ブログ

八中ブログ

3/25 部活動(3/26~3/31)までの予定について

1.共通の注意事項

(1)登校前に、体温を計り、体温と保護者のサインを生徒手帳等に記入し持参する。
(2)熱があったり、風邪の症状があったりする場合には参加できません。また同居する人が発熱している場合も参加できま
   せん。
(3)参加は自由参加とし、不参加の生徒が疎外されたり、試合メンバーの選出において不利にならないように配慮します。
(4)詳細は、本日(3/25)配付したプリントをご覧ください。

2.活動予定  3/26(木)~3/31(火)までの予定

<運動部活動> 活動場所:校庭

          3/26(木)    3/27(金)    3/30(月)    3/31(火)
 8:00~10:00     サッカー     バスケ
        陸上

  10:15~12:15                                陸上
                                                        バレー

  12:30~14:30     テニス      剣道       サッカー     サッカー
                       陸上
                       剣道
                                                 バレー

                              柔道(13:30~14:30)

   14:45~16:45     野球      野球       野球      陸上
                 テニス      テニス     野球
                       バスケ
                       卓球(教室で少人数で実施)

 <吹奏楽部>活動場所:各教室

  3/26(木)、3/27(金)、3/30(月)、3/31(火)

  金管・弦・打楽器 13:30~15:30

  木管楽器     14:00~16:00

 

3/18 休校期間における生徒支援始まる!

 生徒の心身の健康維持と学習支援を目的に、1、2年生の希望者を対象に生徒支援が始まりました。支援の内容は、コンピュータ室でのPCを使った学習と図書の貸出、そして、校庭開放です。限られた時間ですが、生徒たちは、登校するとハンドソープで手を洗い、生徒手帳に書かれた体温と保護者からの許可を先生に見せてチェックを受け、それぞれの場所で活動していました。
 この日は幸いポカポカ陽気で、久しぶりに学校に生徒たちの笑顔が戻ってきました。もちろん、家庭で工夫して健康維持や学習するのも自由です。それぞれの工夫で見えない敵に打ち勝ちましょう!!

PCによる学習図書の貸出生徒手帳でチェックを受けて…

 

 

 

 

 

 

手を洗って…サッカーテニス

3/17 休校期間における生徒支援について

保護者 様
                                               市川市立第八中学校
                                               校 長 佐野 典行
                   休校期間における生徒支援について

1.目 的  生徒の心身の健康維持と学習支援のため
2.対象者  八中の1,2年生
3.集合場所 各場所 校庭(朝礼台前)、パソコン教室、図書室
       ①登校したら、指示に従い、必ず、ハンドソープで手洗いをする
       ②備え付けの名簿に、学年・組・氏名・登校時刻・下校時刻を必ず、記入する
4.実施期間 3月18日〜24日まで(ただし、土日・祝日は除く)
5.生徒支援の内容
 (1)教育相談
    ・心配事がある生徒や保護者の方は、いつでもお電話ください。
    ・なお、以下の日はライフカウンセラーも出勤していますので、相談可能です。
     3月23日、24日(9時~16時30分)
 (2)校庭開放(対象:1、2年生のみ 時間:10時30分〜12時)
    ・運動用の道具は、学校で「サッカーボール、柔らかいハンドボール、テニスの道具」を貸し出すので、他の道具は家か
     ら持ってこないでください。
    ・野球は安全面を考慮して禁止です。
    ・部活動はなし
    ・藤棚の工事をしているので、注意してください。
 (3)学習支援
   ①図書の貸出(1、2年ともに3月18日、24日の午前9時〜12時)
    ※図書館での読書はなし
    ※図書の貸出は、最大5冊までとし、返却は新学期開始後とする。
    ※返却された本は、1週間別室で保管してから、図書室に戻す。
   ②パソコン教室の開放 (午前9時〜10時30分)
    ※利用可能対象者:自宅でドリルパークにアクセスできない生徒
    ※学習内容は、ドリルパークを行う。
    ※PCのキーボードは、使用後、毎日アルコール消毒を行う。
6.実施予定
         パソコン教室(9:00~10:30) 校庭開放(10:30~12:00) 図書の貸出(9:00~12:00)
  3月18日(水)    1年生           1年生          1、2年生
       3月19日(木)    2年生           2年生            なし
       3月23日(月)    1年生           1年生            なし
       3月24日(火)    2年生           2年生          1、2年生
  ※上記の4日間を設定し、雨天の場合は校庭開放はなしです。体育館を開放することもありません。
7.登校時のルール
 (1)登校前に、体温を計り、体温と保護者のサインを生徒手帳等に記入し持参する
 (2)熱があったり、風邪の症状があったりする場合には登校できません
    また同居する人が発熱している場合も登校できません
 (3)服装は、制服またはジャージで登校する。(学習支援で登校する場合は、上履き持参)
 (4)持ち物は、学校のルールと同じです。(携帯電話など、不要物は持ってこない。)
8.その他
 (1)上記の生徒支援には、必ず、教職員がつきます。
 (2)実施期間中にケガ等があった場合、通常の学校でのケガと同様にスポーツ振興センターの適用になります。
 (3)卒業生が必要があって来校する場合は、事前に確認したとおり、午後4時以降でお願いします。
 (4)以上の生徒支援は、生徒が保護者と相談して「希望する場合には参加してもよい」ということで、参加を強制するもので

