ブログ

児童の様子

12月18日(月)

1年生、国語の学習で「ぽかぽかゆうびん」として読んだ相手が心がぽかぽかするようなお手紙を書いています。相手は、お友達や家族、先生にあてたものがほとんどでした。「お母さん、いつもおいしいお料理をつくってくれてありがとう」や「いつも、あそんでくれてとてもうれしいよ。また、いっしょにあそぼうね」など、読んでいる相手の気持ちが温かくなるお手紙がしっかり書けていました。

 

 

2年生、国語で「おもちゃ説明書を完成させよう」というめあてで、自分で実際に作ったおもちゃを作成した時のメモをもとに、説明書を書いていました。「わりばしでっぽう」「ぴょんぴょんがえる」「きょ大オセロ」など、同じものを作ったグループに分かれて活動していました。

 

 

1年生、2クラス合同で生活科「あきランドをたのしもう」で、ドングリや松ぼっくりを使ったゲームを考えました。前半、後半の二つに分かれて、お店屋さんとお客さんになっていました。ドングリゴマやドングリマラカス、松ぼっくりのけん玉や的あてなど、どのゲームもとても楽しそうでした。

 

 

 

12月17日(日)

市川市内の管弦楽フェスティバルに本校の吹奏楽部が参加し、子供たちはおそろいのユニフォームを着て演奏しました。「ちぐはぐ」「デパーチャー」の2曲でした。「ちぐはぐ」では、振り付けも考えてあり、立ったり座ったり、足や体でリズムをとったりして演奏していたので、聞いているこちらも笑顔で楽しい気持ちになりました。。2曲目は、とても勇壮な感じの曲で、音色も美しく、感動を与えてくれました。素晴らしい練習の成果ですね。

 

 

12月15日(金)

朝学習の時間に全校で学校生活アンケートの説明を行いました。市内全校で行うアンケートは小学生は家で実施することになっています。子供たちが実施するアンケートを各クラスで配付して、それを見ながら、放送で質問内容について教頭先生が説明をしました。

 

2年生、「いろいろもよう」で、ティシュペーパーを4つ折りにして、マジックで模様を丁寧に描いています。広げると、とてもきれいな模様になっていました。

 

 

3年生、社会で市川市の学習に取り組んでいるので、市で行っている「市川検定」に全員参加しました。今日は市川検定の認定証が配られました。とても嬉しそうです。

 

 

6年生、英語で「自分の好きなものや人」について紹介していました。写真は1,2枚、時間は20秒から30秒、英語のみを使って紹介するという3つの条件があります。聞き手も、「oh,good」など英語で相づちをうちます。ゴジラ、ミッキーマウスやユーチューバー、俳優など、紹介するものは様々でしたが、「好き」な思いがスピーチから聞き手に伝わってきました。

 

 

 

 

 

 

12月14日(木)

4年生、民謡「こきりこ節」を聴いた後に、「こきりこ節に使われている楽器をやってみよう」という目標で学習をすすめました。専科の先生が「こきりこ」「笛」「棒ざさら」「すりざさら」の紹介をして、実際に子供達も「こきりこ」や「棒ざさら」「すりざさら」を手にして、音を出していました。

 

 

5年生、6年生が体育館で地域講師の先生の指導の下、書初練習をしました。5年生は「世界の国」6年生は「伝統を守る」です。高学年になればなるほど、文字そのものも難しくなりますが、文字数が増えバランスよくおさめるのも難しそうです。

 

 

12月13日(水)

1年生、初めての図工室で張り切っています。とろとろの紙粘土に自分の絵の具で好きな色を混ぜて、絵を描くようです。どんな作品が出来上がるか楽しみです。

 

2年生、和紙やカプセルを土台に張り付けてお面づくりをしました。今日は、お面にひもを通すことが、とても大変そうでした。

 

 

3年生、今日は初めての書初練習を体育館で行いました。準備に少し時間がかかりましたが、地域の指導者の方がお手本を書く様子を拡大してスクリーンで見るのがとてもわかりやすく、児童も熱心に練習に取り組みました。4年生は、昨年度一度書初めを経験しているので、準備も素早く、落ち着いて練習に取り組みました。

 

 

 

6年生、図工「きらめき劇場」で、きらきら光るボールや水を入れたペットボトルなどを、工夫して使っていました。

 

業間に体育委員の進行で長縄集会がありました。今日は、1年、2年、6年生が、クラスで二つのグループに分かれて、3分間で跳べた回数を計測します。二つのグループの合計がクラスの記録になります。どのクラスも一生懸命に跳んでいました。計測が終わると、今まで出なかった記録が出たクラスもあり、いろいろなクラスから拍手が起こっていました。

12月12日(火)

