ブログ

生徒の様子

1月25日 第33回五市合同技術・家庭科作品展 1年女子 市川市教育長賞をいただきました

第33回五市合同技術・家庭科作品展は、船橋市市川市八千代市浦安市習志野市の中学生が技術科と家庭科で習ったことを使いできあがった力作を出品した作品展です。本校は1年生が4名3年生が4名、出品しました。そのうち、引き出し付き本棚を出品した1年生女子の作品が市川市教育長賞となりました。作品についての本人のコメントを紹介します。「楽譜を収納することを目的としたため側板から音符をくりぬきました。側板や音符はカーブが多いため慎重に進めたけど難しかったです。」すてきな作品にしあがりました。3年生のフエルトの作品はかわいいものばかりです。小さな子が楽しく遊べることをイメージして作られています。

1月18日 学校のいいところの話

本校は目指す学校像の一つに”環境整美が行き届いている学校”を掲げています。私は一日に一度は学校内を一回りしますがごみが落ちていることがありません。日ごろから生徒がしっかりとお掃除をしてくれていますから、きれいな学校となっています。きれいなのは学校内だけではありません。

尊敬する方から先日、お褒めの言葉をいただきました。「成人の日に、第一中学校の体育館がフォトスポットになっていましたから伺いました。校門から桜並木を通り体育館に行くまで、落ち葉が一つもありませんでした。環境整美がしっかりとされていますね。大切なことですからこれからも続けてください。」

用務員のお二人、環境整美委員の朝掃除、普段の外掃除の生徒の取り組みがあって、外の環境はきれいになっています。

今週、業者さんに樹木の剪定をしていただき、木々がすっきりとしました。

1月7日  通常日課 スタート

本日から給食が開始しました。昨日の昼頃から午後8時過ぎまで降り続いた雪景色の中を生徒は登校してきました。

生徒が来る前には先生方が生徒の通る道を確保してくださっていました。

子供たちの中には途中滑って転びそうになったという子もおりました。大きなけががなく良かったです。

新聞の報道でもご存じのとおり、新型コロナ感染症に新規感染者の数が増加傾向にあります。前日数との比較ですと、かなりのスピードで増えてきています。明日からの3連休。それぞれ予定があるとは思いますが、感染防止に努めていただくとともに、火曜日に体調不良の傾向がみられたときは一日休み、体調をよくして登校をお願いします。

12月23日 終業式 明日から冬休み

第一中学校では体育館に生徒を集めずに放送で終業式を行いました。

校長の話では、2021年を振り返り、自分の成長をみつけ、また、自分のいいところをみつけ、通知表の所見のなかにあるよさや課題、ほめてくださった先生の言葉、励ましてくださっている先生の言葉を大切に受け止め2022年の成長につなげていってほしいという話をしました。続いて、新型コロナウイルス感染症の対応として、学校では守っていたこと、マスクの着用、手洗い、3密をさける換気や距離に気を付けることなどが、冬休みになってゆるくなってしまうことなく、気を付けてほしいと話しました。

養護教諭の岸先生からは睡眠の大切さを中心に冬休みの健康管理について話がありました。体内時計が機能し適切に睡眠をとることは体の成長や脳の働きに効果があることをわかりやすく根拠を示しながら説明してくれました。

この後は2学期の表彰です。スポーツと文化的内容との両面に優れた成績が見られました。

最後は飯高先生から冬休みの生活についてしおりをもとに説明がありました。

その後、院内学級の終業式に参加しました。室内運動場で対面式で行いました。30名の生徒が参加しました。背筋が伸び私の目をしっかりとむけて聞く姿勢はさすが一中生であると感じました。

丑年から寅年へ。丑の「もー」と寅の「とら」の音を話の中に入れながらよりよい自分づくりをめざすことと、岸先生が話された睡眠の話をしました。

院内学級から帰ってくるとき、下校中の生徒に会い、通知表や先生からの言葉のことを聞いてみました。「主体的にのところがよくなっていた」「友達のために動くことをほめられました」などの声を聴くことができました。別れ際には「校長先生、よいお年をお迎えください」と言っていく生徒。ほとんどの子が言っていきます。なんといい子たちでしょう。

1月6日にまた元気で会いましょうと言葉を返しました。

 

いつも見守ってくださる地域の方へクリスマスカードを贈りました。

本校では、いつも見守っていただいている地域の方々、特に一人暮らしのご高齢の方のために、何か恩返しができないかと、5年前よりクリスマスカード作成ボランティアを実施しています。本年度は106名の生徒が参加し、心温まるメッセージと共に彩り豊かなカードを作成し、そのカードを12/16(水)に国府台町会会館に職員・生徒会長で渡しに行きました。

町会の方々からは、「今年もいただけて嬉しいです」「毎年家に飾っています」「とても素敵ですね」など、たくさんのお喜びの声をいただきました。

保護者の方々含め、地域の方々の支えあっての学校生活であるということを再確認する機会にもなりました。いつも、ありがとうございます。

今後とも、本校の教育活動へのご理解・ご支援のほど、よろしくお願いいたします。

12月8日 院内学級 もちつき大会

 

 本日、院内学級では、病棟において、もちつき大会を行いました。今回の行事も、中学生、小学生、病院の皆さん、学校の先生が協力して行いました。。あいにくの天気でしたが、午前は、火おこしから体験してもち米を炊き、午後は、本物の杵と臼を使ったもちつき体験、ついたお持ちで鏡餅と、餅花づくりを行いました。コロナ過の状況を鑑み、ついたおもちは食べませんでしたが、体験の最後には、病院の栄養課の皆さんが調理してくださった、白玉だんごに舌鼓を打ちました。

 よく知っているようで、あまりやったことがないお餅つき。重い杵を懸命に持ち上げ、うまくいった時には、ホール内に大きな拍手が起こっていました。写真は、おもちつきの様子と、餅花の作品です。白と赤のお花に見えるものは、じつはおもちでできています。 

 

 

 

12月2日 院内学級、工作ワークショップ

 本日、院内学級では、子ども劇場千葉県センターの皆さんをお招きし、工作ワークショップに取り組みました。お招きした皆さんから教えていただきながら、ビー玉を使った「手作り万華鏡」、「ビーズ工芸」、本格皮を用いた「皮工芸」に取り組みました。

 生徒からは、「あまりやったことがなかったので、貴重な体験ができました。」「本格的なものばかりで、時間がたつのも忘れてしまいました。」「丁寧に教えていただき、あっという間の2時間でした。」など感想が出ていました。

 写真は、ビーズ工芸と、手作り万華鏡の作品です。「手作り万華鏡」は、実際に中を覗いた時の画像になっています。

 

    

  ビーズ工芸1        ビーズ工芸2       手作り万華鏡1      手作り万華鏡2

12月1日 院内学級で合同避難訓練を行いました。

 本日、院内学級では、同じ校舎で学んでいる小学生と、病棟の方々と合同で避難訓練を行いました。10月には千葉県で大きな地震がありましたが、災害はいつ起こるかわかりません。どんな時でも慌てずに行動できるよう、訓練しておくことはとても大事なことです。今日の訓練は、関係ないおしゃべりをすることなく、真剣に取り組むことができていました。

 病棟の方々との連携も確認することができました。今日の訓練を忘れず、万が一の時に落ち着いて行動することができるといいですね。写真は、院内学級の校舎です。

11月29日 2年生が『いのちの学習』講演会に参加しました。

10月に行われた3年生への講演会に引き続き、日本助産師会の小路和子(しょうじかずこ)先生をお迎えして、体育館にて約1時間半にわたり「性」についての講話を聞きました。

3年生の時と同様に「性は男性と女性の2つだけではなく、いろんな性があり、あなたの心が決めたならそれでOK。自分らしく生きよう。」ということを前提にしながら、主に男女についての性の悩みや、身体の違いについて、助産師としての経験や知識をもとに具体的なお話をしてくださいました。今悩みがある人にとっても、これから同じような悩みに直面するであろう人にとっても、正しい知識を得ることで安心して生活ができるお話だったと思います。

11月26日 3年生学年集会

来週月曜日から3年生は修学旅行の代替えとなる活動に行ってきます。一日目の活動の中心は成田山新勝寺と成田空港、二日目の活動の中心は、東京ディズニーランドです。各学級の中央委員が進行をし、各係代表の生徒が説明と確認をしました。学年主任の津野先生の後に、私もすこし時間をいただきました。

実行委員長のT君と一緒に生徒の前に立ち、京都奈良への修学旅行を予定していたときのしおりにあるT君の話を読み上げました。「修学旅行実行委員会委員長の3年〇組のTです。この修学旅行の目的は3年間で培ってきた信頼関係を活かし、学校外の場所で、班行動や団体行動を行うことでより一層仲間への信頼関係を深めること」

2日間の活動で、ここを大切にしないといけません。そこを生徒の皆さんにお願いと確認をしました。

生徒たちは大変良く聞いてくれました。楽しい思い出を仲間と共有体験できる二日間にきっとなります。

11月24日 院内学級 ミニ運動会の実施

本日、院内学級の小学生と中学生とが、国府台スポーツセンターの体育館でミニ運動会を企画し、実施しました。

院内の先生方と病棟の先生方とで生徒たちを手助けしていきます。主役は生徒です。

開会の言葉「これから 秋のミニ運動会を始めます。真剣にけがをしないようにして頑張りましょう。」

選手宣誓は中学校3年生の女の子と小学校6年生の男の子が一緒に行いました。

「真剣に、笑顔をわすれずに、このミニ運動会を楽しみたいと思います」

運動会の種目は午前中はトリムバレーボールの試合形式、午後はギネスに挑戦として、いろいろな種目に挑戦しました。

(・なわとび ・バスケットフリースロー ・風船ヘディング ・ペットボトルのキャップつみあげ高さ比べ等)

子供たちにとっても、院内の先生方、病院の先生方にとっても、楽しい一日になりました。

11月16日 第4回生徒集会 中央委員会の発表

本日は第4回の生徒集会がありました。

後期の生徒会としても、大切な仕事でありました。

これまでと同様に、体育館の映像と音声を各教室に送信して大型テレビに映します。

中央委員会の発表は、事前に動画で作成したものを各教室で視聴してもらう形でおこないました。ストーリー性があって完成度の高い劇でした。悪者に一中生が悪い魔法をかけられ、服装や行動が乱れてしまいます。それを案じた良い魔法使いと一中の妖精が協力してやっつけ、一中はもとに戻るという設定でした。途中でダンスの対決もあり中学生ならではの見せ場もありました。終わりには制服の着方とジャージの着方の確認をしてくれました。

11月12日 2学年は鎌倉に校外学習

11月12日は、いいお天気で、2学年は鎌倉に行ってきました。各組、6班に分かれ、午前と午後に回るところを計画し臨みました。

 2学年の活動で特徴的であったことは、1時間遅れで鶴岡八幡宮を出発したけれども、バスの中で班長が検討していた変更計画をもとに、集団の行動を整え、グループ活動を行えたことです。市川市内の中学校の校外学習と重なり、相手の学校の先生にも挨拶ができる礼儀正しさも見られました。仲間の意見と自分の意見との折り合いをつけ、集団がより良い行動をとれるようにまとまれるよさや、人とかかわろうとする心を感じました。大きな拍手を送ります。

 今回の校外学習のグループ活動は、3学年の修学旅行につながっていくと思います。日頃の生活の中に集団の行動を高めていく場はたくさんあります。給食の準備、清掃活動は毎日あります。仲間とのつながりを大切にし、より良い自分、よりよい集団となることを目指してほしいと思います。

11月11日 1学年はマザー牧場に校外学習

 いい天気のなったこの日、千葉マザー牧場に1学年は行ってきました。各組、6班で班長を立てて、5名から6名の班員で協力し合い、午前中は飯盒炊爨、午後はオリエンテーリングを行いました。

 1学年の活動で特徴的であったことは、飯盒炊爨で予定時刻を50分ほど時間短縮したことです。交通渋滞等で到着が50分ほど遅れましたが、ここで巻き返し、午後はほぼ予定通りにできました。同行した旅行会社の方の記憶では、1学年の飯盒炊爨でスタートから終了まで、わが1年生が最速であったということもお聞きしました。昨年小学校6年ではコロナ禍なので調理実習はできなかった学年であることも勘案すると、すばらしい集団の力でありました。気持ちを一つにしたときに力をさらに発揮する子たちであると感じました。大きな拍手を送ります。

