中山小学校のブログ

うずらっこblog

「しゃぼんだまの なかの せかい」~できたらいいな こんなこと~

1年生が「できたらいいなぁ…」と思ったことをシャボン玉の中に描いてみました。

どんな世界を想像したのかな?ちょっと、のぞいてみましょう。

シャボン玉のプールで泳ぎたいな。

 

シャボン玉公園でブランコ!

 

釣りがしてみたいな

 

キャンプがしたい!               たくさん虫を捕まえたい!

 

シャボン玉の車でドライブしたいな

 

中山の秋

先週までの暖かさが嘘のように今週は寒さが戻ってきました。

気温が下がるたびに、校庭の木々も紅葉が進みます。

色とりどりの木々を見て季節を感じる子どもたちに育ってほしいと願います。

おいもほり

2年生が生活科の学習で育ててきたサツマイモのいもほりをしました。

小さな花壇で育てたサツマイモですが、よく葉も茂り蔓も伸びていたので、大きなおいもが収穫できるのではないかと期待も膨らみます。

2年生の小さな手で一生懸命土を掘り返していくと、赤紫色のおいもが見えてきます。力を込めて引き抜くと手のひらよりも大きなおいもが出てきました。

収穫したおいもは教室で観察した後、よく洗って乾燥させるそうです。全員が大きなおいもを収穫できたわけではありませんが、楽しい体験ができたようです。

スポーツフェスティバル2日目

昨日に引き続き、今日は3年、4年、6年生のスポーツフェスティバルでした。

11月とは思えない、暑いくらいの1日でした。

 

ラジオ体操にもしっかり取り組めるようになった3年生。

「Turning  Up」という曲にあわせ、きらきら光るポンポンを使ったダンスを披露しました。

軽快なリズムにノリノリの子どもたちでした。

 

上学年の仲間入りをした4年生は、実行委員を立てて準備を進めてきました。

競技準備も自分たちで行っていました。

4年生恒例の「ソーラン節」の練習にも一生懸命取り組んできました。自分の好きな文字を書いたはっぴが青空に映えていました。

 

6年生も実行委員が、自分たちのフェスティバルを作り上げました。

6年生はこれまでの運動会を振り返るように、1年生の玉入れ、2年生の大玉転がし、3年生の綱引きを競技に取り入れました。

フラッグを使った演技は、様々なフォーメーションやきれのある旗さばきで、高学年らしさを表現することができました。

 

今年度は、運動会が実施できず、このようなスポーツフェスティバルに形を変えての実施でした。このスポーツフェスティバルのために多くの人が関わっていることを忘れないでほしいと願います。

 

今回のスポーツフェスティバルを企画し、夜遅くまで準備やダンスの練習をしたり、子どもたちの指導に取り組んでくれたりして下さった先生方に拍手。

いろいろな規制を受け入れ、静かに、熱く子どもたちを応援してくださった保護者の皆様に拍手。

そして、本番まで頑張って練習に取り組み、最高の演技・競技に全力を尽くした子どもたちに拍手です。

うずらっこ スポーツフェスティバル1日目

今日は、運動会ができませんでした。そこで、教職員が相談をして、各学年ごとのスポーツフェスティバルを行うことになりました。けれど、児童も参観者も感染対策が必要でした。応援は、声を出さずに心の中の声援と拍手で、競技もできるだけ接触を避けたものを考えました。参観者の保護者にも、ご家庭1名、ソーシャルディスタンスを保つために指定席に座っての応援などのご協力をいただきました。

1年生は、徒競走とリレー、「パプリカ」の曲に乗せた軽快なダンスを発表しました。

 

2年生も徒競走とクラス全員リレー、「やってみよう」の曲にあわせて縄跳びの演技をしました。

 

5年生は、子どもたちが実行委員になって自分たちのスポーツフェスティバルを企画運営したそうです。

楽しい偶然走にフラッグを使った演技、自分たちで作戦を立てたクラスリレーで盛り上がっていました。

 

保護者の方々も約束を守って応援をしていただきました。さすが中山小学校の保護者の皆さまです。

ご協力ありがとうございました。明日の応援もよろしくお願いします。