    はありません

 

3/16 第52回卒業証書授与式

 本日、在校生・ご来賓不在の中で卒業式が行われました。卒業生にとっても在校生にとっても特別な卒業式となってしまいましたが、卒業生は練習ができなかったにも関わらず、立派に有終の美を飾ってくれました。
 合唱も全員マスク着用でしたが、その歌声はそんなことは全く感じさせず、体育館いっぱいに響き渡っていました。八中の最上級生として、最後まで立派にお手本を示してくれました。在校生は参加できませんでしたが、一人一人が書いた「3年生に送るメッセージ」は冊子として卒業生に手渡されました。
 以下に、送辞と答辞を載せておきますので、是非読んでください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~送辞~

 冬の寒さもだんだんと和らぎ、麗らかな春の香りを感じられるようになりました。
 本日、晴れてこの第八中学校を卒業される三年生の皆様、ご卒業おめでとうございます。在校生一同心よりお祝い申し上げます。未来への大きな一歩を踏み出されようとしている皆様の姿はとても輝いて見えます。
 卒業式に際し、先輩方との思い出を振り返ってみますと、いつもわたしたちの手本となってくださっていたことを改めて感じました。最初の思い出は、二年前のわたしたちの入学式でした。新しい制服に身を包み、期待と不安で胸をいっぱいにして体育館に足を踏み入れたとき、皆様の立派な態度に「私もこうなりたい。」と憧れたのを思い出します。染められたような青空の下、団結し、勝利を目指した体育祭。精一杯、力と声を出した綱引き。迫力ある戦いに圧倒させられた騎馬戦。クラス対抗の競技では仲間と協力し一位を目指しました。全ての競技に全力で取り組む三年生の姿にとても感動しました。歌声を会場いっぱいに響かせた鶴風祭。先輩方の心を一つにした合唱がホール全体を包み込み、多くの感動を与えてくれました。たくさんの練習を積み重ねてこられたのだと感じ、聞き入ってしまいました。美しく透き通る高音、深みと迫力のある低音、それらがつくりだすハーモニーはとても素晴らしいものでした。委員会活動や部活動、生徒会活動では、時に厳しく、時に優しくわたしたちを支えてくださいました。辛い時にかけてくださった先輩方の言葉はわたしたちの心の大きな支えとなり、頑張ることが出来ました。こうして振り返ってみますと、先輩方とのかけがえのない日々がまるで昨日のことのように色鮮やかに浮かんできます。
 わたしたちは行事や日々の生活を通して先輩方からたくさんのことを学ばせていただきました。仲間と協力し合うことの大切さ。後輩を思う優しい心。学校の中心としての責任と自覚。先輩方が卒業されると思うと心細くもありますが、これからはわたしたちが先輩方に負けないような良き手本となるよう頑張っていきます。先輩方が守り、築いてきた第八中学校の伝統を受け継ぎ、さらに発展させ、益々良い学校にしていけるように在校生一同力を合わせていきます。
 新しい世界へ大きく羽ばたこうされている卒業生の皆様は、より広い世界に期待と不安を感じられていることでしょう。困難にぶつかった時にはこの第八中学校で培った「自主・協力・継続」の精神を発揮して乗り越えていってください。我が校で学んだことを礎にこれからも頑張ってください。
 最後になりましたが、卒業生の皆様のご健康と益々のご活躍を心からお祈りし、送辞とさせていただきます。
                                                  在校生代表