 

11月6日 2年ぶりの一中フェスタを開催しました。

本校の一中フェスタは、20の講座を多くのかたが講師として引き受けてくださり実現することとなりました。

昨年はできませんでしたので、実際の動きを知っているのは3年生のみであります。

PTAの方、地域の方の計画・調整等の準備があって今日となりました。

生徒には学年の講座の一覧から受講希望を出してもらいました。その順位と講座の参加上限人数を勘案して、受講講座を決定して生徒に伝えました。

本日は、普段の生活の中では体験しないことを生徒は経験しました。知ること、やってみて感じることは、人をその分、豊かにすると私は考えています。

 生徒の中で大切な行事の一つ、第一中学校ならではの1中フェスタ。楽しい学校生活の思い出作りが行事の役目の一つとしてあると思っています。学校生活に活力を生み、それは学校を愛する心や地域の根差す地域愛につながっていくと考えています。3年生の参加者の感想をご覧ください。

「介護の講座に参加しました。今まであんまり介護に興味を持っていなかったけど、今日お話を聞いて、意外と身近にあるんだなと思った。また、これから先自分も生きていくうえで、おばあちゃんやおじいちゃんが1人で生活できなくなったとき、お手伝いや会話の時に今日学んだ相手の気持ちを分かってあげることが大切ということを生かそうと思った。自分で当たり前にできていることも年をとると大変で、1つ1つのことがゆっくりになるということも改めて知り、これから今まで以上に1つ1つの行動をよく考えて今当たり前に生活ができることのありがたさを大切にして生きていこうと思った。」

「今回スワッグつくりを体験しました。スワッグづくりの楽しさを知りました。様々な種類のお花があって、そのお花一つ一つがかわいくて、その花をどこにおいてもかわいくてとても迷いました。これから家で自分で材料や道具を買って作ってみようと思うのですが、小那覇の種類も1から選ぶとなるととても迷いそうで、また楽しそうだなと思いました。日本では日常でお花を贈ることが少ないというお話を聞いたときに、私も特別な日にしか送ったりしていないなと感じたので、感謝の気持ちを込めて家族や友人に送れたらいいなと思いました。」

 

10月29日 生徒集会 新委員長の紹介と生徒会役員交代式

本日、生徒集会が行われました。体育館で撮影し、音声と映像を各教室に届け、生徒は教室で参加する形で進めました。

はじめは後期からの新しい2年生の委員会委員長の紹介です。一中は中央委員会、放送委員会、図書委員会、体育委員会、整美委員会、保健委員会、里の葉委員会の7つの委員会があります。新委員長から挨拶があり、委員長としての思いや決意を述べました。先輩たちに丁寧に指導してもらったことへの感謝と、委員会をまとめていくことややってみたいことを話しました。

生徒会の交代式では、旧役員からの話があり、新役員があいさつしました。、

旧役員からは「一中は生徒主体であり、一人一人が自分の行動に責任をもつことを意識してきた。これからは2年生が中心になり学校を引っ張っていく。3年生の跡を継ぎ、一中の誇りをつないでいってほしいと話がありました。

みなさん、とても立派な挨拶でした。

10月28日 院内学級 スポーツの秋 芸術の秋

秋は1年の中で、活動が豊かになる時です。今日は院内学級のスポーツの秋・芸術の秋を紹介します。

パラリンピックで有名になったボッチャ。体育館で行いました。小学生と中学生1年生2年生とで行いました。

紅組と青組に分かれ、的の白玉の近くにボールを寄せます。中学生がやり方を教えたり、チーム分けを指示したりして進行しました。みんなとても楽しそうでした。

校舎の中には、芸術の秋の香りがしました。中学生の食品サンプル、小学生の秋のデザート。子供たちが一生懸命に作っている様子がわかります。

10月25日 スケアードストレイト交通安全教室

 

 本日は5時間目に校庭で、スケアードストレイト交通安全教室を行いました。

令和3年9月までに千葉県では9534件の交通事故が起きています。そのうち市川市では646件、これは、千葉市、船橋市、松戸市につづいて県内ワースト4ですから、千葉県の中でも交通事故の危険が多い地域です。さらに、私たちの学区には、松戸街道と外環道路が走っていて自動車の交通量は多く、道幅が大変狭いところ、見通しのきかない交差点などは多数あり、市川市の中でも交通安全が必要な地域であります。

スタントマンが実際の事故の現場を生徒に見せてくださり、その危険を体感しました。事故にあわないために 自転車で人をケガさせないように、守ること、知っておくことがあります。

自分の命は自分で守ります。そのために正しい知識を持つことです。知識は、事故を予測する力となり、事故を未然に防ぎます。

生徒の感想を紹介します。

「少しのルール違反でも積み重なると大きな事故につながることがわかった。もっと自分の行動に責任を持ちたいと思いました。」「これまで正直、徐行して安全確認するのは面倒だと思っていましたが、交通事故の恐ろしいのを見てしまったら、自分の安全を守るためにルールは絶対に守ろうと思いました。」「これからは交差点では注意して、しっかりと左右を見てわたろうと思いました。」

ご家庭でもぜひ話題にしてください。

 

10月21日  3年生が『いのちの学習』講演会に参加しました。

本年度も、日本助産師会の小路和子(しょうじかずこ)先生をお迎えして、体育館にて約1時間半にわたり講話を聞きました。毎年行われている講演会ですが、思春期を迎え、身体も心も大人へと変わる3年生に向けて「性」についてのお話をしてくれました。

「性は男性と女性の2つだけではなく、いろんな性があり、あなたの心が決めたならそれでOK。自分らしく生きよう。」ということを前提にしながら、主に男女についての性の悩みや、身体の違い、性に関する意識の違い、性感染症などについて、助産師としての経験を交えた具体的なお話をしてくださいました。「子供を産むための身体になっていく中で、子供を産みたいときに産める身体でいることの大切さを知ってほしい。」という想いが伝わる、温かくてわかりやすいお話でした。

3年生は皆さん真剣な表情で話を聞き、間の休憩時間にも数名の生徒が個人的に質問に来てくれていました。

「この話が、今必要でない人も、人生のどこかで必要な時に役に立ってくれると信じて」お話をしてくださいました。きっと3年生の皆さんのこれからの人生に役立つ内容であったと思います。

※11月29日には2年生に向けた『いのちの学習』が予定されています。

 

10月20日 院内学級 マザー牧場校外学習に行って来ました!

 院内学級では、10月20日、マザー牧場に校外学習に行ってきました。院内学級の児童生徒、ドクターや看護師さん、学校の先生が協力して活動しました。この日は、少し風が強かったものの、前日の雨が信じられないほどのいい天気に恵まれました。

 午前中はオリエンテーリング、午後は牛の乳しぼり体験や、グループ行動を行いました。事前に各グループで計画をたてたグループ行動は、とても充実していました。全体的に、ルールや注意事項をよく守り活動できていました。

 生徒からは、「動物の温かさを感じることができた。」「協力してオリエンテーリングに取り組むことができた。」など、多くの感想がありました。今後、しっかり振り返りを行い、ここでの経験を、今後の生活にいかしていけるといいと思います。 写真は、牧場からの景色です。

10月18日 15日の3年音楽集会の様子です。

 3学年が、15日の榎祭のあと、学年で音楽集会を開きました。9月中は歌を歌うことができませんでした。6時間目に体育館や特別教室に分かれての4回の学級練習を経て本番を迎えました。子どもたちは一つの歌をみんなで仕上げるなかで喜びや感動を味わうことができました。各学級から感想をいただきましたので紹介します。(写真は歌絵といいます。曲のイメージを絵にして表します。)

 

「はじめから体育館で声が全然でなくて本当に2週間で作ることが可能か心配でした。しかし練習を重ねるにつれて声が大きくなってきて、少しずつ声の大きさや歌い方も上手になってきて少し安心しました。本番は二年生のころの私たちに比べ、四時間で仕上げたとは思えないくらい上手になっていて、びっくりしました。今の1年生2年生にはまだ難しいかもしれません。しかし、3年間普段の生活から様々な行事を重ねた3年生になったら、できると思います。このような場面で協力できるようになるには、普段の小さな積み重ねが大事だと思います。来年には3学年がそろって榎祭、合唱祭が開けることを願っています。頑張ってください。」(3年1組より)

 「練習の仕方も練習に取り組む姿勢も昨年よりレベルアップしたと思いました。練習場所への移動などからも、クラスのみんなのやる気が感じられてよかったです。練習の仕方は昨年の反省を生かしパート錬をやってから全体練習をしたり、ずっと通すのではなく区切ってやったり工夫できました。歌声向上委員として特にパート練習の時に意見を積極的に言ってよりよくすることができたと思います。昨年あまり意見を言うことができなかったので成長を感じました。また、練習中、沢山の人が意見を言ってくれたり、わからない音符を教えあったりして、よりよくするためにみんなで協力して練習することができました。自分が意見を言った時も素直に受け止めてくれて、どうしたらよくなるのか考えて歌ってくれました。今年は全員気合が入っていて、本気で練習に取り組むことができたと思います。」(3年2組より)

「私は三組の指揮者として、短い練習期間の中で歌詞も音程も難しい「流浪の民」をクラスみんなと一緒に練習してきました。合唱祭を通して指示不足な私に対して嫌な顔を一つせずに一生懸命協力してくれる3組の優しさを改めて感じ3組でよかったと思いました。指揮をしていてすごく楽しかったです。ありがとう。」(3年3組より)

「最初はまとまりがなく、二週間という短い時間で本当に完成するのか、とても不安でした。しかし、練習を重ねていく中で、少しずつ声を出す人が増えていき、歌の完成度も上がっていきました。本番では息をそろえて歌うことができ、他のクラスの子にもキレイだといわれるほどの歌で、自分たちも楽しめました。」(3年4組より)

「最初の練習ではクラス全体がバラバラで声も全然出ていませんでしたが、本番では声も出ていて一番よい合唱をすることができました。ソロの人たちも合唱祭に向けて音程を合わせるのに苦労していました。ですが、この五組で団結して歌うことができて本当に良かったです。」(3年5組より)

「あの素晴らしい合唱は本当に四日間のクオリティだったのだろうか、と教室に戻った今も余韻が残っています。中学校の3年間をこのクラス、この学校で過ごすことができてよかったと、改めて感じた1日となりました。」(3年6組より)

 

10月15日 今年も榎祭を開催しました

 榎祭が今年も開催されました。ステージには大きく「榎祭」の文字、側面には体育委員会が準備してくれたスポーツテストの結果が掲示してあります。芸術とスポーツが融合した第一中学校の文化の香りがする空間に体育館がなっています。

 榎祭が榎祭実行委員会、生徒会本部のみなさん、専門委員会のみなさんの取り組みにより今年度も開催されました。体育館には3年生がはいり、1年生2年生は映像と音声をリアルタイムで教室に送り、それを見て参加しました。

 実行委員長の島田さんからは、今年度の榎祭に至った経緯と実現に向けた苦労と工夫、そして、1年生2年生には一緒にいられなくても、一緒にいるときのように発表をしっかりと聞いてほしいとの話がありました。

 今年の榎祭のテーマは「可華花 step&step」です。美術部がこの日のためにこのテーマを大きな作品に仕上げてくれました。このテーマを考えた3年生女子生徒からテーマ説明がありました。「可より華、華より花 三つの『か』を指標に1ランクずつステップアップしていこうという意味をこめました。また、『花』には、一人一人が持っている様々な力を合わせてみんなで大きな花を咲かせようという意味もあります。全員で協力して大きな花を咲かせましょう。」私が学校づくりで大事にしている「青春の花咲く第一中学校の実現」とつながるところを感じうれしく思いました。

