中山小学校のブログ

うずらっこblog

夏休み 先生たちの宿題

夏休みが始まりました。

先生方は、飼育小屋の改修に取り組み始めました。

暑い中、汗をたくさん流しながら頑張っています。

みなさんも、先生方に負けず、普段なかなかできないことを頑張ってみましょう。

なつやすみ!

昨年度は、新型ウィルスによる休校のため、2週間という短い夏休みでしたが、今年は例年通りの夏休みになります。

長い夏休みです。ふだんできないことに、たくさん挑戦してみましょう。

健康・安全に十分気を付けて過ごし、9月1日に元気な顔がそろうのを楽しみにしています。

おおそうじ

今日は、1年生から6年生まで全校で大掃除をしました。普段手の届かないところや大きな道具類を移動して隅々まできれいにしました。

 

机の脚にこびりついた綿ぼこりも取りましょう。

床についた絵の具や習字のシミも落としましょう。

蛍光灯のほこりも取りましょう。

廊下のパイプの上もきれいにしましょう。

道具を出して、隅々まできれいにしましょう。

やはりきれいな学校は、気持ちがいいですね。

 

唾液の働き

ご飯をよくかむと味が変わる ← どうしてだろう?

こんな疑問から学習はスタートします。

口の中でご飯は細かくかみ砕かれる。口の中では唾液が出る。かみ砕く行為や唾液に何か隠されているのではないかと予想しました。

実験では、ご飯をかみ砕く代わりにビニル袋ですりつぶし、比較実験として唾液を入れたものと水を入れたものを用意しました。それを体温と同じくらいのお湯で温めたそうです。

そして、ご飯に含まれる「でんぷん」に反応するヨウ素液を入れてみると…

子どもたちは「ごはんに含まれるでんぷんは、唾液と混ざると別のものに変わる」と結論付けました。そして、「でんぷんが消えてしまったわけではないよね?」と新たな疑問が出てきました。

実験結果を求めるだけでなく、その結果からどのようなことが考えられるかを大切に学習をしています。

梨園見学

3年生が2度目の梨園見学に行きました。

今回は、袋掛けの様子を見せてもらったり、袋をなぜかけるのかを教えてもらったりしました。

梨は、順調に大きくなっているようです。おいしい梨を作るには、多くの苦労があることが分かったようです。