ブログ

八中ブログ

11/27 動詞の活用~2年国語~

 中学時代に国語の文法でつまずいた人はいませんか?私は国語が大の苦手でちんぷんかんぷん(まったくわからない)でした。五段活用や上一段活用、下一段活用、カ行変格活用、音便などというあれです。ところが教室に入ってみると、みんな見事に理解していて、活用できているではありませんか。それもそのはず、知識として覚えなければならない「文法」ですが、理屈も含め、日々の授業の中で何度も何度も繰り返し活用の仕方を生徒に言わせ、定着を図っていたのです。
 本時では、可能動詞を取り上げ、わざと未然形として「見れる」「食べれる」の活用形を示し、既習のきまりに当てはまらないことに気付かせ、「なぜなのか」を考えさせる場面もありました。はじめ「え~」「なんで~」という声が上がり、頭の中は「???」になっていました。すると、生徒の中から「見れる」は「ら抜き言葉」で「見られる」が正しいのではないかとの指摘があり、問題は解決しました。余談として、最近は「ら抜き言葉」を使っている人も多くなりましたが、今はまだ文法的に認められていないことを確認していました。
 基礎・基本(数学で言えば計算練習など)の定着には、繰り返し学習がいかに大切かがわかる授業でした。

11/26 楽しく学ぶ~2年英語~

 学習のねらいは「不定詞の形容詞的用法」ですが、授業は3つの英語のヒントをもとに、それが表している物を当てるというものでした。ヒント①は「to + 動詞(~するための)」(不定詞の形容詞的用法)を使って文書を作り、ヒント②は「形容詞」を使って文書を作り、ヒント③は自由に文書を作ってよいことになっていました。
 そして、生徒が自分で作った3つのヒントを英語で読み上げ、他のみんながその答えを考えてプリント記入していくというものでした。英文法を楽しみながら学ばせようという工夫があり、みんな楽しそうに取り組んでいました。

 

11/25 生徒集会

 名前は「生徒集会」ですが、全生徒が体育館に集まることはできないので、会議室からのZoomによる生配信と事前録画の視聴という方法で行いました。内容は、生徒会役員の新旧交代式と各専門委員会の新委員長のあいさつ、各部活動の新部長のあいさつでした。生徒会役員の新旧交代式はZoomで全教室に生配信され、委員長と部長のあいさつは事前に収録したものを見てもらいました。
 今年度も後期に入り、3年生は受験の準備に、2年生は事実上、学校を動かす重要な役割を担うことになりました。今後の活躍に期待しています。

 生徒会旧役員生徒会新役員

11/24 読書は心を豊かにしてくれます!

 教室にミニ図書館のように本が置いてある学級がありました。素敵です。今年度、毎週水曜日は朝読書の時間になっています。昼休みには、図書室で図書委員が本の貸し出しも行っていますし、学校司書の方も週3回います。読書初心者の人は、学校司書さんにお勧めの本を聞いてみてください。私もよく聞きますが「心が温まる本」とか「じっくり読み応えのある本」とか「簡単に読めて面白い本」とか…言えば、いい本を紹介してくれます。昨年八中に来てから40冊くらいは借りて読みました。本は心を豊かにしてくれます。ぜひ、図書室に立ち寄ってみてください。最近読んだ本で、私の一押しは「それでも、私は憎まない」という本(近々、図書室にも入る予定)で、娘のクリスマスプレゼントにするつもりです。初心者にお勧めは「かがみの孤城」かな。

11/20 日本はどこにある?~1年社会~

 「日本の位置の特徴を知ろう」という授業です。はじめは、日本の様々な場所について Google Earth を使って紹介するところから始まりました。最初の画面では、ある地点(例えば、南鳥島)がピンポイントで画面上に示されていて、地球上のどの位置なのか全くわかりません。しかし、地図がだんだん広範囲になってきて、周囲に日本などの見慣れた地形が見えてくると・・・生徒たちから一斉に「あ~」という大きな声が上がりました。その後、市川市と緯度が近い国々の気候帯を、各自が資料集で調べることになるのですが、最初の導入で興味・関心が高まった生徒たちは、みんな真剣に取り組んでいました。