 この後英語スピーチをステージで6名の生徒が披露しました。英語が苦手な生徒はしおりにある英文と和文を見ながら傾聴しました。

 そのあとには、榎祭実行委員会の委員による劇の発表がありました。榎の妖精と桜の妖精が登場し、テーマのある内容を演じてくれました。

 この後、通常の榎祭では全校合唱祭が続きますが、今年度はコロナウイルス感染症感染拡大防止のために千葉県では9月に緊急事態宣言が発出されていたために歌を歌うことができなかったため、3年生は本日、学年での音楽集会、1年生2年生は12月に合唱祭を行う形になりました。

 3学年からはこれまでの合唱に向けたクラスの取り組みについてメッセージをいただいております。都合により月曜日にHPにて皆様にお知らせいたします。

 

10月5日 生徒の歌声が戻ってきました。

緊急事態宣言が発出されていたときは、歌を歌うことは休止扱いでしたので、程度にかかわらずできませんでした。

宣言が解除されましたので、新たな学校生活スタイルガイドラインに沿って歌声が戻ってきました。

「マスクを着用し十分な換気のもと、適切な距離、 前後左右2m(最低 1.5m以上)を取りながら向かい合わないなど歌う方向に気を付けて発声する。そ の際、声の大きさにも留意する。また、立ってい る児童生徒と座っている児童生徒を混在させない。」以上のようなことに気を付けて行っています。

3年生は学年で10月中旬に、12年生は12月にクラスごとに指揮者と伴奏者をたて歌を歌います。

今日、3年生の学級で指揮者の生徒がクラスメイトに歌声が入るところをかなり本気になって伝えている場面に会いました。こうやってぶつかり合うながら一つのものをつくっていくんだなあと思いますと、きっといい体験になるなあと感じます。3学年の学年の音楽会はきっといい会になります。

10月1日  昨日 院内学級で歌舞伎体験

昨日、9月30日に院内学級の生徒が歌舞伎体験をしました。小体育館でみんなが集まって、説明を聞き、体験活動をしました。

子ども劇場千葉県センターの方々が調整してくださり、実際に教えていただいたのは吉祥寺にある前進座のみなさんでした。口上の歌舞伎独特の言い回しを聞いたり、見得を切るポーズを体験したりしました。また2人組になり、殺陣の動きを新聞紙の剣でやってみたりしました。

「迫力があって楽しかった。拍子木の音に最初ビビってしまった。伝統芸能に触れるのは、初めてか久しぶりだった。」

「歌舞伎をみたことはほとんどなかった。大迫力で感動した。」

こんな感想を生徒が持っていました。コロナ感染症防止を進めながら、こうした体験活動が子どもを少し豊かにします。

9月28日 生徒集会 (部活動部長交代式)

本日生徒集会が行われました。体育館で撮影した映像と音声を各教室の大型提示装置に写し、全校で参加しました。コロナ禍での新しい集会の在り方です。

新旧の部活動の部長が集まりました。旧部長からは、活動の報告と保護者や顧問への謝辞、そして、新しい部長の紹介がありました。新しい部長の氏名と部長としての資質、よさ、また期待を話しました。そのあと、新部長があいさつをします。これからの思いや先輩から学んだこと、部の目標や部長としての心構えなどを話しました。先輩と後輩が一つの集団の中で学びあい支えあい活動しています。この共有体験は子供の心を豊かにしたくましくします。

旧部長のみなさん、ありがとうございました。新部長のみなさん、よろしくお願いします。

9月24日 科学工夫作品 2作品が県の科学工夫作品展に出品

一つは 科学論文です。「水にぬれると色が濃く見えるのはどうしてか」という問いに対して、実践し結論をまとめています。

もう一つは、科学工作です。空中ディスプレイを身近な材料で実現させた作品です。

夏休みに主体的な学びを実現した子たち。市川市の科学作品展の中で審査を経て、県展出品となりました。

9月22日 定期試験を二日間、行いました

朝、生徒に声を掛けました。「今日の試験の準備はいかがですか?」

「ばっちりです」「自信ありません」「朝、明日と思っていた教科が、今日であることに気づきました」「準備がたりません」「あれは大丈夫ですが、これはまずいです」「かなりやばいです」等、様々な反応でした。

試験中の生徒の顔は真剣そのもの。じっと考える横顔は大変いい顔で、ご紹介できないのが残念です。テスト問題が手ごわすぎて途中で意欲がなえてしまう子もいます。声はかけられないので、「がんばって」と念を送ります。

定期テストにむけて計画的に学習を進めてきたことを、ぜひ普段のときにも習慣にして取り組めるようになってほしいと思います。

9月17日 16日に3年生が新校舎建設にむけたワークショップを行いました。

千葉大学の建築関係の大学教授とその研究室の方が来て、6クラスでワークショップを展開しました。テーマは教室です。Q1 机やいす Q2 黒板・ホワイトボード・スクリーン・モニター Q3 ロッカー Q4教室の形 Q5教室の壁や窓・ドア と視点をもち、自分のアイデアを書き込みます。本当はグループで話し合いを予定していましたが、コロナ感染防止対応からプリントを交換しコメントを書き込む方法で意見交流をしました。

普段の学習にはない視点で、日常生活を振り返る機会になりました。

9月15日 中学校英語発表会・定期試験の準備

本日は、市川市中学校英語発表会が行われました。昨年度は中止となりましたが、今年度は新型コロナウイルス感染防止を最大限に実施し、安全に配慮し行いました。本校からは1年生から3年生までで6名の生徒が参加しました。昼食をとるときに引率の長谷川先生から発表に向けての気持ちの持ち方について話がありました。みなさんはしっかりと練習を積んできた生徒ですから、きっと納得のいく発表をしてきただろうと思います。

明日から定期試験5日前になり21日までは諸活動停止となります。今日の6時間目は。学年の教科担当にわからないところを聞きに行く活動が見られました。試験に向けて計画を立てて取り組んでいる生徒たち。日頃の家庭学習においてもその習慣が続いていくようにしたいと思います。

9月14日 生徒会役員選挙 立会演説会及び投票

本日1年生から3年生まで、16名の選挙管理委員会のもと、次期生徒会役員選挙が行われました。

その様子をご紹介します。

校長の話では以下のように話しました。

「今回の生徒会選挙は仕組みや考え方は、世の中の選挙と同じです。

選挙権をもつ全校生徒の皆さんは、学校をよりよくすることを自分の課題としてとらえ、いろいろな面から自分の考えを持ってもらいたい。そして候補者の方の話をよく聞いていただきたい。

また、投票用紙に記入し投票箱にいれる間は、一言も話をしてはいけません。これは本物の選挙会場において守られているルールです。

今日の選挙は、これからの第一中学校をさらによい学校になることにつながっていくと考えています。どうぞよろしくお願いいします。」

そのあと、選挙管理委員長の話、演説会の進め方の説明があり、立候補者と推薦者が立会演説を行いました。ステージには候補者が作ったスローガンが下がっています。スローガンをご紹介します。大切にしようとしていることが表現されています。

会長候補(一中生よ 未知の世界に飛び込め) 会長候補(全員で創る優しさあふれ個性輝く一中)副会長候補(供創~供に創る未来の一中)副会長候補(明るく良い一中を目指し精励恪勤頑張ります)書記候補(人 支えあう気持ち)書記候補(全員の個性あふれる学校へ)会計候補(明朗会計)会計候補(皆が納得できる予算の使い道を考え抜き活気あふれる学校にする)会計監査(笑顔が溢れ皆でつくり上げる新しい学校)会計監査(何事も最後までやり遂げる)

演説の言葉の中に「生徒主体の第一中」「こうすればよかったよりも、こうしてよかったにしたい」という言葉が心に残りました。立会演説会は1学年だけが体育館で十分に距離を取り座りききました。ほかの学年はタブレットを使って映像と音声を教室に送りモニターで聞きました。

選挙は学年ごとに会場を分けました。投票箱、そして投票台は市川市が普段の選挙で使用しているものと同じものです。

本日開票が始まり、新生徒会役員が決まります。

 

 

9月13日 教室のいろいろ

3年生の保健体育の学習です。コロナウイルスにかかわる感染症の学習の一コマ。ウイルス・細菌・中学生の体を大きさを比較します。視覚に訴え、その量感を持たせます。

ウイルスを大型犬としたとき、細菌は15階建てくらいのビル、人間はほぼ地球と同じくらいだそうです。

1年生の国語の学習です。故事成語を学びます。自分が選んだ故事成語について新聞形式でまとめていきます。理解したことを表現していくことで、さらに理解が深まります。

漁夫の利は二者が争っている間に、第三者が利益を独占する話。マンガで表現しています。

タブレット端末の初起動をおこないました。タブレット端末は、学習活動のために使うことが目的です。これから使用するにあたり、学級において約束事を再度確認しました。今後、学習に活用できるように、段階的に進めて行きます。

 

9月7日 千葉大学とコラボ 新校舎建築にむけてのアイデアを出すワークショップ(1学年)

昨日2学年で行われたワークショップの様子をお伝えしましたが、本日は1年生がワークショップを行いました。

 

「教室」「屋外空間」「廊下」「図書室」「理科室」「音楽室」「トイレ」の先進例の写真を見ながら、【つくり】【家具】【見た目】の3つの視点から、新たな校舎のイメージやアイデアを膨らませる内容でした。

 

様々なアイデアを瞬時に思い浮かべて書き出し、仲間の書いたシートを回し見しながら、イメージの共有をしました。≪広さ≫≪清潔感≫≪収納のしやすさ≫≪明るさ≫などがキーワードとして多く出ていました。最後の発表者は班の意見をまとめ、生き生きと未来の校舎への希望を伝えてくれました。進行してくれた学生さんたちも生徒の皆さんが真剣に課題に向き合う姿に、「初めての経験でわからないことが多かったけど、一生懸命準備を進めてきてよかった。」と笑顔で大学に戻っていきました。

9月7日 院内学級の学習を紹介します

火曜日の1時間目は美術の時間。近隣の私立学校の先生が外部講師となり授業をしてくれます。

夏休み明けですが、子供たちは元気そうです。写真と同じ形に紙粘土でしあげ、色付けをしていき本物と同じような作品を作ります。教室の後ろで子供たちの活動を見守っていますと、大変意欲的に活動しています。ある人はチーズケーキ、ある人はイチゴの入ったシュークリーム。ある人はメロンパン。

後ろの生徒が焼き鮭を作っています。本人にお断りし、こちらの写真を掲載します。完成が楽しみです。

9月6日 千葉大学とコラボ 新校舎建築にむけてのアイデアを出すワークショップ

6日が2年生、7日が1年生、16日が3年生とテーマを変えて、各教室に2名の千葉大学の学生が入り新校舎を建てるにあたってのアイデアを考え、そして発表します。今日は2年生の生徒ががんばりました。

考える視点としては、グループ活動をすところ・学習の成果を発表するところ・休み時間をすごすところ の3つが用意されました。ヒントになる写真が教材として用意されていて、「こんなふうであったらいいな」と思うことを言葉にしていきました。担任は大学生の方をサポートし、子供たちの考えが出てくるように支援しました。

・木の感じは、気持ちいいなあ ・丸い机だと話し合いがまとまりやすいかもしれない・キャスターがついていると動かして使いやすい形にできる・天井が高いと風通しがよく気持ちがいい  などの意見をまとめていました。

今回来てくださっている大学生は千葉大学で建築を専門にされている教授の研究室の皆さんです。それぞれの学年のワークショップで生まれた生徒のイメージは整理されて、そのいくつかは実現に向けて考えていく方向と伺っています。

子供たちの様子をみていますと、学校を建て替える、しかも、本当の話だというところから知的興奮が生まれていたように思いました。自分事として、よく考えて取り組んでいました。集中して取り組んでいるときの子供の姿は見事です。

終わった後、生徒に聞いてみますと、「将来のことを考えるのは夢があって楽しかった」「今の学校のつくりに不満があるわけではないけど、圧迫感は感じていた。新しい学校は写真のように変わっていくといいなあと思います。」そんな意見をもらいました。

 

 

9月1日 始業式を行いました。

9月1日。先日メールでご案内しました通り、2学期からは原則、制服で登校をお願いしました。生徒に聞くと、「動きにくいです。」「(体が大きくなるのを見込んでいるので)ぶかぶかです」などの声が聞こえました。