~答辞~

 厳しい冬の寒さも緩み春の日差しを感じる今日この良き日に、私たち192名は第八中学校を卒業します。3年前の4月、雨が降る寒い日に私たちは入学式を迎えました。期待と不安を抱きながら校門をくぐり、友達と貼り出されたクラス表を見たあの日が、つい昨日のことのように思い出されます。
 クラスの絆が生まれた中学校最初の体育祭、先輩たちの号令や動きに圧倒され指導されながら必死についていきました。勝利を目指し、クラス・学年を超えて一喜一憂しました。約半年間かけて計画を立てた修学旅行、日本の歴史や文化に触れながら、友達と過ごした二泊三日はあっという間に過ぎていきました。中学校生活を振り返る上で貴重な思い出となりました。最後の鶴風祭、パートごとにアドバイスや声をかけ合い、毎日練習時間ぎりぎりまで歌いました。クラス全員の心がそろい、一番良い歌声を響かせることができた時のあの感動と達成感は忘れられません。
 在校生のみなさんは部活動や委員会を通して活動し、私たちを支えてくれました。今ここで在校生のみなさんに直接思いを伝えられないことは残念でなりません。頼もしく立派な皆さんなら、私たちは安心して八中を任せられると思っています。きっと4月からも八中の伝統を受け継ぎながら、後輩を引っ張っていくことができるでしょう。これからも挨拶の声が響き渡り、笑顔の絶えない八中を守っていってください。皆さんが充実した学校生活を送れるよう応援しています。
 私たちを厳しく、そして温かく見守ってくださった先生方、ご指導ありがとうございました。私たちのことを信じ、今日まで寄り添ってくださいました。昼休みなどの授業以外の時間でも、私たちを気にかけて声をかけてくださいました。3年間お世話になりました。
 お父さんお母さん、今まで本当にありがとうございました。たくさんたくさん迷惑をかけました。私たちのことをいつも一番に考え、背中を押してくれました。迷うことの多かった中学校生活、どれほど励みになったかわかりません。今日私たちは9年間の義務教育を終え、4月からは一人一人が違う未来に向かって、それぞれの道を歩み始めます。まだまだ未熟で、きっとまた迷惑をかけることがあると思いますが、これからもよろしくお願い致します。
 そして3年生の皆さん、部活動や受験勉強で苦しい時、励まし合うことで共に乗り越え成長してきました。同じ目標に向かってみんなで力を合わせ、笑顔の絶えない3年間でしたね。八中で過ごした日々は、みんなの心にも色褪せることなく刻まれていくことと思います。共に泣いたり笑ったりできるのは今日で最後です。4月からはそれぞれの道を歩みますが、新たな出会いを信じて素晴らしい人生を歩んでください。今まで本当にありがとう。
 流行している感染症によって、学校が休校となり、友達と過ごせる大切な時間が奪われてしまいました。今世の中では、卒業式どころか友達に会うこともできずに卒業を実感できないまま終了してしまった学校が多いようです。そんな中で、今日私たちはこのような卒業式を迎えることができました。在校生がいない中、式を迎えることができたのは先生方が協力して準備してくださったおかげです。門出を祝って頂けることに大変感謝しています。
 最後に私たちの母校、第八中学校のますますの発展をお祈りし、答辞の言葉と致します。
                                                  卒業生代表

 

3/11 休校継続に伴う本校の対応について

各保護者 様
                                            市川市立第八中学校
                                            校 長 佐野 典行    
                休校継続に伴う本校の対応について

 3月10日の休校継続の決定を受け、本校の対応についてお知らせいたします。以前、通知しました内容から変更が生じた部分と追加の部分については、下線を引いてあります。3学期末試験の一部未実施等を含め、ご心配をおかけしておりますが、生徒の安全と感染拡大防止を最優先に考えての対応です。ご理解とご協力をお願いいたします。
1.学校の対応について  ○…市教委の決定   ※…学校独自の判断による対応
  ○休校期間中の平日は、原則、午前中は自宅学習とし、午後3時頃までは自宅で過ごしてください。
    ただし、大人の監督のもと感染を予防しながら少人数で学習したり、運動したりすること等を妨げるものではありません
  ※休校の期間でも、教職員は通常業務となります。心配なことがありましたら遠慮なくご相談ください。
(1)卒業式
  ○3月16日(月)に予定どおり実施(卒業生登校9:00、保護者受付9:00~9:30)
  ○卒業生と保護者のみ参加
  ※卒業生はマスクを忘れないように(マスクがない場合は当日申し出てください
  ※卒業証書は一人一人に授与
  ※学校長式辞、PTA会長式辞、送辞と答辞は予定どおり実施
  ※在校生は登校しない(欠席扱いとはならない)
  ※保護者の皆さんは、マスク着用で入場時にアルコール消毒をお願いします。
   また、体調の悪い方はご遠慮ください。
(2)卒業を祝う会(3年生を送る会:3月13日)  ○中止
(3)補習授業
  ○年度内は、実施しない
  ○未指導分の学習について
    休校継続に伴う、年度内(臨時休校期間)に学習できない学習内容(単元)については、文部科学省からの連絡を受け、下
         記のとおりといたします
 ①卒業を迎える学年の児童生徒
  ○必要に応じ、進学先の学校と学習状況を共有する
  ○中学校においては、小学校からの情報を踏まえて、必要に応じて補充的な学習を行う
 ②卒業を迎える学年以外の児童生徒
  ○必要に応じて次年度に、前学年で学習できていない内容(単元)を補充する
  ○現在、使用している教科書について
    未指導がある教科等については、次年度に教科書を使う場合がありますので、大切に保管するようお願いします
(4)修了式  ○3月25日に全校放送で実施(※1、2年生登校8:15、下校10:30予定) 
(5)離任式  ○中止 ※修了式の中で放送にて転出職員から挨拶(在校生のみ)
(6)部活動  ○休校期間中 中止(春休みは未定)  ○コンサート等の演奏会 中止
        ※部活動の3年生を送る会は中止
(7)集金日 メールで通知したとおり
   ※集金業務は、教職員で対応
(8)学習面について
  ①3学期末試験で、2月28日に試験ができなかった教科並びに27日の試験を欠席した生徒について、3学期評定の扱いは現
    在検討中です。後日メールにてお知らせします
  ②今後の家庭学習の課題は、1、2年生共通で「1ページノートを1日5ページ行う」か「ドリルパークを進めるか」のどちら
        かでお願いします。ただし、ドリルパークにはPCが使える環境とパスワードが必要です。パスワードについては、学校まで
   お問い合せください。なお、新しい学習計画表が八中のホームページに掲載してありますのでご活用ください。プリントが
        きない場合は、独自に作成してください
  ③参考
         ア)PCを活用してできる学習が市川市教育委員会HP「明日につなぐ伝言板」に掲載されています
            ・「ちばっ子チャレンジ100」(千葉県教育委員会作成):小学校(国・算・理)問題集
            ・「ちばのやる気学習ガイド」 (千葉県教育委員会作成):中学校(国・数・英)問題集
            ・「休校学習サポート@市川市」:スマートフォンのLINEアプリで学習
         イ)国からの情報(様々な教科の動画、問題集等):パソコン等で学習できるもの
            ・文部科学省:「臨時休業期間における学習支援コンテンツポータルサイト」で検索
            ・経済産業省:「学びを止めない未来の教室」で検索
(9)学校の荷物の持ち帰りについて
           ○荷物の持ち帰りは卒業式・修了式に行います。大きめの手さげ袋の持参をお願いします
           ○卒業生の荷物は多いので、事前に持ち帰りを希望する場合には、学校まで連絡をください

