四中ニュース!

四中ニュース

5月22日「体育祭」

【瞬火集闘~それぞれの個性が燃え盛る~】を今年度のスローガンに、2年ぶりの体育祭を開催することができました。開会式から、生徒たちの「今日は頑張る!」といったやる気がみなぎっており、充実の1日となりました。

本校の体育祭は、体育委員の生徒が中心となり、主体的な活動により準備や運営をしています。各競技種目では、随所に白熱した展開が見られ、特にクラス対抗で行った団体種目では、生徒たちが心を一つに全力で取り組む姿を肌で感じることができました。

中学生らしい力一杯の競技、そして、最後の片付けまでしっかり取り組む生徒の姿からは、大きな成長を感じます。感染症対策から、保護者の皆さんの参観は叶いませんでしたが、生徒たちの心の1ページに、しっかりと焼き付けられた体育祭でありました。

 

 

 

 

5月18日「イエローリボン運動」

 「イエローリボン運動」とは、いじめをしないと誓って黄色いリボンに署名をし、四中からいじめをなくすための運動です。今年度も直接手渡しをしない、手洗いをしてから投函するなどコロナウイルス感染症対策を講じながら、一週間の取り組みをしました。

 本日、昼の放送にて生徒会から署名活動のお礼と報告がありました。その結果、今年度の3年生の参加率は96%であり、特に意識の高さと成長を感じました。その思いを1・2年生にもつなげてほしいです。次回は11月に再度実施します。大切なのは、「いじめ根絶」を掲げ、生徒同士が皆、思いやりを持って過ごすことのできる学校であり、“あい”があふれる学校づくりに向けて100%を目指してほしいと思います。

 

 

 

 

 

4月9日「入学式」

 令和3年度が始まりました。7日(水)の始業式に続き、9日(金)入学式を挙行しました。コロナ禍であり、新入生と保護者、在校生代表の生徒会副会長、そして教職員のみの式典となりました。第四中学校の制服に身を包み、緊張感を持ちながら、学級担任からの呼名に元気に応える新入生の姿は、逞しくもあり、微笑ましくもありました。12日から、3学年が揃った学校生活が始まります。在校生も新入生も、中学校生活そして将来に向けての大きな夢と希望を描きながら、充実した学校生活を送ってほしいと思います。コロナ感染症拡大防止のため、まだまだ制限の多い日常ではありますが、マスク、手洗い、三密を避けるなどの基本的な対策を講じながら、力を合わせて、日常の学校生活を守っていきます。

 

3月12日「卒業式」

 第72回卒業証書授与式を12日(金)に挙行しました。コロナ禍の緊急事態宣言中であり、卒業生と保護者、在校生代表の生徒会長、そして教職員のみの式典となりました。本来であれば、在校生に加え、地域のご来賓や多くの保護者の皆様に、卒業生の凛々しい姿を見ていただき、新たな門出に向けて、祝福をしていただきたかったところです。式典では、学級担任の呼名に大きく応え、堂々と卒業証書を受け取る姿、思い出と感謝の気持ちがいっぱいに詰まった卒業生代表の答辞、最後の共同作品である「帰らざる日のために」の学年合唱が特に印象的でした。限られた練習時間の中で精一杯取り組んできた卒業生の素晴らしい姿勢が随所に見られました。多くの皆さんには披露できなかったけれども、卒業生一人ひとりの胸には、熱く刻まれたことと思います。