健康観察カードを忘れてしまった生徒は、職員室の後ろで検温と健康観察をしてもらいました。保健室横の通路から校舎内に入るのですが、靴がちゃんと向きを変えてそろっています。明るい気品に満ちた一中生の姿の一つであり、うれしくなります。

9時20分から放送で全校に話をしました。私はオリンピックパラリンピックの話と学校だよりでも書きました新型コロナウイルス対応について話しました。私の次は、生徒指導主任から夏の大会の結果と2学期の生活で気を付けてほしいことを話しました。そのとき学校を回ってみますと、「○○部 ○○さん 準優勝」と説明がありますと自然と拍手が教室でおきます。仲間の咲かせた花を称賛する生徒。素敵な姿です。

最後は生徒会会長が全校生徒のメッセージを送りました。概要はこのような話でした。

「多くの人は、悔しい思いややりきれない思いがあった夏休みであったかもしれません。沈んだ気持ちのままスタートを切ってはいけない。2学期が終わったときに全員が充実した2学期と思えるように、仲間との絆を大切にして日々の生活をしましょう。こんな環境であるからこそ部活動や行事など仲間との時間を大切にしながら、感染対策に気を配り学校全体で協力し充実した2学期にしましょう。」

生徒の心に届くお話でした。

 

 

 

9月1日 9月の美術部の作品

9月1日。美術部の今月の掲示は、お月見がテーマです。

秋の月は、一段ときれいです。十五夜は9月21日。晴れれば満月が見られます。身の回りにある自然の美しさに気づくことは、豊かな心を育てることにつながります。

8月 夏休み 美術部の今月の作品

8月の美術部の学校掲示板の作品は、女の子が浴衣を着て夏を楽しんでいる作品です。花火があがり、夏祭りでしょうかおいしそうなスイカがあります。お盆の茄子でつくる精霊馬、宿題のプリント、夏休みのイメージを一枚に仕上げてくれました。

コロナ禍においてこの夏は花火大会はほぼ全国的に中止となり、同様に地域の夏祭りも中止になっています。それでも夏休みをきっとその子なりに楽しんでくれていると思います。あと10日ほどで学校が始まります。いいスタートがきれるように、早寝早起きの生活のリズムを整えてほしいと思います。

7月20日 終業式

 本日は終業式でした。第一中学校校舎は終業放送で実施しました。院内学級は講堂で通常の対面で行いました。

1学期を振り返りますと、私はなるべく子供の様子を見ようと教室にお邪魔し、様子を見てきました。中学生の力と可能性を感じました。

終業式では、このような話をしました。

「4月からの今日までの世の中のことに目をやりますと、新型コロナウイルス感染症のこと、熱海で起きた土石流のことなど心配なことも多くありますが、明るい希望を感じるニュースもありました。スポーツにかかわる3人の日本人を紹介します。一人目はゴルフの松山英樹選手。4月 男子ゴルフのメジャー大会 マスターズトーナメントで優勝しました。アジア生まれの男子では初の優勝者。4歳からゴルフをはじめ29歳で世界のゴルフ4大大会の一つを取りました。

二人目は 水泳の池江りかこ選手。2019年2月に白血病と診断された池江さんは2020年8月に水泳に復帰。そして2021年4月4日バタフライ100mを57秒77で泳ぎ東京オリンピックのリレーメンバーになりました。

三人目は大リーグ・エンゼルスの大谷翔平選手。ホームラン記録では7月7日にこれまで最高記録であった当時ヤンキースの松井秀喜選手がもつシーズン記録31本を超え32本を打ち、チームを勝利に導きました。

 夢を持ち努力した日々が結果となって表れる。素晴らしいことですね。人間の力ってすごいなあと思います。

目標と持つことや夢や憧れをもつことで、人は変わることができるのです。

 1学期を振り返ってみましょう。自分なりの輝きを放つところ、今後、気を付けて変えていきたいところなど、自分なりの成果と課題を意識し、整理してみましょう。

そして、なりたい自分の姿を持つことをしていきましょう。

 

夏休みの生活について話をします。

まずは健康の話。

体の免疫力をしっかりとはたらかせるには、大切なことが2つあると、先日保健委員会の皆さんが発表してくれました。

一つは好き嫌いをせずにバランスの取れた食事をしよう。

一つは早寝早起きをしてしっかり睡眠をとろう。

睡眠と食事は健康を維持する大切な役目を持っています。気を付けましょう。、

 新型コロナウイルス感染症の感染防止については、学校がお休みになっても十分に気を付けましょう。校長先生は4月30日から毎日、千葉県と京都府、東京都と大阪府の1日の新規感染者数を記録しています。千葉県は8日に初めて200名になりました。次は10日の204名、そのあと14日から19日までの6日間は連続200人越えです。この数からみても、今感染は広がりつつあります。

朝の検温、マスクの着用、帰ったら手洗いうがい、食事をとる前の手洗い、学校があった時のあたりまえを学校がなくても崩さないようにお願いしたいです。

 次は安全の話

命の危険を感じること、それをちょっとの準備で0にしてほしいと思います。

一つは交通事故です。車と接触して意識が戻らなくなったり、最悪は命を落としたりすることが考えられます。危ないのは交差点からの飛び出しです。「もしかしたら、車が来るかもしれない」と考え、一度止まって安全を確認することで、命の危険は0になります。また、皆さんが自転車を出してかなりのスピードを出しているときは、人に怪我をさせてしまう危険があることを十分に理解してください。

二つ目は水難事故です。夏になると必ず水難事故で命を落とすニュースが流れます。水難事故は命にかかわる危険があります。「もしかしたら、おぼれることもあるかもしてない」と考え、ライフジャケットを身に着けることで、命の危険は0に近づきます。

 人のために何かをすることは、学校生活の中ではよくありますね。おうちではどうでしょう。地域ではどうでしょう。学校のある毎日ですと皆さんも忙しくしていますが、夏休みは少し時間のゆとりがあります。おうちのお手伝いは何かできますか。地域をよくすることはなにかできますか。自分の時間を人のために使うことはいかがでしょうか。

 明日から始まる42日間の夏休み。有意義に使って、なりたい自分を見つけましょう。そして、2学期を元気よくスタートしましょう。」

 

7月16日 国府台高等学校図書委員会との交流 ビブリオバトル

16日に国府台高等学校の図書委員の生徒と本校の図書委員会を中心にした生徒が本の紹介ビブリオバトルを行いました。

ビブリオバトルは、5分間でバトラーと呼ばれる発表者がお勧めしたい本を紹介し、その紹介された本の中からどの本が一番読みたくなったのかを投票し、一番投票の多い本「チャンプ本」を選びます。

中学校は4チームが本の紹介をしました。高校生も4つの本の紹介をしました。写真に並んでいるのが紹介された本です。高等学校の生徒の交流は、いずれそうなる中学生にとって貴重な体験となりました。地の利をいかしたこうした取り組みは大変良いと考えます。今後も大切にしたいところです。

 

7月13日 今学期の振り返り。成果と課題を整理する。

本日は、日課変更で4時間目が学活になりました。多くの学年が一学期の振り返りをしていました。学級の様子を振り返ってどうであったか、学年のテーマに対して自分たちはどうであったかを考えて、意見を出し合っていました。こうした集団としての成長を振り返るとともに、所属している自分がどうすることが大切であったかと考えることは、生徒の社会性の伸長につながっていきます。

7月8日 生徒集会 保健委員会の劇発表 「免疫」

本日4時間目に、生徒集会を行いました。全校は体育館には集めれませんので、体育館で実施した映像と音声を各教室に送るライブ配信で行いました。生徒会長から、委員会の発表は榎祭で実施していたことを改め、委員会本来の活動として考え年2回の生徒集会に発表を希望する委員会を募る形に変え、今日は保健委員会が発表すること、もう一つは意見箱とうでいただいた内容について回答することの話がありました。

保健委員会の発表は「免疫」に関することでした。病原体が体内に入ってきたときに打ち勝つ体内のシステムがとのようにしてはたらくかを、司令官のヘルパーT細胞役の男子生徒が司会役になって進みました。それぞれのかかわりある細胞が自己紹介をした後、病原体役の3人(黒いビニール袋に黄色の球体をつけたものを身に着け、赤い矢印⇒をもって登場)をやっつける劇仕立てで発表しました。生徒たちの夢中になってやりきるところが、一中生らしくていいです。

コロナウイルス感染症はウイルスですから体内に入り込む可能性を0にすることは難しいです。しかし、体内でウイルスを増幅させないことはできます。免疫機能が働くように日ごろの生活に気を付けることは、予防の大きな一歩です。

7月1日 7月になりました。学習や生活のまとめと夏休みへの準備を行います。

7月になりました。14日間の7月は登校日があります。学習や生活のまとめを学級では進めています。また、夏休みの生活についても、宿題の説明や時間を大切に使うことなど、教科指導や担任の先生からの話を聞き、準備をしています。

今月の美術部のテーマは、七夕です。

生徒会 ZOOMで壮行会を実施

 本日は5時間目に壮行会を行いました。体育館には、コロナ感染症の感染防止から集まれないので、ZOOMを使い、映像を流す形での壮行会を行いました。コロナ禍であっても、新しい形を創造し、歩みを止めない生徒会に智恵と行動力とに感謝します。

 VTR内容 1開会の言葉 2部活動発表(15団体)3激励の言葉と応援(12学年応援団) 4閉会の言葉

 3年生にとっては、人生の中で2度とこない中三の夏がやってきます。そこには大切な一瞬があります。皆さんが輝くとき、花を咲かせる時がきっとあります。やりぬく志をもち、やりきること。結果とともに心に残る思い出となります。

 12年生の皆さんには各部の伝統を受け継ぐ使命があります。憧れの先輩の姿を目に焼き付け、しっかりと覚えておきましょう。

6月24日 生徒総会 ZOOMを使った新しい形に挑戦

 本日、生徒総会を行いました。新型コロナ感染防止のため、体育館に全校を集められませんので、生徒会はクラスにある大型テレビにZOOMで映像と音声を出し、総会を行うことを計画し、実施しました。素晴らしい行動力です。新しい形です。新しい試みでございましたので、時間が読めないところがあり、下校時刻を大きく変更してしまうことになり、ご心配をおかけしました。申し訳ございません。

 

生徒総会の大まかな内容をお伝えします。

1 生徒会長のあいさつ 2 令和2年度活動報告(本部・委員会・部活動)3 決算報告と承認決議 4 生徒会本部 年間目標と活動計画 5 各学年のスローガン(学年中央委員代表が説明)6 令和3年度活動目標と計画(委員会・部活動) 7 予算案と承認決議 

生徒会役員9人 学年中央委員3人 専門委員長7人 部長15人 議事団4人 合計38名が準備から協力して総会は行われました。本日は、彼らが体育館で報告を行い、その映像を各教室につなぎました。

 ここで、 生徒会長の挨拶を紹介します。「生徒総会では生徒会活動報告、そして今後の活動計画や予算案など様々な議事が行われます。一中の予算がどんなところで使われているのか、委員会や部活動はどんなことをしているのかを知る貴重な機会です。また学校生活をよりよいものにしていくための大切な議事の場でもあります。一人一人が真剣に臨み、しっかりとした意見と意思を持って参加してください。これからの一中を全員でつくりあげていきましょう。」

 一中の自慢の生徒会長です。いい話をします。今年の生徒会の活動目標は、【継往開来(けいおうかいらい)~次世代の一中を~】です。先輩たちから受け継いだものをさらに良くして、次の世代に渡すという思いがあります。生徒の主体性を大切に一緒に取り組んでいきたいと思います。

 

院内学級 千葉 鋸山遠足2021 行ってきました

鋸山遠足2021.院内学級小学生6名と中学生32名が、ドクターや看護師、院内学級の教諭31名とともに鋸山遠足に出発しました。

バスで駐車場まで。大仏広場に到着し昼食。その後山頂エリアまでいき、そのあと下山。駐車場からバスで国府台にもどってきました。私はいけなかったのですが、森下教頭先生がメールと電話で細かく連絡をくれました。生徒は「登山を通して体力、忍耐力、仲間との友情を培い、自然に親しむ」ことを一番の目当てにしていましたが、よく頑張って歩いた子たちでした。今日はきっとよく眠れることでしょう。

