能力を生かした学校経営に努め、教職員一人一人の自己実現を図る。

(3)保護者や地域との連携・協働を深め、願いや期待に応える。信頼される「地域とともにある学校」づくりに努める。

 

4 具体的な取り組み

<子どもたち一人一人の自己実現>

〇 確かな学力を育む

・授業力向上のために校内研究や授業研究の充実を図る

・学校図書館の利活用と読書習慣の育成

・ICTを活用した学習の推進

・教材研究や効果的な指導法の工夫と改善に取り組み、「わかる授業」の推進に努める

〇 調和のとれた人間性と豊かな心を育む

・児童一人一人が尊重され、生き生きと活動できるよう人権に配慮した教育活動を推進する

・「考え、議論する道徳」の実践で、道徳的実践力を深める

・教育相談やカウンセリングの積極的活用と充実を図り、悩み、不登校、いじめ等の早期発見及び早期対応に努める

・基本的生活習慣(挨拶、清掃、言動)の質的向上を図る

・適切な言葉を用いて自己表現をしっかりできる生徒の育成を図る

〇 健やかな体を育む

・感染予防、感染防止の視点に立つ環境衛生の充実

・家庭・地域と連携して、基本的な生活習慣(早寝、早起き、朝ごはん等)の確立を図る

・体力向上の推進

 〇 特別支援教育の充実・外国人児童生徒等の多様性への対応

・児童一人一人の教育的なニーズに対応した、特別支援教育の視点に立った教育活動の推進

・ユニバーサルデザインの視点を生かした環境づくりと授業づくり

・外国人児童生徒等の受け入れ体制づくり、「特別な教育課程」の編成と実施

<教職員一人一人の自己実現>

〇 教師が生き生きと働く学校づくり

・一人一人の力が結集された「チーム大洲」の実現

・従来の業務を不断に見直し、児童と向き合う時間を確保する

・勤務時間を意識して勤務する職場風土づくり

〇 職員研修の充実

・教師の力量の差を縮める校内研修や全体の力をアップする校内研究を充実

・ベテランや中堅教職員が初若年層教職員の育成に積極的に関わる職場風土の醸成

・不祥事根絶のため、モラールアップ委員会や参加型の研修を機能させる

〇教科担任制の導入

・教員の専門性を生かす

・教材研究や教材準備の効率化を図る

<地域とともにある学校づくり>

〇 保護者や地域の方に信頼される、地域とともにある学校

・地域学校協働本部との連携と学校運営協議会の充実 

・大洲中ブロックの幼・小・中の連携を推進

・積極的に学校情報を発信(学校だより、ホームページの充実、メール配信等)し、相互理解と信頼関係の醸成を図る

・経営改善に資する学校評価の工夫を図る(PDCAサイクルの確立)

〇 児童の安全・安心を地域で見守る体制の構築

・PTAや地域学校協働本部、学校運営協議会と連携し、児童の安全・安心を地域で見守る