ブログ

大洲小NEWS

「百人一首大会」

 

例年ならば、体育館で、保護者の方に参観いただきながら、学年の子どもたちが膝をつき合わせて熱戦を繰り広げる百人一首大会。

今年度は、密をさけるために会場を分け、各クラスで勝ち抜いた代表が出場し、「百人一首」の学年トップを競いました。

友だちの応援はないとはいえ、各会場、白熱した戦いを繰り広げていました。

「ちはやぶる~」、上の句が読まれると、さっと札がとられます。

静寂の中に緊張感が走ります。

自分の得意な札を取って喜ぶ子、取られて悔しがる子。

子どもたちの頑張る姿を見て、心が温かくなりました。

来年は、是非、学年の子どもたち全員で、体育館で盛大にやりたいものです。

2,3,4,6年生のそれぞれの学年でトップが決まりました。

5年生は、後日行います。