6月17日 定期試験 1日目

 本日は、定期試験の1日目です。院内学級も同じように定期試験を行いました。朝、挨拶をした生徒の何人かに「準備はどうですか」と聞きました。「ばっちりです。」「だめです。」「頭の中が、いっぱいです。」などの答えが返ってきました。下校時間に合わせ、交差点で安全確認をしているとき何人かに「テストはどうでしたか」と聞くと、「思ったよりできました」という子もいたり、「校長先生、それは聞かないでください…」という子もいました。生徒には、「明日も、がんばりましょうよ」と言って、さようならをしました。

 1年生は、生まれて初めての定期テストになります。小学校では、担任の先生が授業のまとめとしてテストをしてくれましたから、学習したことを忘れないうちにテストがありました。事前に説明があり、生徒はそれなりに対応していた感じです。また、3年生は、高校受験がありますから、2年生の時よりも熱が入ってきたようです。

 定期試験は、今の自分の学習状況を自己判断し、学習において成果と課題を見つけ、今後の学習にむけて目標を立て取り組むように活用を図っていきたいと考えています。

 

6月14日  校長室前の掲示板に「夢」の作品が登場

校長室前の掲示板に、体育大会の美術部のパフォーマンスで披露した作品を掲示してもらいました。

「夢をもつこと あこがれること それに向かって生きること」

私が勤めた市川市の小学校の校歌の一部ですが、大変気に入っている言葉です。夢は目標となり目標は計画を生みます。計画は挑戦を促し、結果が生まれます。成果があっても課題があっても、夢を持つことから生まれた成長の証がそこにあります。青春の花咲く第一中を実現する夢を私は持っています。そんな志をしっかりと持ち続けたいと思います。

それにしても、立派な字です。立派な作品です。中学校3年生になると、こんなにすばらしい作品が作り出せます。

6月3日 一中生の自慢 =友情=

昨日のこと。朝のごみ拾いをしに桜並木を歩いていると、国府台高校の横を学校に向かって松葉杖をついて歩いている生徒ともう一人の生徒が並んで歩いている。部活の試合でけがをしてしまった。「おはよう。お家から歩いてきたの。」「はい」もう一人の生徒がけがをしている生徒のバックを持ってくれている。「あなたは、この子のお家の近くなの?」「はい」「ありがとうね、いってらっしゃい。」と言って、別れました。困っている人がいるのを知って手助けをする。何気ないことだが簡単なことではないと思いました。

そして今日です。松葉杖をついている生徒が、かばんを背負って筑波聴覚障害校の方から歩いてきました。きっとお家の人に車で送ってもらったのでしょう。校門に向かっていた男子生徒が二人、話しながら進んでいました。左からくるケガをしている生徒に気づくと、自然な動きで、かばんを受け取り、3人で校舎に向かいました。思いやりのある行動がこうしてとれるのは素晴らしいことです。

生徒同士の友情の美しい姿でした。また一つ一中生の良さを見つけました。

6月になりました。

体育大会を終え、それぞれ、やり遂げた感があるようでした。子供たちはいい顔をしています。

今月の掲示板をご紹介します。6月17日18日の定期試験があり、梅雨と勉強を意識した作品になっています。

5月29日 生徒主体の体育大会 

本日、体育大会を実施しました。

コロナ感染症の感染拡大防止の観点から、保護者の参観は3学年の生徒の保護者様とさせていただきました。

本日の様子をお伝えします。

体育委員会が円を描いて集まり、掛け声をかけてから準備を始めました。応援席で出席確認をした後、先生方がグランドの中央に集まり、おそろいのTシャツを子供たちに披露し、掛け声をかけて、それぞれの係りの場所に入りました。いよいよ始まります。

体育委員の号令で、応援席から開会式の隊形に集合。何度も練習してきているので縦横、ほとんど修正がいらない位置で約550名の生徒が整列します。生徒会会長のあいさつでは、「待ちに待った体育大会、大会ができることに感謝しましょう。盛り上げていきましょう。ただそれはふざけるのとは違う。仲間を尊重し、互いを思いやり、全員が笑顔の体育大会となることです。新たな歴史の1ページを刻みましょう。」という話をしてくれました。

開会式の後はストレッチ運動、そのあと、3学年有志による応援団が応援歌を披露しました。団長のあいさつから始まり、手拍子と応援歌を披露しました。

各学年の学級対抗綱引き。天を仰いで力の限りをだす子供たち。必死に綱を引きます。学級の旗を振り応援する担任の先生。掛け声をかける副担の先生。声援を送るクラスの仲間。審判の結果の発表を拍手でたたえるさわやかな感じはとてもいいです。

2学年の学年種目。板の上にのったボールを四人で運びます。中央のコーンを回って前に進み、4人のうち1人が網に入ったボールを頭上で回転させて標的にあてて落としてから、もどる。審判の生徒が正しくボールを運んでいるかを見ています。4人の息が合わないとボールが落ちてしましますから、自然と仲良くなります。待っている仲間からは、「がんばれ がんばれ」「ナイス ナイス」の声が聞こえてきます。

1学年学級対抗リレー こどもたちは力の限り走りました。悔し涙あり、喜びの笑顔あり。

2学年学級対抗リレー バトンをもらったら目が変わる。精一杯に力を発揮しようとする。

3学年種目はリレー方式に障害走。バーをくぐり前転し、かがんで前に進む3つのゾーン。走りは力強く迫力があった。

(お昼休憩)

部活対抗リレー 男子は9つの部活がエントリーし、決勝レースは予選2位までの4チーム。サッカー、男子ハンド 男子テニス 野球。今年の1位はサッカー部でした。女子は吹奏楽 バスケ テニス バトミントン バレー ハンドボールの6つの部活がエントリー。今年の1位は女子バスケット部でした。レース終了後、美術部の夢の文字を書いた作品を先頭に桜並木の保護者に挨拶をしに行きました。

1年生学年種目は台風の目。4人がチームになり、棒をつかんでコーンを回りながら進みます。4人が必ず棒に触っていないと反則になります。内側と外側のスピードの差に気を付けないといけません。チームワークが大切な競技でした。

3学年学級対応リレー。全員が走る。迫力満点。スピードがぐんとあがる。最後まで勝負がわからない熱戦になりました。

ダンスパフォーマンス。紅組はChoo Choo TRAIN、白組は妖怪ウオッチの曲のダンス。どちらも体育委員会のリーダーが練習を考え指導をし、全体の動きを整えました。

女子紅白リレー 男子紅白リレー 今年の1中生の力自慢が集まるレース。見ごたえがあるとともに、バランスをくずし倒れてもバトンをつなごうとする姿に感動しました。

閉会式。ダンスパフォーマンスは今年は白組。総合優勝は紅組でした。

体育委員会委員長のあいさつの中に「リレーとかで離れてしまっても、最後まであきらめないで走る姿、その人を応援してくれる仲間たち。そんな姿に心が動きました。」とありました。委員長の話をしっかり聞く一中生。下を向いている子がほとんどいない。委員長の静かな熱が聞き手にちゃんと届いている。聞き手の姿から委員長も思いを受け取っている。そんな触れ合いを感じました。

すばらしい体育大会でした。生徒が学校全体を動かし、やり遂げた体育大会でした。自慢の子どもたち、先生方です。

 

 

5月19日 体育大会 全体練習1回目

 体育大会の全体練習が本日ありました。体育大会の全体練習は体育委員会がリードして進みます。小学校では教師が丁寧に説明をして子供たちを動かしますが、その指示を、体育委員会委員長が話し、見事に全体を動かします。伝えにくいところは、お手本を見せてまねてもらうように工夫しています。やったことをみてよかったところや気を付けるべきところを示し、次の行動の目標を持つようにします。委員長の説明をサポートするほかの体育委員の動きも見事でした。

 委員長の練習を閉じる話がまた見事でした。おおまかにはこのような話をしてくれました。

「体育委員の話はしっかりきく、静かにきくようにお願いします。移動はきれいにすばやくお願いします。今日はほぼタイムスケジュールどおりにいきました。みんなが気を付けてくれたおかげです。本番に向けて、きれいな姿にしていき、気持ちを一つにしていきましょう。」

 そのほかの体育委員の子たちも、説明をするときに原稿を見ません。全体の動きはきびきびしていて気持ちいいです。

全体の整列も簡単な指示で写真のようにぴたりと決まります。

5月18日 院内学級の学びの紹介 

5月6日7日に新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のために学級閉鎖をした院内学級ですが、子供たちは先生の話をよく聞き、活動に取り組んでいます。

中学校の授業のうち、美術と毛筆と音楽を学校の職員でない方にご協力をお願いしています。

美術と毛筆は、和洋国府台女子中学校高等学校の先生が来て教えてくれます。今日は美術の授業の様子を参観しました。

「もともと絵の上手な人はいません。よく観ること と ゆっくり描くこと この二つが大切です。」と教えてくれていました。ここまで、野草と石を描いてきました。今日は鏡に映る自分の目に挑戦しています。今日はさらに、描こうとするものの仕組みに注目することを教わっていました。目のつくり、眼球の円み、黒目の形、眉毛やまつ毛の生え方や向きなどを例に教わりました。

子供たちは鏡に映る目を見て、よく観てゆっくりと描いていました。集中して取り組み、みんな一生懸命で気持ちのいい時間でした。

5月12日 第一中学校の生徒の自慢

 私は朝、いつものようにぐるっと一回り、学校の近くのごみ拾いした後、学校にもどり、ふと気づくと、倉庫の掃除を二人の男子がしています。

 「ご苦労様です。当番ですか。大変ですね。ありがとう。」と声をかけると、何か言いたそう…

 近寄って話してみると、体育委員の子であるが、特に当番だから掃除をしているのではなく、気になったから始めたそうなのです。私は改めてお礼を言ってその場を去りますが、これは、とてもよい行いであると思います。学校は「いつも健康でよく働き、みんなに奉仕する生徒」をめざす生徒像として掲げていますが、その具体的な姿に出会うことができました。

5月10日 第一中の生徒の自慢

朝、中央委員の皆さんがあいさつ運動をしてくれています。担当の先生も一緒に活動しています。目指す学校像の一つ、「気持ちの良い挨拶が聞こえてくる学校」づくりが行われているのを感じ、ありがたく思います。先生と生徒の触れ合いがあるのもありがたいです。

5月6日 風薫る5月

”さわやかに光あふる国府台”で始まる校歌の2番の出だしのような景色が見られます。新緑がきれいな時期になりました。お日様がきらきらしています。美術部の皆さんが今月はこいのぼりを作ってくれました。作品の月名は、「こうつき」と読み(漢字変換で出てきませんでした)、陰暦の5月の別名です。

 

4月28日 院内学級 江戸川河川敷遠足

今日は院内学級の小学生中学生が一緒に江戸川河川敷の遠足に行きました。

病院内のホールで出発式をして、いざ出発。本日は小学生が6名、中学生が23名、病院のドクターと看護師、そして院内学級職員がおよそ25名でスタートしました。

コースは、院内学級から国府台駅の歩道橋で川岸にいき、江戸川に沿って北に上がります。里見公園を右に見てさらに進みます。柳原排水機場の前の駐車場でトイレ休憩をし、さらに進み、北総線の手前の河川敷におりました。

昼食を食べた後、みんなで遊び始めました。サッカー、バレーボール、ドッチボール等のボール遊び。鬼ごっこ。そりを持参しての草滑り、斜面を利用しての草転がり。わーという歓声、にこにこの笑顔。子供だけでなく大人たちもいい顔で遊んでいます。人と人のつながりは笑顔を生み、幸せを生みます。

4月21日 避難訓練の様子

地震から火災発生、校庭避難の行動をとりました。

写真の様子は、地震が起きた時に揺れがおさまるまでの第一行動です。生徒は真剣に取り組んでいました。

こうした本気の気持ちの訓練は、必ず本当の時に生きてきます。

全体が集まった時には、自助・共助・公助の話をしました。これは、西消防署国府台出張所長の方から事前に教わってきた内容がもととなっています。(現在コロナ禍であることを受け、消防署は講師としてお話しすることができません。)

