ブログ

八中ブログ

2/25 磁石のまわりの磁界?~2年理科~

 緊急事態宣言で、また理科室での実験は難しくなりましたが、代わりにICTを利用して授業が行われることが多くなりました。新型コロナの影響もあり、ICTを活用した授業は多くなっていますが、最近は「どの場面で」「どんな機器を」「どのように」使えば有効かを考え、上手に使い分けている授業も見られるようになりました。今回の理科では、実験の映像と書画カメラ(実物投影機)の両方をうまく組み合わせ、授業内容に合わせたプリントも利用することで、考える時間も確保されていました。
 小学校でも既に学習済みの内容でしたが、今ひとつ、生徒の反応が鈍く???、電磁石のコイルを巻く向きや電池の向き、巻く回数によって、磁界の向きや強さがどのように変わるかを一つ一つ丁寧に確認していました。

2/24 県立高校入試&ボランティア活動~3年~

 今日は県立高等学校入学者選抜の1日目でした。体調不良の生徒もなく全員無事に受検することができ、とりあえず「ほっ」としました。明日、もう1日あるので健康に引き続き注意して、頑張ってほしいと思います。入学許可候補者の発表は3月5日です。希望の進路先に行けますように!
 県立高校の受検がなかった3年生は、2時間で下校でしたが、ボランティア活動として校内の不要物を整理し、環境整備に貢献してくれました。

 

2/22 すべての医療従事者の皆さんへ

 本校では、新型コロナウィルス感染防止のためにポスター作りや専門委員会による呼びかけなど、様々な取組を行っています。その一つとして、全校で道徳の授業を行いました。ある医療従事者の方の思いが綴られた新聞記事(2020年12月28日付西日本新聞朝刊20面「娘がいるから頑張れる」)をもとに道徳を行い、最後に「すべての医療従事者の皆さんへ」というメッセージを生徒全員が書きました。以下はその一部です。
 詳細は「学校だより⑮2月」に掲載させていただきます。なお、メッセージは近隣の医療従事者の方々、並びに西日本新聞の方を通じて当該医療従事者の方へもお渡しする予定です。

                  <すべての医療従事者の皆さんへ>

 私は1月に初めて日本でコロナウィルスに感染した人が発見された時、まだ、そんなに危機感はありませんでした。罹ってもインフルエンザくらいの症状しかないだろう、そう考えていたのも束の間、日が経つにつれて、コロナウィルスに対する不安や危機感はどんどん大きくなっていきました。私は持病があり、2月ごろに主治医の診察を受けた際、私はもしコロナに罹ったら重症化する可能性もあるかもしれないと言われました。私はその言葉を言われた瞬間に恐怖に襲われました。連日のニュースで死亡者が出た、感染者が◯◯人増えたと聞くたびに、その恐怖はどんどん大きくなっていきました。
 けれど、医療従事者の皆様は、私の不安や恐怖とは比べ物にならないほどの不安を毎日感じられていると思います。ニュースなどでも病床が足りない、医者、看護師が足りないというニュースをほとんど毎日目にしています。そんな中、コロナに罹った人たちのために一生懸命働いている皆様がいるから、感染者数も増加する一方ではなく、急激に増加することがない日々を送れていると思います。いつも病気の人の命を救うために働いてくれて、本当にありがとうございます。早くこの状況が終わることを心の底から毎日祈っています。これからも頑張ってください。

 コロナウィルスが流行し、皆、慣れない生活で世の中が混乱しています。日々溜まっていくあてのないストレスで、医療従事者の皆さんにきつく当たってくる人がいると思います。誰もが未知のことに対して、不安を感じ、どうしようもなくなってきているからです。最近、「コロナ慣れ」と言って、緊張が以前よりも緩んだと思います。それに対して、医療従事者の皆さんは憤りを感じる方が多いと思います。自分たちがこんなにも頑張っているのに、厳しい言い方や扱われ方をしたり、家族にまで影響が及んだり、「コロナ慣れ」で日々増える感染者で、心も体も疲れきっていると思います。
 でも、1つだけわかってほしいのは、医療従事者の皆さんへ感謝の気持ちを持っている人が多いということです。きつくあたる人たちばかりが目立ってしまいがちですが、皆、日々辛い中、一生懸命働いている皆さんへの感謝の気持ちを抱いています。終わりが見えなくて心が折れそうになる日々だと思いますが、どうか多くの人が皆さんに感謝しているということを忘れないでください。私たちにできることは、これ以上感染を拡大させないことです。手洗い、うがいを徹底し、不要不急の外出を控え、皆さんに少しでも心のゆとりができるように頑張ります。皆さんも、まずは自分の体を一番に考えてあげてください。

