ブログ

八中ブログ

12/1 市川市内散策~2年校外学習~

 2年生は例年、鎌倉に行っていますが、今年度は、弘法寺方面か法華経寺方面のどちらかを選んで、市川市内の散策をすることになりました。自分たちが住んでいる町でも知らないことは意外と多いものです。事前の調べ学習に始まり、班別行動のコースづくり、事後のまとめまで、全て次年度の修学旅行に繋がる大切な学習です。
 学年スローガンは「一人一人が役割を果たそう Enjoy校外学習!We like 市川!」です。他にも、クラスごとのスローガンがあったり、係の目標がクラスごとに違っていたり、各係からの細かな注意事項やお願いがあったりと、生徒が主体的に考え、それをみんなで実践しているところがとてもいいと思いました。晴天に恵まれ、見学場所では、真面目にメモを取り、互いに協力し合う姿や通りすがりの人に元気に挨拶する姿を見ることができました。

 

 

 

 

 


   <手児奈霊神堂>                 <弘法寺>

 

 

 

 

 


                     <国分寺>

 

 

 

 

 


             <法華経寺>               <法華経寺奥の院>

 

11/30 比例のまとめ~1年数学~

 比例の学習が一通り終わり、振り返りながら既習事項をまとめる時間でした。比例(関数)には、「表」「式」「グラフ」の3つの表し方があり、それぞれの特徴や関係については既に学習が終わっています。敢えて、最後にまとめとして授業を行っているのは、「表」「式」「グラフ」の3つの相互の関係を再度確認し、ばらばらに学習した知識を関連付けることで、応用問題等に活用できる知識にするためです。一つ一つの知識は当然重要ですが、その知識を「いつ、どこで、どのように」「他の知識と関連付けながら」使うか(使えるか)が大切です。
 3時間目には、市川市の教育委員の方が2名来校し、授業を参観されましたが、生徒たちはとても落ち着いていて、熱心に授業に取り組んでいるとのお褒めの言葉をいただきました。また、今日から、教育実習も始まり、実習生が授業を参観しました。

11/27 動詞の活用~2年国語~

 中学時代に国語の文法でつまずいた人はいませんか?私は国語が大の苦手でちんぷんかんぷん(まったくわからない)でした。五段活用や上一段活用、下一段活用、カ行変格活用、音便などというあれです。ところが教室に入ってみると、みんな見事に理解していて、活用できているではありませんか。それもそのはず、知識として覚えなければならない「文法」ですが、理屈も含め、日々の授業の中で何度も何度も繰り返し活用の仕方を生徒に言わせ、定着を図っていたのです。
 本時では、可能動詞を取り上げ、わざと未然形として「見れる」「食べれる」の活用形を示し、既習のきまりに当てはまらないことに気付かせ、「なぜなのか」を考えさせる場面もありました。はじめ「え~」「なんで~」という声が上がり、頭の中は「???」になっていました。すると、生徒の中から「見れる」は「ら抜き言葉」で「見られる」が正しいのではないかとの指摘があり、問題は解決しました。余談として、最近は「ら抜き言葉」を使っている人も多くなりましたが、今はまだ文法的に認められていないことを確認していました。
 基礎・基本(数学で言えば計算練習など)の定着には、繰り返し学習がいかに大切かがわかる授業でした。

11/26 楽しく学ぶ~2年英語~

 学習のねらいは「不定詞の形容詞的用法」ですが、授業は3つの英語のヒントをもとに、それが表している物を当てるというものでした。ヒント①は「to + 動詞(~するための)」(不定詞の形容詞的用法)を使って文書を作り、ヒント②は「形容詞」を使って文書を作り、ヒント③は自由に文書を作ってよいことになっていました。
 そして、生徒が自分で作った3つのヒントを英語で読み上げ、他のみんながその答えを考えてプリント記入していくというものでした。英文法を楽しみながら学ばせようという工夫があり、みんな楽しそうに取り組んでいました。

 

11/25 生徒集会

 名前は「生徒集会」ですが、全生徒が体育館に集まることはできないので、会議室からのZoomによる生配信と事前録画の視聴という方法で行いました。内容は、生徒会役員の新旧交代式と各専門委員会の新委員長のあいさつ、各部活動の新部長のあいさつでした。生徒会役員の新旧交代式はZoomで全教室に生配信され、委員長と部長のあいさつは事前に収録したものを見てもらいました。
 今年度も後期に入り、3年生は受験の準備に、2年生は事実上、学校を動かす重要な役割を担うことになりました。今後の活躍に期待しています。

 生徒会旧役員生徒会新役員

11/24 読書は心を豊かにしてくれます!