災害については、自助 共助 公助 の3つの考え方があります。

自助は 自らの命を自らで守ることです。共助は 一緒に助けることです。公助は 国県市などの機関の対応です。

ここでは 自助と共助のことを話します。自助には、火災、地震、風水害に分けて大切なことを話します。

火災 これは煙より早く外に逃げることです。有害なガスを吸うことで脳が正しい判断ができなくなって動けなくなります。

地震 首より上を守ることです。テーブルの下にもぐるなどし、揺れが収まるのを待ちます。

風水害は、近寄らないことです。状況によっては避難所に移動します。

 

次は 共助です。

大きな地震があったとき、家族がいっしょでないときにはどうするか、携帯電話はつながりません。おうちの人と相談をしておくと安心です。

大きな地震があったとき、1中生のお願いしたい共助が三つあります。

一つ目の共助は、おうちの人と一緒にお手伝いをします。

二つ目の共助は、近くのおうちの方の手伝いをします。お年寄りのお住まいであれば、きっと喜ばれます。

三つ目の共助は、土日の学校がないときに、おうちの人に断って、地域の復旧のお手伝いをします。力仕事が復旧には必要です。ものを運んだり、片づけたりするのを、自治会や地域の方と一緒にやります。防災倉庫には小型ポンプが水害対応用に設置されているときがあります。ワイヤーをひいてエンジンを動かすことも中学生ならきっとできます。また、人やものの動きを整理する人の力も必要です。避難所の受付をしたり、支援物資をわけたりすることもきっとできます。

 

このような話をしました。少し長い話になりましたが、生徒はいい姿勢で聞いてくれました。三つ目の共助は、地域を救う力となる可能性があります。子供は地域の宝であるとともに、地域を生かす存在でもあります。

 

 

 

4月19日 学級指導をお願いしました。 歩道の歩き方を考えましょう。

地域の方からの情報提供をもとに、先生方に学級指導をしていただきました。

 

1中生二人と小学生1年生が、狭い歩道で向かい合わせに。そのあとどうなったでしょう。

(1)そうしたときにどうするといいと思いますか

(2)実際は、小学校1年生が車道に降りてすれ違いました

(3)どうしてそうなったと思いますか

(4)気品ある一中生としてどうあるべきか、考える。

こうした流れで学級指導をお願いしました。

3学年の生徒が、このことについてどのように考えたのかを紹介します。

Aさんは具体的な場面をイメージしました。

「自分もそのような場面を見たことがあり、1年生の横を車が通っていき、すごく危険だと思う。中学生の人たちはあまり気にしていない人だと思う。しっかりと周りをみて、自分より力がない人を守らないといけない。入学したての1年生が事故にあってしまい、最悪の場面もあるから、しっかりと気をつけてほしい。」

Bさんは年上として中学生はお手本を示さないといけないと考えています。

「年上としてお手本とならなくてはならないので、しっかり良ければ、その子たちもそれを見て中学生とかになったときに真似していくし、よけなかったらそれを見てよけなくていいんだとなってしまう。」

Cさんは幼い子は守ることを大切にしています。

「一中生としてではなく人として幼い子を危険な車道においやるのはどうかと思う。自分が車道に出るということではないが、幼い子に気を遣わせるのはどうかと思う。」

Dさんは小学生の問題を地域の人に置き換えて考えています。

「自分は周りをよく見て行動できるようにしていきたいと思った。地域の人に迷惑がかからないような登下校をしたいと思った。自分は最高学年なのでそのような現場をみたら注意したい。」

Eさんは、相手の心情を推し量って考えてくれています。

「同じ中学生、同じ学校の身として恥ずかしいです。な自分よりずっと下の年代の子の方が気を遣えているのか疑問です。小学校1年生からしたら中学生は身長もずっと高いしがたいも全く違うのでとても怖いと思います。小学校1年生の気持ちを考え、もう少し配慮してほしいと思いました。」

最後のFさんは、自分の内面を見つめています。

「最近5人くらいで広がっている人をよく見かけます。マナーを守れない人と同じジャージをきているので、一中生はみんなだと思われることが悲しいです。3年生として後輩に注意する立場ではありますが、注意しても聞いてくれない、馬鹿にされるようなことがあるかも…と思うと怖くて注意できない自分もいやで悔しいです。」

 

 丁寧にご指導してくださった担任の先生に感謝するとともに、自分事としてとらえ、自分の考えをもつわが校の生徒を誇りに思います。

 

4月16日 院内学級 避難訓練

 本日、院内学級では避難訓練が行われました。写真の教材を使って、地震の揺れからおきる被害から体を守ることを資料と実際の動きで学ぶ学級指導をしました。(資料の写真は院内学級のものではありません。)

 その後、放送で、地震発生から身を守ることを行い、火災発生から外に避難する動きを練習しました。今日は小中あわせて20名の生徒が先生方の指示にしたがって、約2分で全体が外に避難完了しました。

 挨拶の時間を少しいただいたので、「地震からは身を守るを一番 特に頭を守る」「火事からは煙から逃げるが一番。」を伝えました。よく話を聞く子に育っています。

 

 

 

4月15日 生徒会による新入生歓迎会

本日は、生徒会による新入生歓迎会がありました。

新入生入場の声がかかり、一組から体育館に入場しました。全体がうまく入るように間隔を考えて、生徒会の方が位置を決めて整列をさせました。

生徒会会長からの言葉がありました。

「中学校生活の不安はきっとあるでしょう。仲間と過ごすことで楽しみがあります。一中の良さを知ってほしい。皆さんは一中の仲間。充実した学校生活をしていきましょう。」と、新入生を見ながらにこやかに話されました。原稿を見ないでです。学びたい中学生の姿でした。

 そのあとは、吹奏楽部から最後はハンドボール部が、活動の紹介をしてくれました。ショートコントのように楽しい演出をしたり、実際のプレーを見せてくれたりしました。

 おどろいたのは3年生の部活の発表をした子たちの後片付けの早いこと。そして本日の放課後、生徒会のみんなは今日の反省をしていること。とても立派な生徒です。1年生にとっては目標であり、あこがれとなる姿であったと思います。

 

4月9日(金) 入学式

市川市立第一中学校 入学式と 市川市立第一中学校院内学級の入学式が無事に終わりました。新入生167名を受け入れました。

どちらの入学式でも、おなじ話をしたところがあります。

「桜の花は枝に支えられ、枝は幹に支えられ、幹は根に支えられます。青春の花を咲かす生徒を支えるためには、教職員と保護者の皆さん連携が大切です。」

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

4月7日(水) 着任式 始業式 担任発表 教室移動 令和3年度の始まりです

 生徒がやってきた教室。学校は子供の声がして生きている感じがします。

 令和3年度が始まりました。

 中学校では、式はすべて放送で行いました。院内学級では対面で行いました。

 どちらも、大まかですが、以下のような話をしました。

「2年生は最高学年になりました。中学校生活最後の一年が始まりました。1年生は2年生になり、9日には一年生が入ってきて先輩とよばれることになります。中学校生活の1年は人生の中でとても大切です。今までの自分よりも成長する自分を作る責任があります。校訓の「大成」は、よりよく生きようとする志をもち、将来にむけて豊かな自分をつくることです。その心構えはできているでしょうか。」

「桜の木の成長を、人の人生に例えると、中学生には中学生時代にしか刻めない年輪があり、その時にしか咲かせられない花があるということです。

今年一年、日々の生活を大切にし、自分の中にしっかりと大樹につながる年輪を刻みましょう。そして、青春の花を咲かせましょう。仲間が咲かせた花に気づきましょう。校歌にある若き花々は皆さん一人一人の姿です。」

 

中学校では、私の後に飯高先生が生徒指導の話をしました。その間に、私は校内を回り、廊下からですが子供たちの姿を初めてみました。いい顔をして放送の声を聴いてくれていました。そして教室移動についてもよく働きました。いい姿はたくさん見られ、うれしい限りです。

 

 

改めましておはようございます。(おはようございます)

校門から学校に向けて、桜の並木が美しい第一中学校です。今年で開校74周年を迎えます。たくさんの生徒が、桜に迎え入れられ、新学期をスタートしてきました。

桜の花は、例年よりも少し早く咲きました。見ごろは過ぎましたが、皆さんが学校に来る日を、待っていました。

本日4月7日、令和3年度が始まります。2年生は最高学年になりました。中学校生活最後の一年が始まりました。1年生は2年生になり、9日には一年生が入ってきて先輩とよばれることになります。中学校生活の1年は人生の中でとても大切です。今までの自分よりも成長する自分を作る責任があります。校訓の「大成」は、よりよく生きようとする志をもち、将来にむけて豊かな自分をつくることです。その心構えはできているでしょうか。

桜並木の中に、老木であったのか、折れてしまったのか、かなりの太さの切り株があります。皆さんもご存じのように、切り株には年輪があります。数えられないくらいの年輪。中央の方には、この木が細かったころの年輪が残っているのがわかります。桜の木の成長を、人の人生に例えると、中学生には中学生時代にしか刻めない年輪があり、その時にしか咲かせられない花があるということです。

今年一年、日々の生活を大切にし、自分の中にしっかりと大樹につながる年輪を刻みましょう。そして、青春の花を咲かせましょう。仲間が咲かせた花に気づきましょう。校歌にある若き花々は皆さん一人一人の姿です。

 

以上、令和3年度の一学期始業式の話とします。

 

 

 

 

 

 

4月6日(火) 準備万端です

 春、命の芽吹きを感じます。校門から校舎への道には生徒たちをお迎えする花々が咲いています。新学期を迎える生徒への心配りがあります。

 赴任した日から、朝、近くのごみを拾っています。部活動で登校する生徒たちに「おはようございます」とあいさつをすると、「おはようございます」がかえってきます。私の兄が学区に住んでいて、朝、交差点で立って子どもたちの安全を見守っていますが、一中の子たちのあいさつは上手と言っていました。すてきな子どもたちが育っている第一中学校。

 いよいよ 明日から令和3年度がスタートします。

 

 

 

4月1日(木) 着任のご挨拶

 

第一中学校の生徒の皆さん、保護者の皆さん、地域の皆さん。おはようございます。

令和3年度、市川市立第一中学校の校長となりました石原一幸(いしはら かずゆき)と申します。

校門から桜並木が新しく転入する職員を迎えてくれました。

校訓の「大成」を目指し、取り組んでまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

3月22日 3分咲きの桜がお出迎え

 3月22日(月)に新入生説明会を行いました。丁度、緊急事態宣言が解除となるタイミングとなりましたが、校舎案内は行わずに体育館で中学校の生活や学習について説明をしました。この説明会の目的の一つに、通学路の確認がありました。距離や歩くルートを実感できたことから、4月9日の入学式当日は、安心して登校できることでしょう。

3月17日 1年生保護者会

 3月17日(水)に1年生の保護者会を行いました。緊急事態宣言下ではありましたが、本年度を振り返り、2年生への進級に向けて学校の様子等を情報提供させていただきました。体育館での全体会では、合唱祭を通した生徒の様子、春休みの学習面・生活面、来年に向けての取り組みをお伝えしました。その後、移動して、学級担任からクラスの様子をお伝えしました。

3月12日 卒業証書授与式

 3月12日(金)に卒業証書授与式を行いました。コロナ禍対策として在校生のいない式となりましたが、前日に教室や廊下に掲示した装飾物を通して、心のこもった卒業式となるようにしました。以下が式辞です。

式辞

 栄えある卒業証書を手にした3年生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。皆さんを見ると、9年間の義務教育を立派にやり遂げたという達成感に満ち溢れています。義務教育をやり遂げたという「ひとつのことが大成した」区切りの日を迎えた皆さんに、贈る言葉はもちろん「感謝」です。この1年間は、新型コロナウイルスとの生活となりましたが、すばらしい最上級生としての姿をたくさん見せてくれました。本当にありがとう。

 それでも、丁度1年前は、今日のような晴れやかな気持ちではなかったと思います。およそ3か月におよぶ休校が明けて間もなく、ある決定的な言葉を耳にしました。それは「どうせ、合唱祭はやれないでしょう。」という言葉でした。何事にも前向きな皆さんが、音楽の授業に身が入らなくなるほどの休校明けでした。さらに先の見えない不安や、やり場のない気持ちでいる皆さんに修学旅行や総合体育大会の中止を告げなければいけない状況であっただけに、この言葉を聞いて、ある決意をしました。それは「こんな思いで1年を過ごさせてはいけない」というものでした。