 コロナ禍の中で、医療従事者の皆さんには感謝しかないです。
 私の両親も医療従事者です。父も母も「自分が感染したら、病院に患者さんに迷惑がかかってしまう」と言っていました。医療従事者の皆さんは自分の体調だけでなく、患者さんの体調、命も気にしなければいけないことに改めて気付かされました。世の中が混乱している中で、人を助けるために働いてくださっている皆さん、ありがとうございます。私は皆さんに支えられているおかげで、学校で学習ができ、友達と3密に気をつけながら話すことができます。皆さんも体調に気をつけて、お仕事をなさってください。そして、自分の家族、自分を大切にしてください。

2/18 1・2年定期試験Ⅲ

 今日は、社会、英語、数学の定期試験がありました。万全の事前準備をして臨んだ人、もっとやればよかったと後悔している人…まだ、明日もあります。問題集等でできなかった所を再確認し、不確かな理解ではなく、確実な知識・理解・技能・考え方が身につくまで繰り返し取り組みましょう!

 

2/17 高校調べ~2年総合~

 進路学習の一環として、2年生では「高校調べ」を行っています。コンピューター室で各自が二つの高校について調べていました。一つは指定されていて、後でみんなで共有することになります。もう一つは自分が興味のある高校を選んで調べます。
 みんな、高校のホームページで、建学の精神や授業のカリキュラム、文化祭などの学校行事や部活動の様子、進学実績などについて調べていました。中にはその高校出身の有名人を見ている人もいました。さらに、口コミサイトで、その高校の評判について見ている人もいましたが評価はバラバラで、結局、自分の目で見ないとわからないという結論に達していました。

2/16 優しさ

 昨日の夕方、地域住民の方から学校にお電話をいただきました。内容は「下校途中の八中生が、家の前で倒れていた高齢の男性を助けてくれた。その姿に感動したので連絡をしました。」というものでした。今日、確認したところ、2年生の男子4名であることがわかりました。
 コロナ禍で人と人との繋がりが薄れがちな昨今ですが、心温まる出来事でした。困っている人を見て、自然と体が動いた生徒たちも立派ですが、八中生を温かく見守ってくださっている地域の方々の優しさに触れ、地域と学校がともに子どもたちを育てていることを再認識することができました。
 なお、このブログは、八中のことをより多くの方々に知っていただくための大切なツールだと考えています。地域の方々にも見ていただけると嬉しいです。

 

2/15 新入生の保護者の皆様へ

 はじめまして、校長の佐野でございます。
 この度、緊急事態宣言を受け、新入生保護会を中止とし、書面並びにyoutubeのビデオにて開催に代えさせていただきました。ビデオは令和2年度に作成したものですので一部変更があります。最新の内容は、各小学校を通じて配付いたしました「しおり」でご確認ください。配付資料の中には、ご提出いただくものもありますので、よろしくお願いいたします。youtubeのビデオは、左側の「新入生保護者会資料」のURLをクリックしてご覧ください。
 なお、ご不明な点がございましたら、ご連絡ください。

2/12 心身の健康が大事!~3年体育~

 今、3年生では入試に向けて様々な問題を解く授業が多く見られます。その様子は真剣そのもので、いい意味の緊張感も伝わってきます。しかし、入試では心身の健康管理も、とても重要です。
 コロナ禍で運動不足になる中、唯一?運動できる機会は体育の時間です。寒さも少しずつ和らぎ、校庭では「ラグビー」、体育館では「卓球」が行われていました。全ての授業でマスクを着用しての活動となりますので、運動量にも配慮しながら行っています。なお、体育のY先生は専門がラグビーで、5時間目となるこの時間は覚えたルールに従って、みんなで楽しそうに試合を行っていました。

 