 2.ご家庭でご協力いただきたいこと
           ○不要不急の外出はできるだけ避けるようお願いします。不特定多数の人が集まる場所にはできるだけ行くことは自粛させ
             てください
           ○ゲーム、スマホやコンピューター(インターネット等)について、長時間の使用や不適切な使い方にならないようにルー
             ル等について家庭で話し合ってください
           ○お子様が発熱、体調不良の場合は無理して登校させない。
             →学校長判断で欠席とならない「出席停止」にすることができます。
           ○お子様へ感染が心配で、登校させない場合は欠席扱いとはなりません。
           ○お子様の検温を1日2回実施し、体調管理を行う。
           ※新たな健康観察表を八中のHPに掲載してありますのでご活用ください
               なお、プリントができない場合は、独自に作成してください
            ○お子様やご家族が、新型コロナウイルス感染症罹患を疑われる場合は、「帰国者・接触者相談センター
            (047-377-1103)」の指示を受け受診する。受診とその結果について、学校にも連絡をする。
3.その他
        〇市川市教育委員会には、下記の相談機関がありますので、ご相談ください
        ・学習に関すること:指導課、教育センター
        ・子供に関する相談:教育センター、少年センター(面接相談は中止、電話相談のみ)
          (問い合わせ先)教育委員会 指導課 TEL 047-383-9338
                                                             教育センター TEL 047-320-3335
                                                             教育センター相談室 TEL 047-320-3336(鬼高)・318-3223(行徳)
                                                             少年センター電話相談 TEL 047-320-3340

※休校期間中に上記の内容に変更が出た場合は、メールとブログにて連絡させていただきます。
※学校の対応について、不明な点がありましたら、教頭までご連絡ください。

3/11 心身の健康について ~ライフカウンセラーより~

 みなさんこんにちは。
 新型コロナウイルス感染症の対策として、学校が休校になり、世間ではイベントが中止になるなど、みなさんの中には少し心配になっている人もいるのではないかと思っています。刻々と状況が変化する中で、いろいろな情報やうわさ(例えば、トイレットペーパーがなくなるというデマ)が広がり、どれが正しい情報なのか判断することが難しくなることがあります。こうした情報をテレビやインターネットのニュースで繰り返し見ることで、不安な気持ちが強くなることもあります。
 しかし、このような状況だからこそ、冷静な判断や困っている人に対する思いやりの気持ちが大切になるのではないでしょうか。今は、知らず知らずのうちに、不安な気持ちやストレスがたまりやすい時でもあります。規則正しい生活や十分な睡眠、深呼吸をして気持ちをゆったりさせること、室内でストレッチなどの体を動かす工夫など、心と体の健康を保ちながら生活しましょう。
 なお、心配事がある生徒や保護者の方は、以下の日にライフカウンセラーが出勤していますので、遠慮なくお電話ください。
3月12日  9時~16時30分
  23日  9時~16時30分
  24日  9時~16時30分

学校の草花学校の草花学校の草花

 

3/10 休校の継続について

保護者の皆様へ
3月13日(金)以降の対応について、以下のように決定されました。
1.決定事項  休校(休園)の継続
2.期  間  3月13日(金)から3月25日(水)
3.その他
(1)このことについての詳細は、市川市教育委員会ホームページ内の「明日につなぐ掲示板」に「「3月13日以降の市川市立公
   立学校・幼稚園の休校等(継続)について」という表題でアップされていますので、そちらでご確認ください。
(2)ただし、卒業式は16日に、修了式は25日に実施します。13日に予定していた試験は中止とします。
(3)集金については、再度メールにてご連絡させていただきます。
※なお、詳細は、明日11日にメール並びにこのブログで連絡させていただきます。