 教室にミニ図書館のように本が置いてある学級がありました。素敵です。今年度、毎週水曜日は朝読書の時間になっています。昼休みには、図書室で図書委員が本の貸し出しも行っていますし、学校司書の方も週3回います。読書初心者の人は、学校司書さんにお勧めの本を聞いてみてください。私もよく聞きますが「心が温まる本」とか「じっくり読み応えのある本」とか「簡単に読めて面白い本」とか…言えば、いい本を紹介してくれます。昨年八中に来てから40冊くらいは借りて読みました。本は心を豊かにしてくれます。ぜひ、図書室に立ち寄ってみてください。最近読んだ本で、私の一押しは「それでも、私は憎まない」という本(近々、図書室にも入る予定)で、娘のクリスマスプレゼントにするつもりです。初心者にお勧めは「かがみの孤城」かな。

11/20 日本はどこにある?~1年社会~

 「日本の位置の特徴を知ろう」という授業です。はじめは、日本の様々な場所について Google Earth を使って紹介するところから始まりました。最初の画面では、ある地点(例えば、南鳥島)がピンポイントで画面上に示されていて、地球上のどの位置なのか全くわかりません。しかし、地図がだんだん広範囲になってきて、周囲に日本などの見慣れた地形が見えてくると・・・生徒たちから一斉に「あ~」という大きな声が上がりました。その後、市川市と緯度が近い国々の気候帯を、各自が資料集で調べることになるのですが、最初の導入で興味・関心が高まった生徒たちは、みんな真剣に取り組んでいました。

11/20 実力テストⅢ~3年生~

 第3回の実力テストがありました。高校入試のための校長との面接練習も、あと少しで終わります。面接練習では、みんな緊張気味でしたが、回答も的確で態度もとても立派でした。これから寒くなり、インフルエンザや新型コロナも心配されますが、健康に十分注意し、テストの結果だけで一喜一憂せず、焦らず計画的に学習に取り組んでほしいと思います。

11/20 フォローアップ研修

 フォローアップ研修は、2年目の小中高の教員が異校種の授業を参観し、今後の教育活動に役立てることが目的です。八中ブロックの平田小、大和田小、鶴指小、八中、市川工業から計8名の教員が参加し、今年度は、平田小、八中、市川工業の3校を朝から見て回りました。各学校では、授業参観後に自分たちで、それぞれの学校の良さや特色、課題等について活発な意見交換を行っていました。
 最後は、一日を振り返って互いに熱く語り合う場面もあり、とても充実した研修になり、8人の絆も深まりました。学校種こそ違いますが、それぞれの場所で子どもたちに愛情をもって頑張っている若手の教員がいることがわかり、とても頼もしく思いました。

平田小学校第八中学校市川工業高等学校

11/19 気体の発生~1年理科~

 数種類の物質から、酸素、二酸化炭素、水素の3つの気体を発生させる実験です。事前に知識として、気体が発生する仕組みや収集の方法、気体が何かを確認する方法については学習していますが、細かな注意点は示さずに(安全面での注意点は別です)実験させました。生徒たちは、互いに実験に必要な物質や道具、実験方法などを話し合いながら実験を進めていましたが、なかなか思うような結果がでません。
 実はそこに先生のねらいがありました。事前に注意点を知らされていれば、実験が成功する確率は当然高くなります。しかし、敢えて注意点を示さないことで失敗もさせ、「なぜ、うまくいかなかったのか」も含めて考えさせようとしていたのです。この学びは、実際に試行錯誤しながら実験を行ったからこそ気付くことができる貴重な経験です。「失敗から学ぶ」ことは、大切な視点だと思いました。