2/10 クロッキーと顔彩に挑戦~ひとみ学級~

 クロッキーと顔彩の作品が出来上がりました。クロッキーはどれも感性豊かな作品に仕上がっていて感動しました。線が生き生きとしていて、集中して一生懸命描き込んだ様子が作品から伝わってきました。特徴を非常によく捉えた秀逸な作品もありました。顔彩は、日本古来の鮮やかな発色を上手に活かし、美しい色彩の絵に仕上がっていました。

2/9 蔵書点検中…

 いつもは図書委員が行っている蔵書点検ですが、緊急事態宣言下で専門委員会の活動を制限しているために、学校司書さんが一人で行っています。普段、何気なく読んでいる本ですが、学校司書さんが常に管理し、古くなった本を入れ替え、新たに本を購入し、生徒のみんなが読書に親しめるように環境を整えてくれています。最近話題の本や中学生にぜひ読んでほしい本など、ご自身が一読するなど内容を確認してから購入してくれています。
 以前にも紹介しましたが、学校司書さんは幅広いジャンルの本を本当によく知っていて、その時の気分で読みたい本(心温まる本、気軽に読める本、じっくり読める本など)をリクエストすると、自分では普段読まない著者の本も教えてくれます。どれもとても面白く、私は八中に来て47冊目を読み終えました。
 蔵書点検中でも、本の貸し出しは行っているので、ぜひ借りに行きましょう!

2/8 声に出して学ぶ~1年英語~

 導入は、アメリカのバレンタインデーについて、ALTの先生が英語で紹介し、部分的に教科担任の先生が日本語で説明を加えるというものでした。アメリカでは、自分の愛する人や親しくしている人に「愛と感謝を伝える日」として位置づけられていて、家族や友達、先生にも贈り物をする日であることがわかりました。学校で、クラスの生徒全員分のプレゼントを用意してくださいと言われることもあって、そのための小分けパックの商品も売られていて、中にはチョコレートやキャンディなどが入っていることや、ホワイトデーの習慣はないことも知りました。
 授業は、とてもいいテンポで進み、先生の質問や指示はほぼ英語でした。学習内容は「動詞の過去形」でしたが、大画面に映し出される英文を、全員で声に出して繰り返し発音する学習に多くの時間が費やされました。最後は、かるたでALTが発音したカードを取り合うゲームでしたが、ここでも取ったカードを全員で発音していました。
 私も3年間のアメリカ生活で、英会話ができるようになる近道は「英語しか話せない環境」をつくることだと感じましたが、教室内はまさに「英語環境」でした。

 

2/5 LEDスタンド制作~ひとみ学級2年~

 2年生3名がLEDスタンドを制作していました。少ない技術科の時間を利用して作っているので、進み具合はそれぞれ違いますが、タブレットではんだ付けのポイントを確認しながら基盤を作っている生徒、設計図を描いている生徒、電動ドリルで木に穴をあけている生徒と…個々のペースでとても楽しそうに取り組んでいる姿が印象的でした。

2/5 入試における面接の心得~3年~

 公立高等学校の入学者選抜に向けて、面接における注意事項の最終確認が行われました。以前、私立学校に勤めていた時の面接官としての経験を踏まえ、3年の副担任の先生から、心構えや態度、主な質問内容等について、細かな注意がありました。お辞儀の仕方や声の大きさ、待っている間の態度、さらに駅から高校までの間でもチェックされることがあるなど、具体的な話がありました。その中でも、最も大切なのは志願理由とのことでした。あと少し、頑張れ八中生!!

2/4 像の見え方~1年理科~

 光の反射の授業で、鏡で反射した光の進み方を実際に方眼紙に記入する学習でした。入射角と反射角が同じであることを利用して、光の進む線の傾きを「方眼のマス目でいくつ右にいって、いくつ上がるか」などと考えながら、線を書き入れていました。班内で確認し合いながら進めていたので、みんな良くできていました。しかし、「線対称を利用すればもっと簡単にできるのに」と思って見ていました。先生も線対称に少し触れていましたが、生徒たちは、マス目を読み取る方法でやっていました。
 授業後に、線対称を使わずにやらせている理由を聞いたところ、「反射の仕組みを知るためで、線対称は簡単ですが形式的な方法なので…」という回答でした。なるほど大切なことだなと感心しながら、「線対称を利用すれば出来ることを、1年の作図の問題と関連付けて考えさせたら面白いな…」と思ってしまう数学科の私がいました。