3/3 ドリルパーク(家庭学習用ドリル)の利用法

 昨日、一斉メールしました家庭学習用ドリルの使い方について紹介します。
1.家庭のパソコン(インターネットに接続している)で、以下のURLを入力します。
  https://miraiseed.benesse.ne.jp/seed/start/tLGWsz4W
2.「ミライシード」の画面になるので「スタート」をクリックします。
3.学年・組を選択し、その後、出席番号とパスワードを入力します。
4.右上に名前が出るので、それを確認して「ドリルパーク」をクリックします。
5.「放課後用をスタート」をクリックして学習を始めます。
<注意>パスワードは、一斉メールで連絡したとおりです。

3/2 ドメニコ・スキラーチェ校長のメッセージ

 新型コロナウイルスの流行に関連して、イタリアのドメニコ・スキラーチェ校長が伝えたメッセージが話題になっています。メッセージの要旨は、以下のとおりです。
・社会生活や人間関係を「汚染するもの」こそが、新型コロナウイルスがもたらす最大の脅威である。
・目に見えない敵からの脅威を感じている時は、仲間なのに潜在的な侵略者だと見なしてしまう危険がある。
・こんな時にこそ良い本を読んでほしい。
・集団の妄想に惑わされず、冷静に、十分な予防をしたうえで普通の生活を送ってほしい。
・ペストが流行した時代と違い、今は近代医学がある。人間性や社会性といった私たちの貴重な財産を持ち続けるために、合理的な考えを持とう。そうでないと、ペストが勝ってしまうかもしれません。(朝日新聞デジタルより一部抜粋)
 もちろん、普通の生活を送ることは難しいと思いますが、今、最も困っている人は、感染した人たちであることを忘れてはならないと、この記事を読んで改めて考えさせられました。

※生徒の皆さんの中に、何か不安や心配事がある人はいつでも遠慮なく、学校に電話をしてください。

2/28 新型コロナウイルスに関する休校

 生徒の安全確保並びに感染防止等の観点から、市内公立学校・幼稚園は、本日、2月28日(金)から3月12日(月)までの予定で休校になっています。また、保護者の皆さんにはプリントで通知済みですが、学校行事等の変更で地域に関わる部分のみ掲載させていただきます。
 なお、今後の状況によって変更があった場合は、保護者用メールとブログでお知らせいたします。

<学校行事等の変更点>
(1)卒業式 3月16日(月)に変更
(2)離任式 中止
(3)放課後カルチャー 一時中止(3月31日までの予定)
(4)学校施設開放 一時中止(3月31日までの予定)
来校される際は、マスクの着用と玄関でのアルコール消毒にご協力ください

中庭のクリスマスローズ

 

2/26 理科と数学の授業風景(3年生)

【理科】
 教科書の内容をより深める学習として、「ビッグバン宇宙論」などのビデオを見ました。普段とは一味違った切り口からの授業で、難しい内容でしたが美しい画像に生徒たちは真剣に見入っていました。このような経験が将来の研究者をつくるのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

【数学】
 みんな真剣に入試問題を解いています。難問もあり苦戦している人もいますが、3年生の数学はクラスを少人数に分けて行っていますので、教師も個別に質問に答えることができ、きめ細かな支援ができています。

2/26 作業製品完成(のぞみ学級)

 以前紹介した頒布会の作業製品が完成し、購入した先生に製品を届けました。予約が予想以上に多かったので、作製に時間がかかりましたが、生徒たちは一つ一つ心をこめて丁寧に作っていました。
 自分たちの製品が売れて、みんな満足そうでした。

2/21 感謝をこめて(ひとみ学級)

 お世話になった先生方に、感謝の気持ちをこめて2つのイベントが行われました。
 1つ目は、椎茸のプレゼントです。少し前になりますが、卒業する3年生が自分たちで栽培した椎茸をお世話になった先生方に配って回りました。3年生のキノコ博士と呼ばれる生徒を中心に心をこめて栽培したものです。
少しお休み!

 

 

 

 

 

 

 

 2つ目は、お世話になったSSS(スクール・サポート・スタッフ)の先生たちへの「ありがとうの会」です。楽しいゲームの後、感謝状の授与式があり、一人一人からのお礼の言葉が書かれた色紙を渡しました。生徒たちの優しい心遣いに心が温まりました。

2/20 美術作品(1年生)

 絵具を混ぜていろいろな色を作る授業です。生徒たちは校舎内でカメレオンを隠したい場所を探し、同じ色にカメレオンを塗ることで擬態させ、最後にみんなでそれを見つけるというものです。感想にもあるように、実際の壁や床などの色に似せて色を作るのは微妙な色合いが難しく、苦労したようです。また、友達のカメレオンを探しながら見ることで、いい鑑賞の機会にもなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2/19 国語の授業風景(2年生)

 パソコンを使って、「論語」の中から共感できるものを探し、その意味と共感したところを班で発表し合い、みんなの共感を得た人がクラス全体で発表します。
 論語の素晴らしさを味わうとともに、「伝え合う力」の育成を意識して授業を行っています。