 手始めとして、屋外で行う学校行事の感染リスクが最も低いところに着目しました。そして「3年生の立派な姿を後輩に見せたい」との願いから、市内唯一、全校生徒による体育大会の実施を決めました。実施を決めた途端、皆さんに生き生きとした学校生活がもどってきました。その姿に私たち職員も、勢いづいていったことを覚えています。そして、皆さんの活躍は、榎祭、合唱祭へとつながっていきました。ただ、 例年のように、思う存分なことができなかったことを申し訳ないと思っています。

 この一年を通して、忘れてほしくないことは、「最初からできないと思えば、何もできない」ということです。もちろん、あきらめることが得策の時もありますし、無茶なことは、するべきではありません。物事を進めるには、正確な見通しと、協力してくれる仲間の存在が必要です。今年のように、行事を安全に行うことができたという経験は、将来、皆さんが直面する、難しい局面でも、生かしていけるものだと思います。どんなに難しい状況でも「どうしたらやれるのか」を考えて、乗り越えていってください。

 皆さんは、この一年間でよい成長をしました。同時に在校生の良い目標となってくれました。今さらですが、皆さんの良いところは、とにかく笑顔にあふれていること、そして何事にもまじめに取り組むところです。さらに、励ましの声かけをいつもかけているところが、とても素晴らしいです。これは皆さんの先輩から学んだことであり、この先の一中生に受け継がれていくことです。

 そんな、歴史に残る立派な卒業生である友達とも、しばしのお別れです。今日は大いに別れを惜しみ、明日から一歩一歩、それぞれの道に進んでいってください。あたらためて、みんなありがとう。いつでも希望をもって、何かをやり遂げたといえる人生を送っていってください。

 最後に、ご列席の保護者の皆さんにおかれましては、コロナ禍とはいえ、参観する機会を設けることができず、申し訳なく思っております。私たち職員一同は、7時間授業や消毒作業など、いつも以上の業務を行い、できる範囲で、学ぶ場面を作ってまいりました。それぞれの場面で、皆さんのお子様の力を借りながら、全校生徒を成長させることができたと、誠に勝手ながら思っております。これもひとえに、ご家族の皆様の御理解のたまものであり、感染症対策をしっかりと、していただいた、御協力に尽きるところです。あらためまして感謝申し上げます。数えきれない元気をもらった、皆様のお子様とのお別れは、とても寂しく思いますが、笑顔で、贈り出したいと思います。これまで育てられたことに、敬意を表するとともに、心からお祝いを申し上げます。誠におめでとうございます。

 結びに、本日お集りの皆様が、これからも温かい御声援を、子供たちに、おかけくださるよう、お願いを申し上げて、卒業証書授与式の式辞とさせていただきます。

3月10日  1年合唱祭

 3月10日(水)に1年生の合唱祭を行いました。昨日の2年生に引き続いての発表となりましたが、ソプラノやアルトパートを増やすなどの工夫をして、バランスの良い合唱となりました。どのクラスもよく練習ができており、素晴らしいコンクールとなりました。これは、金賞の3年2クラスの合唱を聞いた成果であってほしいとも思います。

3月10日 予行練習

 3月10日(水)に卒業式の予行練習を行いました。緊張感のある厳粛な雰囲気で練習が進み、後は12日の本番を待つばかりです。今年の卒業式は、マスク着用で在校生はおりませんが、心を込めて卒業を祝いたいと思います。

3月9日 2年生合唱祭

 3月9日(火)に2年生の合唱祭を行いました。1年間の締めくくりとして6クラスの合唱が披露されました。特に開会式では、実行委員による工夫がなされ、コンクール形式の独特な緊張感をほぐすスタートとなりました。今日に向けて練習をしてきた合唱をどのクラスも存分に歌い上げていました。卒業していく3年生に追いつけるようにと、素晴らしい合唱祭となりました。

3月9日 3年生卒業校外学習

8:00  国府台スポーツセンター出発。

10:45 クラス写真を撮り終えて、班別行動になりました。本日は21校が来園しているとのことですが、それほど混雑感はありません。天気も良くなってきました。

 

12:30  班行動を楽しみつつ、昼食の時間。レストランは少し混んでいるようですが、ほぼ予定通りに進行中の様子です。

 

15:30  一日緊急対応等もなく、今からバスに乗り帰ります。 交通渋滞等がなければ17:30に国府台スポーツセンター駐車場に到着の予定です。

 

 

 17:29  全員無事に到着しました。そのまま解散になります。

良い思い出になったでしょうか。

お疲れ様でした。

 

 

 

 

 

 

3月4日 三送会

 3月4日(木)に、3年生を送る会(三送会)を行いました。3年生は、登校をすると廊下と教室に卒業を祝う装飾を目にすることになりました。

 三送会では、実行委員を中心に企画してきた動画を通して、先輩への思いを伝える形となりました。緊急事態宣言が発令・延長されたこともあって、十分な準備活動ができませんでしたが、3年生の感想は「とても楽しかった。」と言っていました。生徒会をはじめとする在校生の皆さんの新たな試みに感謝します。

〇実行委員企画:「イッチューブ」

 あらかじめ3年生にとったアンケートをもとに、カウントダウン形式で思い出に残るシーンが再現されました。

〇思い出のアルバム

 なつかしい写真を通して、3年間を振り返りました。後半は異動された先生方からのメッセージ動画が続きました。

〇1・2年生:ちぎり絵「楓」

 「楓」の曲が流れ、在校生みんなで作ったちぎり絵が物語を紡いでいきました。

3月1日 制服で勢ぞろい

 3月1日(月)3年生は、給食がなくなり、今日から3時間で下校となります。その初日、体育館に制服姿の3年生が集まりました。はじめに学年主任から「卒業式を皆さんの手でつくっていきましょう。」との話がありました。これから、3月12日の卒業に向けた卒業式の練習を通して、3年間をふりかえり、一中を巣立つ気持ちが高まっていくことを望みます。

2月26日 笑顔でいっぱい

 2 月26日(金)に3年生の球技大会が行いました。競技は、サッカー、ドッジボ ール、バレーボール、バスケットボールの4種目です。3年生にとって久しぶりの行事となり、入試に向けて頑張ってきた友達とのひと時を楽しんでいました。

 また一つの行事が終わり、寂しいところですが、3年間の日々を振り返り、新しい環境へのエネルギーとして下さい。

 

2月24日、25日 公立入試・定期テスト

 2月24日(水)、25日(木)に、千葉県公立高等学校入学者選抜が行われました。コロナ禍の入試ということで様々な対応をシミュレーションしておりましたが、受験生や職員側の感染、また会場となる高校の臨時休業もなく、滞りなく終えたことが何よりです。3月5日の発表を待ちたいと思います。

 同日、1・2年生は3学期の定期テストでした。問題用紙を前にして奮闘する姿がどの教室でも見られました。

 

2月16日 筑波大学附属特別支援学校との交流

 2月16日(火)、筑波大学附属聴覚特別支援学校に一中生の作品を展示させていただきました。例年ならば、合唱祭の見学、榎際での作品展示、生徒会の交流などをしてきましたが、今年はコロナ禍でこの日まで、連携がとれていませんでした。無理を言って、家庭科の「幼児用布おもちゃ」4点、院内学級生の美術作品16点と書写4点を中学部棟多目的室に置かせてもらいました。作品から何かを感じとっていただければ幸いです。

 なお、院内学級の書写と美術は、和洋国府台中学校の先生2名に隔週でご指導いただいて仕上げた作品です。このように一中は、他校にない教育環境を通した学びを進めています。

2月15日 国府台高校生に感謝

 2月 15 日(月)は、桜並木が一時冠水するほどの大雨でした。この日の下校時に風で傘が壊れた一中生を見て、傘を差し出してくれた国府台高校生がいました。その一中生は、濡れることなく、帰宅することができたため、感謝の気持ちを伝えたいと申し出てくれました。4人組で国府台駅方面に帰宅する男子学生であることしか情報がありませんでしたが、高校側に伝えたところ、傘をお返しするとともに、感謝の意を伝えることができました。

 一中生と国府台高校生の間で、このような良い関係が続くことを望んでいます。

 

2月12日 3年定期テスト

 2月12日(金)に3年生の定期テストを行いました。3年生にとっては中学生活最後の定期テストで、私立と公立入試との間での実施となりました。1・2年生の定期テストは公立入試日の2/24、2/25です。毎日着実に積み重ねていって下さい。

2月12日 自主活動支援はじまる

 2月12日(火)から自主活動支援に参加できるようになりました。これは、2月9日に公表された市川市教育委員会の「新たな学校生活スタイルガイドライン」(改訂版)を受けて、子供たちの体力維持向上の重要性から「自主活動支援」を行うものです。部活動単位ではありますが、部活動の解除ではありません。感染拡大防止のために制限をもうけて行いますので、1・2年生の皆さんは「どのような思いで活動ができるようになったのか」を、また「どのように参加すべきなのか」を考えて、健康を保つための活動してください。

2月5日 咲きました

 2月5日(金)に図書室の胡蝶蘭が咲き始めました。図書館員の荻原さんが1年間、毎週金曜日にたっぷり水をあげて育ててきました。この鉢は、小ぶりの花を咲かせる種類で早くも1輪の花びらが開き、つぼみもたくさんついています。3年生の卒業をお祝いしようと頑張っていることでしょう。大ぶりの鉢は、今、せっせと花芽を伸ばしています。その様子も見に来てください。

 よいニュースとして、用務主任の迎さんが校門のプレートを金色に塗ってくれました。このように少しずつではありますが、環境整備を進めてまいります。

2月3日 3年フラワーロード

 2月3日(水)に「3年生のフラワーロードが完成したので見に来てください。」との案内が3年生からありました。行ってみると2棟1階の各ベランダ先に素敵な花だんができていました。話を聞くと掃除の時間に少しずつ整備してきたとのことです。卒業式まで40日あまりとなりました。日を追うごとに生長していく草花を眺めながら一中での生活を過ごしていってください。

2月1日 新入生保護者説明会

 2月1日(月)に新入生保護者説明会を行いました。緊急事態宣言下ではありましたが、感染症対策を行って実施しました。当日は、校舎見学や部活動の様子をお見せすることができませんでしたが、本校の特色、中学校生活、健康管理、集金・アレルギー調査、スマイルプラン、緊急連絡の方法、教育課程、新入生説明会(3/22予定)、入学式の案内(4/9予定)、PTAからの連絡をお伝えしました。

 なお、コロナ禍で先が見通せない状況です。学校ホームページにて情報を発信しておりますのでご覧ください。

2月1日 2月といえば

 2月1日(月)、桜並木に2月をテーマにした作品がお目見えしました。この掲示物は、美術部が毎月制作しているもので、今月は1年生部員の合作となりました。ご覧の通り、緊急事態宣言下で部活動ができないため、各自持ち帰っての制作となりました。2月にちなんだ「節分」「雪だるま」「バレンタインデー」「恵方巻」などが描かれています。それぞれの絵に物語がありますので、一度、足を止めてご覧ください。

1月26日 本校体育館(院内学級)

 1月26日(火)5時間目に院内学級の体育を本校の体育館で行いました。これもコロナ禍の影響であり、よく利用している国府台スポーツセンター体育館が緊急事態宣言発令後に利用できなくなったからです。この日は、長縄を2グループに分かれて飛ぶ授業でした。マスクを着用して、息を合わせて、何度もトライしていました。院内学級の新校舎にも冷暖房完備の体育館がありますが、これからも一回り大きい本校の体育館を遠慮なく使ってください。

1月25日 追加感染対策

 1月から準備をしてきた緊急事態宣言下の追加感染対策がほぼ整いました。

 PTAのご厚意で空気清浄器と濡れタオルを全学級に配置し、新しい温度・湿度計を再配置しました。また、用務員さん・家庭科の職員がミシン掛けをしたカーテンを換気扇の真下に設置しました。これで晴れた日に教室のカーテンが換気扇をふさぐことがなくなり、換気能力が保たれるようになりました。昼休みのマスク着用で十分な運動ができない状況ではありますが、緊急事態宣言が解除になるまで制約のある学校生活をお願いします。

