ブログ

八中ブログ

3/4 授業風景~1年数学・ひとみ学級社会~

<立体の体積(1年:数学)>

 先が尖った三角錐や四角錘、円錐などの立体の体積を求める公式を覚えていますか?それは全て「底面積×高さ÷3」です。なぜ「÷3」なのか?その説明には、特別な四角錘や三角錐、積分(高校の内容)を使う方法や一目で理由がわかる動画もあります。しかし、本時では実際にプラスチックでできた立体模型に水や砂(今回はお米)を入れて「三角錐や四角錘、円錐が同じ底面と高さの三角柱や四角柱、円柱の体積の1/3であること」を確かめていました。
 ICTの進歩によって多くのことが便利になりましたが「誰かの操作を画面上で見る」のと「実際に体験してみる」のとでは違いがあるように思います。体験には、操作活動をすること自体に意味があったり、感動を伴って長く記憶に残ったりという利点もあるようです。それぞれの長所・短所を理解して活用することが大切だと思います。

 

 

 

 

 

 

 
<沖縄県(ひとみ学級:社会)>

 ひとみ学級では、ひとみ学級での授業と通常学級の授業への参加(交流授業)という2つの学習形態をとっています。一人一人のニーズに応じて、教科ごとに2つの学習形態を上手に使いながら学習を進めています。
 今日は、NHK for School を利用した社会科の授業がありました。「九州地方(沖縄県)」について、人口や面積、気候、特産物などについて学習していました。