2/18 市川市地域学校協働活動~研修会~

 地域学校協働活動は、以前も紹介しましたが地域学校協働活動推進員を中心に行われているものです。本校では「放課後カルチャー」と称して、平日の放課後、地域の専門家が無料で子供たちに将棋や書道、手芸を教えてくださっており、教職員を対象にした抹茶カフェもあります。
 この取組を視察するために葛南教育事務所や市川市教育委員会、浦安市教育委員会、他の学校の地域学校協働活動推進員の方々が来校されました。最後に意見交換が行われ、有意義な研修会となりました。

2/17 数学の授業風景(1年生)

 おうぎ形の弧の長さと面積の応用です。中には難問もあり、生徒たちは既習の知識や考え方を利用して真剣に問題に取り組んでいました。授業の後半では、できない問題を互いに相談して解こうとする姿が多く見られ、クラスの人間関係の良さも垣間見ることができました。

2/14 市川市特別支援学級合同卒業生を送る会(のぞみ学級)

 合同卒業生を送る会は、毎年、3年生の卒業を祝福し、3年間の思い出を振り返り、在校生や保護者とともに、成長を喜び合うことを目的に行っています。本校では7名の卒業生が、一人一人3年間の思い出や将来の夢などを堂々と発表しました。中にはとてもユーモラスな発表もあり、会場全体が笑いの渦に巻き込まれる場面もありました。立派に成長した3年生の姿に感動しました。

2/13 進路学習~職業講話~(1年生)

 キャリア教育の一環として、地域の方に講師としてご協力いただき、仕事の内容ややりがい、ご苦労などについてお話を伺いました。この学習は、働くことの意義を知り、次年度以降の進路学習(職場体験等)の足がかりとするためのものです。
 生徒たちは、コミュニケーションの大切さや今学んでいることが将来大事になること、なぜ現在の職業についたのかなどの実体験に基づく貴重なお話も伺うことができました。

<ビジネスホテル支配人>

ビジネスホテル支配人の方

 

 

 

 

 

 

<ドッグトレーナー>

ドッグトレーナーの方

 

 

 

 

 

 

<ゲームプランナー>

 ゲームプランナー

2/12 学区の小学6年生による中学校体験

 学区の小学校である大和田小、平田小、鶴指小の6年生が学校見学に来てくれました。本校では毎年、入学前に学校の様子を知ってもらおうと、生徒会が中心になって中学校体験を企画・運営しています。子供たちは、体育館で部活動のビデオを見るグループと校内を見学するグループに分かれ、途中で交代して日程を終了しました。限られた時間でしたが、中学校の雰囲気は味わえたのではないでしょうか。

2/7 新入生保護者説明会

 令和2年度入学予定の保護者の方々を対象に新入生保護者説明会を行いました。その後、特別支援学級の「のぞみ学級」と「ひとみ学級」でも説明会を行いました。
 新しい環境でのスタートということで、事前の相談が必要な場合は、教頭が対応させていただきます。なお、本校のカウンセラーも対応できますので、遠慮なさらずにお申し出ください。

2/6 社会の授業風景(1年生)

 「武家政権の内と外」についての学習で、元軍と戦う武士の絵から想像を膨らませ、生徒たちが気付いたことから発展させて授業が進んでいきました。ホワイトボードに書かれた班の発表内容をもとに、教師が「なぜ」「なぜ」と質問することで、生徒たちは教科書や資料集にその根拠や理由を探し、さらに班で相談することで授業が深まっていきました。

2/5 朝の挨拶運動

 毎朝、生徒会役員と中央委員が元気に挨拶運動をしています。毎週水曜日には校外委員の保護者の皆さんも一緒に挨拶の輪を広げる運動を行っています。寒い日が続きますが、元気な挨拶を聞くと心が温まります。

2/4 国語の授業風景(1年生)

 ヘルマン・ヘッセの「少年の日の思い出」の導入部分の授業風景です。目標は、「人物相関図を作り、人物像を捉える」です。教員相互の授業参観の場として、他の教員にも参考になる授業でした。
<1時間目>
 生徒たちは班で話し合いながら、人物相関図を作り始めました。最初は話し合いがなかなか始まらずどうなることかと思いましたが、いつの間にか活発な意見交換が行われ、少しずつ人物相関図が形になってきました。
<2時間目>
 作るときのポイントや他の班の例示もあって、さらに人物相関図の構成が整理されていきました。
<3時間目>
 各班が作った人物相関図について、班ごとに発表することになりました。自分たちの考えをどうしたら上手に伝えられるか班の協力が試されます。違う班の考えを知ることで学習が一層深まっていきました。

1時間目2時間目3時間目

 

2/3 3年生を送る会(1、2年生)~合同練習~

 先日に引き続き、3年生を送る会で歌う「3月9日」の1、2年合同練習が行われました。最初、2年生が1年生にお手本となる歌を聞かせ、その後、各パートに分かれて合同練習が始まりました。ここでもリードするのは2年生でした。もうすぐ最上級生になる2年生、頑張っています!