 

 

 

 

 

 

<作図>
 線分CD上に点Pをとり、点Pと点A、点Pと点Bをそれぞれ結ぶとき、∠APC=∠BPDとなるような点Pを作図しなさい。

 

2/3 職業調べ~1年特活~

 はじめは、「スキ」をみつけよう!、「トクイ」を発見しよう!という2種類のプリントを使って、自分にあった職業のタイプを見つける学習でした。それぞれの項目をチェックしたり、選択したりすることで、適した職業のタイプがわかるというものでしたが、実際に結果を知った生徒たちの反応は様々でした。自分の憧れの職業と一致した生徒は満足げで、想像と違った生徒は「え~意外だな~」という反応でした。
 その後、自分に適した職業を知るには、まず自分自身を知る必要があるということで、「自分の良い所」と「自分の弱点」をプリントに記入して、改めて自分にあった職業とは何かを考えていました。受験生の面接練習でもそうですが、短所はたくさん言えるのに、長所はなかなか言えない傾向があります。自分の良い所に気付くことで自信がつき、それが短所の克服にも役立ちます。この機会に自分の長所をさらに伸ばす努力をしてみましょう。

2/2 作業製品頒布会~のぞみ学級~

 毎年、のぞみ学級では作業製品の時間に「刺し子」製品を作っています。例年は年2回、頒布会を行ってきましたが、今年度はコロナの影響で1回になってしまいました。「刺し子」製品と一口に言っても、簡単にできるものではありません。基本的な縫い方を何日間もかけて練習し、その努力の成果が刺し子製品です。実際にやればわかりますが非常に根気がいる作業で、集中してやらないと綺麗な刺し子はできません。
 のぞみ学級の生徒たちが心を込めて作った「刺し子」製品は、全生徒と教職員を対象に有料で頒布され、その売り上げは次の刺し子作りの材料費になります。物を作って販売するのも学習の一環です。

2/1 授業風景~2年国語・3年家庭科~

<走れメロス②~2年国語~>
 走れメロスの3時間目。前時に個々で調べた人物の相関図を生徒同士で共有する時間でした。生徒たちは、作成した相関図を大画面に映しながら、人物像や相関関係について丁寧に説明を加えていました。発表することで「伝える力」が身に付き、友達の考えを聞くことで学びが深まります。特に人物像は、行間を読み取り、各自が想像を働かせて考えたので、それぞれ微妙に異なる人物像になっていて、新たな気付きもあったようです。

 

 

 

 

 

 

<消費者アクションゲーム~3年家庭科~>
 すごろくの要領でサイコロを振って、出た目の場所の指示に従いながらゴールを目指すというゲームでした。指示にはカードを取るというものもあり、そこには「悪徳商法」や「詐欺」、「強引な訪問販売」、「迷惑ウィルスによる罠」などの消費者が陥りやすい被害や、「消費者センター」などの対処方法などが書かれていて、ゲームをしながら学べる楽しい教材でした。

 

1/30 PTA運営委員会~Zoom開催~

 今年度、コロナ禍でPTA活動が休止となっている委員会も多く、各委員会からの活動報告以外に、次年度に向けて組織や活動の在り方などについても話し合われました。今回は、その1つの試みとして、Zoomによる会議が開催されました。PTA会長、教頭先生、他数名の役員の方は学校での参加となりましたが、私を含め、19名の人が自宅から参加しました。パソコンの画面上で資料を提示しながらの説明もあり、新たに会議の可能性が広がりました。

1/29 走れメロス①~2年国語~

 走れメロスの2時間目。出てくる人物像を捉えて読みを深めるために、各自で登場人物の相関図を作成していました。生徒たちは、教科書のページをめくり、何度も読み返しながら作成していました。はじめに1年生で学習した相関図を先生が例示して作成のポイントを説明した以外、先生による個別のアドバイスを除き、ほぼ1時間、無言でとても集中して作業を進めていました。
 時間の経過とともに、徐々に個性豊かな相関図ができあがりました。次の時間は、ソーシャルディスタンスに注意しながら班内で考えを共有することになりますが、本時のようにじっくりと時間をかけて自分の考えをまとめることも非常に大切です。個々の「主体的な学び」がなければ、「対話的な学び」で学習は深まらないからです。