ブログ

一中ブログ

ドイツ派遣 1日目2日目

 7月20日に元気よく出発した市川市の中学生ドイツ派遣団(一中からは生徒2名教員1名参加)ですが、1日目と2日目の活動報告が届きましたので、少しご紹介させていただきます。
【1日目】現地時間20:30に、ドイツ ローゼンハイムに無事到着した一行は、それぞれのホストファミリーに迎えられ、ホームステイ先へ旅立って行きました。いよいよ11日間の事業がスタートします。
【2日目】一行は、体験先のレアルシューレに初登校し、歓迎を受けた後、日本の文化(書道や折り紙)を現地の生徒や先生たちに体験して(教えて)もらいながら、現地校の生徒たちとのコミュニケーションを深めていきました。そして、この日の午後には、ホストシスターたちと一緒にバス旅行をし、隣国のオーストリアに行きました。

以上現地からの報告(概要)でした。午後にバスで隣国へ行けちゃうんだ…ヨーロッパはすごいなあ。

夏季総体その6と7

 7月21日野球の役員の関係で一中の応援は無理かなと思っていましたが、うまいこと時間がずれて、男子ソフトテニスと、男子バスケットボール部の試合を見ることができました。テニスの方は個人戦の2日目まで勝ち上がってくれたので朝一見ることができたのですが、相手が大会の第一シードということで苦戦を強いられました。第一シードのペアは県でも優勝を争うレベルだと思うので、そういう相手との試合ができたことを良い経験として残してほしいと思いました。一方の男バスの試合はものすごい試合でしたね。ドラマのような展開で本当に劇的な展開でした。見に行けて良かったです。お疲れさまでした。

夏季総体その5

 今日(20日)午前中は女子ソフトテニス部の応援に行ってきました。先週雨で消化できなかった試合が最初にあったので、予定通りの試合を見ることができませんでしたが、とっても暑い中みんな元気そうで何よりでした。集合の時に写真を撮ったのですが、「私顔変じゃなかったですか?」と気さくに話しかけてくれてうれしかったです。個人的なことですが、私もずいぶん前ソフトテニス(男子)部の顧問だったので、会場では懐かしい先生方にお会いすることができて、こちらもうれしかったです。明日は野球の役員として決勝戦を参観しに行かなければならないので、今年の部活応援はこれで終わりかもしれません。今年は全部の部活を見られなくて大変残念でした。3年生のみなさん暑い中よく頑張りました。お疲れ様でした。

ドイツ派遣

 市川市では毎年この時期に、市内の中学生の代表をドイツに派遣し、現地での交流事業を行っています。今年一中からは、3年生と2年生1名ずつが選ばれ(引率教員としても一中から1名同行します)、これまで派遣に向けた準備をしてきました。本日はその出発式が現代産業科学館の駐車場で行われました。市川市国際交流協会の会長や、市川市教育長の挨拶の後、派遣団長と生徒代表の挨拶があり、その後バスで空港へと向かいました。写真は出発前の派遣生たちの集合写真です。朝早かったですが、みんなとても元気でした。帰国は30日の予定です。いい経験をし、いい思い出をたくさん作ってきてください。

1学期終業式

 1学期の終業式が行われました。暑さを予想して放送での式となり、生徒の皆さんの顔が見られなかったことが残念でした。校長からは、1学期に経験した様々なことを大切に、自分自身をさらに大きく成長させてほしいという話をしました。また3年生には夏休み中の高校見学の重要性を、2年生には部活動などで中心となる自覚を持ってほしいこと、1年生は慣れてきた中学校生活をさらに充実させるためにすべきことを考えてほしいこと、あわせて全学年ともに、暑さ(熱中症)に注意し、2学期にまた元気良く会えることを楽しみにしていることを話しました。生徒の皆さんにとって良い夏休みとなることを願っています。
 保護者の皆様、今学期の学校への御協力大変ありがとうございました。保護者の皆様のお力添えと、子供たちの頑張りのおかげで全体としては、大変良い状態の1学期を過ごすことができました。1学期は大きな行事が続き、子供たちも、保護者の皆様にも何かとご苦労をおかけしたかと思いますが、子供たちにとって中学校生活でのかけがえのない経験となってくれたことと思います。一方、修学旅行列車の関係で、修学旅行の日程がランダムに決められてしまうため、修学旅行近辺の行事が過密になってしまったこともご理解いただければと思います。これから長い夏休みとなります。保護者の皆様、生徒の皆さんともに、体に留意されお過ごしください。