2/3 作業製品頒布会(のぞみ学級)

 2月3日(月)~7日(金)の間、生徒たちが作業学習の時間に作った製品を校内で販売します。自分たちで作ったものを実際に買ってもらうことで、作る喜びや販売する楽しさを感じた経験は、将来の勤労意欲へと繋がっていくことでしょう。
 どの製品もとても丁寧な仕上がりでしたが、ミニ雑巾は品質向上のために検品を行い、できの良いものと悪いものを分けていました。今回の製品は、ミニ雑巾(2枚組)、刺し子ミニふきん、刺し子コースターで、売上金は今後の作業学習の材料費になります。

1/31 3年生を送る会(2年生)~学年練習~

 放課後、3年生を送る会で歌う「3月9日」の学年合同練習が行われました。練習日程の調整以外、練習は全て生徒に委ねられています。最初に各パートのリーダーが練習をして歌えるようになり、その後、放課後等を利用して、そのリーダーが中心となってパートごとに練習を進めています。
 今回は2年生だけの練習でしたが、次回は1、2年合同の練習になるということで、まず上級生がお手本を示そうと練習にも熱がこもり、素敵なハーモニーが体育館に響いていました。

1/30 道徳の授業風景(3年生)~町工場から宇宙へ~

 今日のテーマは「よりよく生きるために」。授業は北海道の植松電機の社長さんが「ロケットづくりの夢」について熱く語るVTRから始まりました。生徒はその感想を最初の自分の考えとしてノートに書き、その後、4人グループで「無理を実現するためにやるべきこと」について話し合いました。最後は、各グループの発表を聞いた後の自分の考えをノートに書いていました。友だちの自分とは違った考えや価値観を知ることで、学びが深まりました。
 今回使用したVTRは、3年の教員が教科書の内容と同じ映像を見つけて授業に取り入れたものですが、心に響くとてもいい内容でした。

1/30 蔵書点検始まる!

 1月30日~2月7日の期間、蔵書点検が行われます。今回の点検対象は、14,724冊です。1冊1冊、パソコンのデータと照らし合わせていく、気が遠くなるような作業ですが、学校司書さんと図書委員を中心に、生徒会やボランティアの生徒もお手伝いを買って出てくれ、1日目が順調にスタートしました。
<本の貸し出し数が多かったクラス~ベスト2~>
      1位                    2位
1年 1-3(476冊)  1-5(351冊)
2年 2-3(176冊)  2-5(160冊)
3年 3-3(163冊)  3-2(143冊)

 

1/28 教員相互の授業参観~社会科~(3年生)

 社会科の教科書にある「バター戦争」という教材を使って、生徒に戦争や紛争がどうすればなくなるのかを考えさせる授業でした。導入では、生徒たちから出された地球レベルでの様々な問題について解決方法を考えさせ、世界にはまだまだ課題が山積していることを確認していました。
 教員相互の授業参観は、教員が教科の壁を越えて自主的に授業を見合うことで、授業力を向上させようという取組です。

1/24 避難訓練(全校)

 今回は、調理室での火災発生を想定して避難訓練を行いました。授業中に起きたという設定で、教科担任が避難誘導を行いました。災害はいつ起きるかわかりません。この機会に「命の重さ」についても考えてほしいと思います。

1/23 中高連携(2年生)~市川工業高校で授業を体験~

 

 生徒たちが、5、6校時に千葉県立市川工業高等学校へ伺って、実際に授業を受けてきました。これは本校が市川版中高一貫教育推進事業を受けて毎年行っているもので、今年で5年目になります。
 生徒たちは、機械製図、コンピュータによる設計、リレーを使った制御の基礎、木材の加工技術体験、楽しい建築製図の基礎、飛び出す建築、インテリアコーディネート体験の7つの教室に分かれ、物づくりの楽しさを体験することができました。インテリアの教室では、最後に自分たちでコーディネートした家の内装等についてプレゼンが行われ、コンピュータによる設計の教室では、高校生がマンツーマンで中学生を指導してくれました。その他の教室でも、中学生に分かりやすいように工夫がなされ、楽しく充実した時間を過ごすことができました。
 準備してくださった市川工業の先生方と生徒さん達に感謝の気持ちでいっぱいです。

機械製図コンピュータによる設計

 

 

 

 

 

 

リレーを使った制御の基礎木材の加工技術体験飛び出す建築

 

 

 

 

 

インテリアコーディネート体験楽しい建築製図の基礎

 

 

 

 

 

 

1/22 T’s カフェ(地域学校協働活動の一環)

 八中には、水曜日の放課後、教職員が「学校支援地域ルーム」でお抹茶を頂ける「T’sカフェ」の日があります。T’sはTeacher’s の略で、地域学校協働活動推進員の方が進めてくださっている活動の1つで、地域の茶道の先生がボランティアで美味しいお菓子と一緒に抹茶をふるまってくださいます。多忙化と言われる教職員がホッとできる場として、教職員と地域の方が気軽に会話を楽しんでいます。そこで出た話題から、学校と地域が連携した取組が始まることもあります。

1/22 授業風景~音楽科・家庭科~

【音楽科(1年生)】~筝~
 1時間目、廊下を歩いていると音楽室から日本の伝統楽器である筝(こと)の音色が聞こえてきました。筝には13本の弦(げん)がありますが、ホワイトボードと筝に書かれた「一、二、三、四、五、六、七、八、九、十、斗、為、巾」の印を見ながら、「さくらさくら」を楽しそうに演奏していました。

 

 

 

 

 

 

【家庭科(1年生)】~調理実習~
 2時間目、今度は調理室から美味しそうな匂いがしてきました。班のみんなで作った豚汁はとても美味しく、寒い季節にピッタリでした。「家で料理はするの?」と聞いたところ、男子が「カップラーメンを作ります」と言っていました!

