ブログ

大洲小NEWS

5年生:社会「田植え」

5年生の社会科では、日本の農業の学習をします。

米作りのことや米作りに携わる方々の様々な工夫や苦労について学びますが、例年、実感をともなう深い学びになるよう田植え体験をします。 

ほとんどの児童が田植えを行うのは初めてです。

地域のボランティアの人から、「苗を3~4本ずつ束から取って鉛筆を持つようにつまみ、苗の根元を2センチメートルほどしっかりと差し込んでください。」と説明を受け、見よう見まねでやってみます。

田んぼに張られたロープの印に合わせて苗を植えていきました。

児童らは「思っていたよりも難しかった。いい経験になりました。」「もっと広い田んぼで、泥まみれになりながらやりたかった。楽しかったです。」等、田植え体験を楽しんでいたようです。

10月には稲刈りをします。そして、脱穀をして実際に炊いてみます。

今から楽しみです。

 

1・2年生:生活「さつまいもの苗植え」

1年生が、サツマイモの苗を植えました。

はじめに地域のボランティアの方から、苗の植え方のお話を聞きました。

「苗を植えるときは、苗をまっすぐ立てるのではなく、土に寝かせるように斜めにして植えます。」

「どうして、まっすぐ植えないんですか?」

「おいもが畑いっぱいになるようにするためです。わかりましたか。」

「はーい!」

子どもたちはワクワクしながら1人2本ずつの苗を植えました。

黒いビニールでおおわれた畝に、竹でできた道具をあて、穴をあけながら苗を植え付けます。

2年生は、昨年すでに植え付けをしているので、さすがに手慣れた様子です。道具も上手に使っていました。

「さつまいもは何月にできますか?」1年生は収穫まで待ちきれない様子です。

「10月においもほりをする予定です。大きなさつまいもがたくさんできていると思います。」

秋のおいもほりが待ち遠しいです。

 

 

5年生:家庭科「お茶をいれてみよう」

5年生からスタートした家庭科の学習。

はじめての実習は、お湯の沸かし方とお茶の淹れ方です!

まずは、担任の先生から家庭科室の使い方、特に今回は、ガスコンロの使い方の確認がありました。

お茶の淹れ方の説明のあと、いよいよ実践。

まず、やかんでお湯を沸かします。

一度沸騰させたお湯を人数分の茶碗に入れて量を調整します。温度もほどよく下がります。

お茶の葉を入れた急須にお湯を入れ、1分待てばできあがり!

濃さが均等になるよう注ぎ分けます。

今はペットボトルのお茶であったり、ティーパックのお茶であったりと、いろいろ便利なものがあります。急須から湯呑茶わんにお茶を注ぐという経験も案外少ないのかもしれません。

家庭科室での初めての実習でしたが、班ごとに協力しながら和気あいあいと学習していました。

 

 

1・2年生:生活「学校たんけん」

1年生は2年生の案内で学校たんけんをしました。

1年生は、2階以外の階になかなか行く機会がありません。理科室や音楽室、家庭科室などの特別教室もはじめて入ります。大洲小学校にはどんな教室があるのか、実際に見てまわることを楽しみにしていました。

案内をする2年生は、あらかじめ、図書室、音楽室、理科室、少人数学習室などの特別教室、職員室、事務室、放送室などの部屋についてガイドブックをつくってくれました。1年生に、いろいろな教室を説明しながら案内することで、2年生としての自覚も高まると思います。

ちょうど1年前、校内を案内してもらっていた2年生ですが、今日、1年生を案内することで、お兄さん、お姉さんの立場を経験することになりました。

1年生と2年生のペアは、計画にしたがって、時間の許す限り学校内をまわりました。

 

 

「引き渡し訓練」

市川市では、課業時間内で「震度5弱」以上を観測した場合、児童生徒を「学校で待機」させ、「引き渡し」を基本として対応します。

今日は、首都圏直下型の大規模地震が発生したという想定で、引き渡し訓練を行いました。

避難訓練も兼ねています。子どもたちは、緊張感をもって取り組んでいました。

しばらくして、連絡を受けた保護者が引き取りに駆けつけてきました。担任が保護者を確認し、児童を引き渡しました。スムーズな引き渡しができました。

兄弟姉妹2人以上が在籍している場合、先に高学年の児童から引き取るようお願いしています。

近年増えている自然災害をはじめ、児童を取り巻く環境は心配なことがたくさんあります。児童の安全・安心のためにもご家庭と学校との連携が重要になります。

本日の訓練、ご協力ありがとうございました。