新浜小ブログ

校長室ブログ

にいはまスマイル NO46

11月20日(水)3時間目に、6年生が社会科の授業で市川被爆者の会、児玉三智子先生の話を聞きました。先生は74年前、小学生の時に広島で被爆しました。当時の様子やこれまでの家族の苦労などの実体験について、記録写真や被爆者の方々が描いた絵を基にお話をしてくれました。話の結びに「未来はみんなのもの、平和を求める生き方をしてください。」と熱く語ってくれました。子どもたちは「つらくて大変な思いをしても、先生が語り継いでいることは素晴らしいこと」「平和について真剣に考えました。」など感想を持ち、これから自分がどうしたらよいのかを考える機会となりました。

 

にいはまスマイル NO45

11月19日(火)に11月の朝会がありました。吹奏楽部の演奏に合わせ、元気に校歌を歌い、前半は、校長先生から① 11月5日の学校訪問の評価について(元気で一生懸命に頑張っていること) ② 早寝・早起き・朝ごはん、しっかり運動の啓発(特に睡眠の大切さ) の話、表彰では市民マナー条例啓発コンクールポスターの部の優秀賞(2年生)第69回市川市小学校陸上競技大会の市内総合優勝、リレー入賞者の表彰がありました。陸上部の部長さんからは、部員の頑張りをたたえ、お世話になった顧問の先生方にお礼の言葉がありました。

後半は集会委員会から12月2日~6日「なかよしウイーク」の説明、新聞委員会から、学校新聞の記事協力のお礼がありました。わかりやすく丁寧な発表が素晴らしかったです。

ポスター表彰

陸上部表彰

集会委員会の発表

新聞委員会の発表

 

にいはまスマイルNo44

 11月16日(土)のオープンスクールデーの午後、お楽しみのPTA主催「わくわく広場」が開かれました。行徳太鼓連をはじめ施設開放団体からは6団体の体験型ブース、自治会から湊・湊新田・押切自治会による将棋道場、そして各学年からのコーナーが6つで作品づくりや体験型ブース、さらに新浜小おやじの会から相撲を含む3つのイベントブース、そして本部の挑戦ゲームなど、全部で17か所のブースができました。子どもたちは時間の許す限り、お友達とブースを回っていました。遊びながらも、いつもと違う雰囲気の中でたくさんの学びを得ることができました。子どもたちのために保護者・地域の方が素晴らしい体験を与えてくださり、心から感謝申し上げます。

 

 

 

にいはまスマイル NO43

11月12日(火)3・4校時に校内音楽会が行われました。これまで学級や学年練習でみんなの気持ちを一つに一生懸命に取り組んできました。

かるがも学級は、「あらじん」(歌とおどり)で、一人ひとりのセリフや旗振りもきれいでそろっていました。練習の時からとても頑張っていたので上手にできてみんなほっとしていました。12月7日の合同発表会も頑張ってくださいね。

1年生は「ひょっこりひょうたん島」(歌)「きらきら星」(歌・合奏)で、とても元気な歌声でピアニカを入れた合奏もリズムよく上手でした。お揃いのバンダナ・シマシマの洋服も素敵でした。

2年生の「スイミー」(音楽ものがたり)は、暗いステージ前面に魚が映し出され、物語の進行、セリフ、歌が一体化していました。仲間を大切にするテーマを感じました。

3年生は、「パフ」(リコーダー)「カントリーロード」(歌)「ミッキーマウスマーチ」(合奏)で、歌・リコーダーの音色がとてもきれいで、英語の歌やいろいろな楽器に挑戦して、すてきな笑顔で歌や演奏をしてくれました。

4年生は「スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス」(合奏)で、グリーンスクールをテーマとしたセリフと曲など工夫されて素晴らしかったです。「いつだって!」(歌)では、友達を大切にしている様子が歌に伝わってきました。

5年生は「Foreverフォーエバー」(合唱)歌詞を大切にしたハーモニーがとてもきれいでした。「リメンバーミー」(合奏)は迫力のある音で、さすが5年生。感心しました。

6年生は「世界はあなたに笑いかけてる」(合唱)リトグリの曲で難しい中、楽しさの表現、音の重なりなど、とてもきれいでした。「地球星歌」(合唱)は素晴らしいハーモニーで感動しました。最後に「歌よありがとう」を全員で歌い、音楽会をしめくくりました。

さあ、いよいよ16日(土)のオープンスクールでは、保護者の方や地域の方々に音楽発表を見ていただきます。みんなの頑張っている姿を見てもらいましょう。

かるがも学級

1年生

2年生

3年生

4年生

5年生

6年生

 

にいはまスマイル NO42

11月9日(土)に家庭科室で第2回新浜小学校防災拠点協議会が開催されました。防災拠点協議会とは、大地震が発生した時に地域の人たちが集まり、新浜小に防災の拠点を作り、情報を収集し提供するなど、一時避難場所として開放することを想定した委員の方々の活動のことをさしています。毎年4回実施していますが、本年度は7月に引き続き2回目の集まりで、約25名の委員の方々が参集しました。内容は、1月19日予定の避難所開設訓練の打ち合わせと備蓄倉庫の状況確認等を行いましたが、参加した皆さんは真剣に意見交換していました。

いつ起こるかわからない地震等の災害に対して、学校は市川市役所や地域の方々と連携して備えています。市川市HPの中には、市川市防災カルテで新浜小の情報を提供していますので、ぜひご覧ください。