1/21 大型テレビのカバー完成!(のぞみ学級)

 のぞみ学級の生徒たちが、家庭科の時間を利用して大型テレビのカバーを作ってくれました。昨年、各学級に入った大型テレビが破損しないようにと、学校の古いカーテンを使って3か月かけて19枚のカバーを制作しました。
 カーテンをちょうどいい大きさに切り、周りがほつれてこないように折ってアイロンをかけ、ミシンで縫って完成です。とても丁寧な仕事で、心のこもった素敵なカバーが完成しました。八中だけのオリジナルカバーです。

1/19 ゴールデン コンサート(吹奏楽部)

 第9回「ゴールデン コンサート」が市川市文化会館・大ホールで開催されました。このコンサートは、市川二中・五中・八中の吹奏楽部が年に1度行っている合同演奏会で、音楽を通じて交流を深め、互いを高め合う素敵な場にもなっています。途中、各学校の様子や顧問の先生の紹介などもあり、生徒たちと会場全体が一緒になって、楽しいひと時を過ごすことができました。

1/17 授業風景~英語~(のぞみ学級、ひとみ学級)

【のぞみ学級】
 ALTのホセ先生と一緒に、数を英語で言う学習をしていました。すごろくで進んだ所に書いてある数を英語で言うのですが、のぞみの先生も一緒に楽しく学習することができました。

 

 

 

 

 

 

【ひとみ学級】
 1、2年生は通常級の英語の先生が、3年生はひとみの先生が授業を行っていました。3年生は過去形について勉強していましたが、みんな真剣に取り組んでいました。

1/16 美術の作品紹介(1、3年生)

 美術の作品を紹介します。左側の時計は、3年生が卒業制作として2学期に作製した作品です。どれもとても丁寧に仕上がっていて、授業に集中して取り組んでいたことが作品からもうかがえます。右側は、1年生が「色の三原色」の学習の中で、これらを混合することで様々な色彩を表現したもので、今、玄関や廊下に運動会の国旗のように展示してあります。

1/15 修学旅行へ向けて(2年生)

 6校時、体育館で「修学旅行へ向けて」の学年集会がありました。修学旅行はまだ先ですが、事前の見学場所の下調べや二日目の班別コースづくり、様々なルール決めなどを考えると、準備はこの時期から始めないと間に合いません。
 担当の先生は、奈良や京都の名所の写真を織り交ぜて説明していましたが、生徒たちは宿泊するホテルの室内の写真が一番気になったようでした。

奈良公園の鹿銀閣寺(東山慈照寺)清水寺

1/11 第4回 第八中学校運営協議会

 学校運営協議会は、地域住民や保護者、学識経験者、学校の管理職等で構成され、その方々が一定の権限と責任を持って学校運営に参画することにより、そのニーズを迅速かつ的確に学校運営に反映させ、よりよい教育の実現に取り組むことを目的としています。
 今回は、保護者アンケートの結果や学校関係者評価報告書(学校がまとめた現状や課題)をもとにご意見をいただき、課題と解決に必要な手立て、地域学校協働本部の在り方等について話し合いました。

1/10 縁の下の力持ち

 学校教育を環境整備という視点から支えてくださっているのが用務員さんです。危険な箇所を探して修繕し、蛍光灯が切れれば、すぐに取り換えてくださる。私は本校の二人の用務員さんが休憩しているところを見たことがありません。
 昨年の4月以降、八中には花が増え、どこも見違えるように奇麗になりました。

1/9 数学の授業風景(2・3年生)

 2年生は図形の証明問題、3年生は三平方の定理の応用問題に取り組んでいました。証明問題は、自分で作図をする必要があり、しかも三角形の合同を使わない証明だったので少し難しかったようです。 三平方の定理の応用は、さすが受験生!難なく解いていました。

図形の証明(2年生)三平方の定理の応用(3年生)

1/8 百人一首(2年生)

 令和2年最初の国語の授業は「百人一首」でした。生徒たちは和気あいあいとした雰囲気で、二人が同時に触れた札を互いに遠慮して譲り合う場面もありました。上の句だけで取ることができる生徒も多く、特に「ちはやぶる・・・」の句は一瞬で勝敗が決しました。

1/7 授業風景 ~家庭科・社会科~

【家庭科】
「75年前の衣食住」について映像で知る家庭科の授業です。終戦直後の様子に、みんなとても集中して見入っていました。映像を取り入れることで、生徒の興味・関心が高まった1時間でした。

【社会科】
「武士がなぜ台頭したのか」について考えさせる授業です。生徒たちははじめ個人で考え、次にグループで話合い、その内容をホワイトボードに記入してみんなで共有し、それをもとに考えを深めていきました。

家庭科社会科