3年生、音楽室でメヌエットの鑑賞をしていました。楽器はバイオリンとピアノだったので、専科の先生がバイオリンでメヌエットの一部分を演奏すると、子供たちは「すごい」「きれいな音色だ」と驚きの声をもらしていました。

また、別のクラスでは、教室で、外国語指導員の先生と一緒に英語の学習に取り組んでいました。今日は、「What‘s this?」の学習で、発音練習を繰り返し、その後、黒い紙の下にあるものが何かを英語で聞いたり答えたりしました。

 

5年生、体育館で元気いっぱいバスケットボールの学習に取り組んでいました。動きがとても素早かったです。

 

12月11日(月)

1年生、国語の「きこえてきたよこんなことば」で、葉っぱについている芋虫がどんなことを話しているかを想像して書きます。「はやくちょうになりたい」や「もっとたくさんはっぱが食べたい」「はっぱがうえのほうにあるな」など言葉を想像して書きました。

2年生、国語の「おもちゃ大会をしよう」で糸電話や段ボール砲、割りばしでっぽうなど手作りのおもちゃ作りをしていました。

 

 

6年生、体育の学習で長縄をリズムよく跳んだ後には、鉄棒やティーボールに取り組んでいました。

 

 

12月8日(金)

4年生が、校外学習で徒歩で現代産業科学館にいきました。様々なブースでの体験を通して、科学の世界を楽しみました。放電実験では、雷についての学習をした後に、4つの放電実験を見学しました。音が大変大きいため、耳をふさいでいる児童も多かったです。サイエンスステージでは、炎色反応の実験で、主に炎に色をつける実験を見学しました。炎に銅の粉をいれると緑になった時は、驚きの声が上がりました。見学を終えた後は広場でグループごとにお弁当を食べて、帰校しました。

 

 

 

 

12月7日(木)

5年生「夢の教室」で今日は元プロのラグビー選手の川西智治さんが夢先生として、子供たちと一緒にゲームをしたり、自分の経験を話したりしました。まず、1時間目は体育館で一緒に「じゃんけんゲーム」をしたり、クラス集団で協力が必要な「だるまさんがころんだ」ゲームをしたりして親睦を深めました。子供たちは相談して考えを出したり、声を掛け合ったりして、ゲームを楽しんでいました。2時間目は教室で、川西先生が、自分の生い立ちやプロ選手として活躍する中での苦労や大切に思っていることを伝えてくれました。すべてが順風満帆だったわけではなく、いじめられたり病気を発症したりしてつらいこともたくさんあったそうです。両親や仲間に支えられての自分なので「人にやさしくすること」、そして、がむしゃらな努力でどうにもならないときは、休んだり優先順位をつける「考えて努力すること」を大切にしてほしいというメッセージでした。「つらいことがあっても、後で振り返るとそれは自分の力になっている」という言葉も重みがありました。川西先生の選手時代の映像を見たり、授業の最後には「医者になって人を助けたい」「プロラグビー選手になって世界で活躍したい」など、子供たちも自分の夢を書き、数名が発表しました。

 

 

 

2年生の町探検の発表を4年生が聞き手となり交流しました。ペープサートや劇、模造紙を使って、探検場所の発見を伝えました。4年生からは、「何も見ないでセリフを覚えて劇ができてすごいと思いました。」「知らなかったことが、しっかりと伝わってきました」などの感想をもらい、2年生もとてもうれしそうでした。

 

 

6年生、職業紹介ということで、体育館で8つのブースに分かれて様々な職業の話を聞きました。建築士やカメラマン、消防設備点検や旅行会社などなど…。仕事の内容や大変なこと、やりがいなどをお話しいただきました。内容が伝わるように、実際につかう模型や写真を持参して見せてくださった方もいました。子供たちもメモを取りながら、熱心に聞いていました。

 

 

 

 

 

12月6日(木)

1年生、体育の時間に校庭で長縄を練習したり、箱を跳んだり、様々な運動をバランスよく行っていました。体育館では、2年生がマットや跳び箱を協力してしっかり運んで並べていました。

 

 

4年生、千葉県の文化財や行事について班ごとにまとめた壁新聞をのびのびルームにはって、交流をしていました。友達の書いた壁新聞に感想を張りつけています。友達のコメントをもらえると嬉しいですね。

 

5年生、パソコンルームで古典について、自分の好きなテーマで調べ学習をしてまとめています。竹取物語や平家物語など、先生の作った見本を見ながら、わかりやすくまとめていました。

 

6年生、端末を使って、〇✖クイズや2~4択クイズに挑戦しています。今日は初めてなので、簡単な問題もいれながら、理科の学習の「てこ」の復習問題も入っていました。子供たちは、自分の端末に答えを入力し、全体で正解を共有し、正解したときにはポイントを稼ぎながら、楽しく問題に取り組みました。先生の手作り問題でしたが、終わってしまうと、「おもしろい」「もっとやりたい」という声が上がっていました。