新浜小ブログ

校長室ブログ

給食室の紹介

 新浜小には「給食室」があります。給食室(調理場)は、新浜小が開校して3年後の昭和53年に完成しました。それから新浜小を巣立った卒業生や今の子どもたちのために約40年以上もの間ずっと給食が作られ続けています。

 給食室で働く人たちは、毎日、朝早くから食材を切ったり、暑い中調理をして、お昼には各クラスに配膳してくれます。給食の後、食器をきれいに洗って、次の日の準備をしてくれます。

 私たちは、食材の生産者の方、栄養士さん、給食室の人たちのおかげでおいしい給食を食べることができます。いつも当たり前のように食べられることは、このようにたくさんの人たちの支えがあるからなのです。

 ぜひ、感謝の気持ちを忘れないで、これからも毎日の給食をいただきましょう!

給食室の入口

回転釜で炒めます

たくさんのパン

見やすい掲示物

各階の盛り付け

 

1年生 学年体育

 9月16日(水)の1年生の学年体育は、グラウンドで「しっぽとり」を行いました。腰の位置にタグをつけてそれをしっぽに見立てて、赤白に分かれて、タグを取り合い、とった数を競うゲームです。

 授業で行うたびに取り方や逃げ方がだんだん上手になってきたようです。

 1年生全員が、みんなで応援しあい、とても盛り上がっていました。学年体育ではドッジボールも行います。とても楽しみですね。

絵本の読み聞かせ

 学校図書館を使用して、学校司書の齊藤先生が子どもたちに絵本の読み聞かせをしてくれています。外国のお話の絵本「イソップのおはなし」と「三びきのやぎのがらがらどん」を画面に大きく映し出しながら、抑揚をつけながらお話してくれて、みんな身を乗り出すように聞き入っていました。

 10月は読書に親しむ月となります。少し涼しくなってきましたので、たくさん本を読んでみましょう。

 

かるがも学級 VRの体験

 かるがも学級では、株式会社ジョリーグッドの協力を得ながら、VRのゴーグルを使用して、ソーシャルスキルトレーニングの授業を行っています。

 いろいろなコミュニケーションの正しい選択方法をゴーグルを覗きながらリアルな体験をして、実生活に生かしています。

 子どもたちは、楽しく学習しながら、いつの間にか望ましい人間関係を学んでいくようになります。

 今後、共同研究を進めながら、成果と課題をまとめていく予定です。

 

 

9月の放送朝会

 9月14日(月)の朝の時間に9月の放送朝会が行われました。

 最初に、吹奏楽部の録音した音に合わせて、学級ごとに校歌を歌いました。1年生は覚えた校歌を楽しそうに歌っていました。また、2~6年生も久々に歌を楽しんでいたようです。

 次に、校長先生から、七中ブロックの共通テーマ「みんなが笑顔になれる3つのこと」として、①時間を守ろう ②気持ちのよいあいさつをしよう➂話をしている人を見て静かに話をきこう の3つ点を取り上げ、今、自分ができているかどうかを確認しました。

 前期の学習や生活も10月末まで、あと1か月ちょっとです。自分の良いところを伸ばして、できていないところにも頑張って取り組んでいきましょう。皆さんの頑張りに期待しています。