1月19日 県内私立入試終わる

 1月19日(火)に主な県内私立高校入試が無事に終わりましたことをお知らせします。新型コロナウイルスの感染拡大が高止まりしている状況ではありますが、1/22からの都内を中心とする私立高校入試、2/24からの県内公立高校入試に向けて、校内の感染対策を強化してまいりますので、ご家庭でも引き続き感染防止をしていただき、3年生への応援をお願いいたします。3年生の皆さん、安心して自分の持てる力を発揮してください。

1月13日 高校生からの贈り物

 1月13日(水)にブロック校長会が一中であり、国府台高校の校長先生から書道部作のカレンダーを頂きました。例年、一中ブロックの小中学校に掲示しているものですが、干支の「丑(うし)」の文字が書かれています。5つの字体も楽しめますが、篆刻印(てんこくいん)の違いも見どころです。保健室前に掲示しています。国府台高校の書道部の皆さんありがとうございました。

1月7日 校内放送(帰りの会)

 1月7日(木)緊急事態宣言への対応について帰りの会で生徒に伝えた内容です。

 帰りの会でプリントを配りました。皆さんもよく読んでお家の人に渡してください。

 昨日、県内の感染者が初の300人を超えました。新型コロナウイルスの感染拡大が進む中、夕方にも千葉県を含む1都3県に2度目の緊急事態宣言が出される予定です。このような状況を踏まえて、明日から活動の一部を制限します。十分に理解をして生活してください。

 まずは、授業ですが、時間割通りの授業を行い、下校となります。よって大会のない部活動や行事の準備などの放課後の活動は原則行いません。ただ、必要に応じて活動する場合は、効率よく進めるようにしてください。このあと各部活動の部長さんは顧問の先生の指示を仰いでください。また、授業の受け方についての変更点は、担当の先生を通して伝えますので、いずれの場合も、自分でよく考えて生活するようにしてください。

 このように活動を制限することの意味を重く受け止めてください。気持ちを一つにして、新型コロナウイルスと闘っている医療関係の皆さんを助けていきましょう。 

 今から、大声は謹んでください。登下校はもちろん、運動中もマスクの着用が必要です。簡単に言うと、マスクを外して良いのは、食事をする時とまわりに誰もいない時だけでお願いします。普通教室の換気扇が回っていないときは、気づいた人が回すようにしてください。

 結びに、今までにたくさんの感染対策を経験してきました。マスクをしていても感染をしている事例もあります。「このくらいは大丈夫」という気持ちが一番判断を誤らせます。緊急事態宣言が解除になるまで様々な制限はありますが、一日一日を大切にして、生活していきましょう。

1月5日 始業放送

 1月5日(火)に3学期始業式を校内放送で行いました。以下が話した内容を要約したものです。

 新年、明けましておめでとうございます。例年とは違う年末年始ではなかったかと思います。さらに今日から3学期となりますが、今週中にも緊急事態宣言が出される状況です。感染力の強いウイルスの拡大はとても心配です。校内生活はもちろんのこと、下校後も、「感染しない、感染させない」ように対策をお願いします。マスクの着用は最低限の拡大防止策です。不要不急の外出を控えとともに、体調に違和感がある場合は、1日か2日の間、自宅で様子を見るようにしてください。

 心配は尽きませんので、「良いことや、うれしくなることを探していきましょう。」と、昨年末に話をしました。この放送でも、昨年に起きたうれしいことをもう一つだけ紹介します。それは新型コロナウイルスの報道の陰にすっかり隠れてしまいましたが、丁度1か月前に「はやぶさ2」のサンプルコンテナが回収されたという世界的な偉業のニュースです。ミッションの成功直後、プロジェクトリーダーの津田雄一さんによると、この成功の秘訣は「事前に何度もひどいトラブルを想定し、訓練を積み重ねたこと」をあげていました。やはり、失敗は成功のもとであり、コツコツと練習する大切さを学ぶことができます。

 さらに津田さんは、「なによりも大きいのは600人近くいるプロジェクトメンバーのチームワークです。」と語っています。「メンバーの仕事はそれぞれ異なり、意見が違うことがあっても、意思疎通をしっかりと行いました。」と言っています。ひとつの方向にまとめていくために、自分の考えを出していくことの大切さも学びとれます。そして「みんな同じ目標をもって取り組んできたこと」を成功の秘訣と話しています。コンテナが回収されたときの管制室内のメンバーが肘でタッチをした光景が目に浮かびます。

 まさにミッションが成功し、ひとつの目標が大成(たいせい)した瞬間を、関わった多くの人がよろこんだことでしょう。10日後、小惑星Ryugu(リュウグウ)のサンプルは、約5.4グラムであるとの報道がありました。1円玉5枚半の重さですね。分析が進んでも生命の起源解明に至るには、しばらく時間がかかるでしょうから、このような仕事に将来、皆さんが関われるととても良いと思います。

 海外からも注目される大成功ではありますが、プロジェクトリーダーの津田さんは、「ようやくスタートに立てた。」と語り、どこまで前向きなのかと思いますが、「はやぶさ2」は、今、片道11年の次のミッションに向かっています。このミッションが大成することを応援していきましょう。

 結びに3学期はあっという間です。ひとりひとりの目標を達成し、ひとつのことが大成できた(やり遂げた)と実感できるよう、3学期も共に学び、創造し、行動していってください。

上:美術部による今月の掲示

12月25日 終業放送

 12月25日(金)に終業式を校内放送で行いました。以下が話した内容を要約したものです。

 

 みなさんおはようございます。この1年は、コロナにはじまり、コロナに終わってしまいました。暗いニュースばかりでしたので、この時間は2学期に嬉しかったことを探してみましょう!

私の中での第1位は、みんな元気に生活できたことです。

 新型コロナウイルスの感染がひどい状況にならなくて何よりです。ただ、最近、海外で感染拡大している変異ウイルスは、皆さんのような子供たちにも感染しやすいとの報道があります。冬休みの期間中も、十分に気をつけて生活をしてください。

〇2つめに嬉しかったことは、様々な行事ができたことです。

 特に3年生の活躍は目覚ましいものがりました。3年生もお互いの良い面に気づいたことでしょう。また、1・2年生も先輩からたくさんのことを学ぶことができたことでしょう。共によく学ぶことができました。

 今年の行事は、規模や期間を縮小しました。その結果、動画の撮影など新しい発表を取り入れました。きっと様々な工夫をしたことでしょうから、創造ができ、自分で考えて行動することもできました。先生方も遅くまで準備をがんばりました。このようにコロナ禍でも充実した活動ができたことを嬉しく思います。

〇3つ目は、3年生と面接ができたことです。

 特に将来が描けている3年生が多いことをうれしく思います。3年生になると自分の良いところや、興味があることがしっかり答えられていました。1.2年生もいろいろなことに挑戦して、自分自身の得意なことを見つけていってください。

 嬉しいことはまだまだありますが、切りがないので・・・。

〇最後にもう一つ

 朝、落ち葉を掃いていたら「ありがとうございます!」とたくさんの皆さんが声をかけてくれたことです。「おはようございます!」と言ってくれる中で、多くの生徒から感謝の言葉がありました。とても嬉しかったし、俄然、やる気が出てきました。感謝の言葉かけをしてくれるクラスメイトが、きっとどのクラスにもいると思います。暗い世の中だからこそ「ありがとう」の輪を広げていきましょう。「ありがとう」という言葉には、人を勇気づける力があります。学校だけではなくどんどん広げていきましょう。

 結びに、一年の計は元旦にありといいます。計というのは計画です。新しい年を迎えるとき、気持ちも新たになります。自分の生活を仕切りなおす良い機会です。一年間かけて目指す目標を立てて、令和3年を迎えてください。

12月22日 中高連携(3)

 12月22日(火)に、かねてから作成していたクリスマスカードを地域の方にお渡ししました。今年はコロナ禍を考慮して、国府台高校と一中の生徒会長が代表する形で行いました。両校のクリスマスカードを地域の代表の方を通じて、より多くのご高齢者の方に届けていただけるようにお願いしました。

 例年にない年の瀬ではありますが、子供たちの思いが届くことを望みます。

12月21日 保護者会

 12月21日(月)に1年生、22日(火)に2年生の保護者会を開催しました。全体会では2学期後半の様子を、学級懇談会でさらに学級の様子をお伝えしました。(学年だより等を参照)

 私からは、次年度から完全実施となる新学習指導要領改訂の一つである「主体的に学習に取り組む態度」の育成について、ご家庭でも意識していただけるように話をしました。授業で学んだことが生活をより楽しく、より豊かにする態度へとつながるような声かけとして、お子さんに対してダメ出しの反対の意味を持つ「良い出し」をすること、お子さんに「優れた点に気づかせる」ようにすることをお願いしました。

12月17日 中高連携(2)

 12月17日(木)に国府台高校の図書委員と一中の図書委員とで「合同ビブリオバトル」が開催されました。ビブリオバトルとは、みんなで集まって5分間でお気に入りの本を紹介し、読みたくなった本(=チャンプ本)を投票で決定するものです。チャンプ本になるには、その本の持つ魅力も重要ですが、紹介者のプレゼンテーション力が大きく結果に反映されます。一中生のプレゼンもとてもよくできており、高校生のプレゼンに対する質疑応答も積極的でした。短い時間ではありましたが、高校生の見方や考え方を学ぶ良い機会となりました。

◎国府台高校の校長先生のあいさつで始まりました。

◎一中バドラー3チームがよく練られたプレゼンを披露しました。

◎高校生の質問にも適切に答えていきました。

◎高校生バドラーにチャンプ本を絞り込むための質問をし、高校生の見方をさらに聞き出しました。

 このように一中は、学力の向上を目指して、県立国府台高校との連携を続けてまいります。

国府台高校のページ

12月17日 3年命の学習

 12月17日(木)に3年生を対象に「命の学習」を行いました。講師は、昨年に引き続き、 千葉県助産師会の小路さんにお願いしました。2年生の時に学んだ「第二次性徴」に引き継いで、この学習では「出産」ついて知り、異性とのあるべき姿や思いやる気持ちについて教えていただきました。このような人間性をより高める学びもとても大切です。3年生にとって正しく「命」や「性」について考える良い機会としていきましょう。

12月16日 おもちつき(院内学級)

 12月16日(水)に院内学級でお餅をつきました。お昼前から院内学級の児童生徒、ドクター、病棟スタッフ、学校職員で準備をはじめ、グループごとに活動をし、火おこし、もち米を炊き、もちつき、餅花づくりと進んでいきました。

 今年は、新しい生活様式での実施となりました。つき上げたお餅は、すべて鏡餅と餅花にし、別に用意した3種類のお餅を楽しく食べました。マスクの着用や、杵(きね)を毎回消毒しながらの餅つきとなりましたが、杵を勢いよく振り下ろしては、拍手が鳴り響く、心温まる時間となりました。

 コロナ禍がいち早く収束し、このような笑顔にあふれた行事がたくさんできる世の中になることを切に願います。

12月15日 メリークリスマス

 一中では、地域の高齢者の方に、毎年、クリスマスカードのプレゼントをしています。2週間に渡るカード作成期間が終わり、今年もたくさんの参加者によるボランティア活動となりました。数日後には、一中生の心のこもったカードをお届けできそうです。

 例年ならば、放課後の第二図書室が作業会場となって「ごった返す状況」になるところですが、今年は自宅での作成に変更しました。写真は、提出の際、数点のアイテムを使って仕上げているところです。

 この取組は、中高連携の一つの活動でもあり、国府台高校の生徒さんが作成したクリスマスカードとともに自治会代表者に手渡し、ご高齢のご家庭に届く予定です。

12月7日 すっきり

 12月7日(月)に桜並木の剪定(せんてい)がはじまりました。この作業は、隣の東京医科歯科大学の排水溝設置工事に伴って、一中側から張り出した枝葉を整理する目的で行われました。対象の樹木が多いため予定の1日では終わりませんでした。

 樹木は、定期的に剪定すると風通しが良くなり、病気にかかりにくく、養分を効率よく利用して生長していきます。要は、何もしなければ、やすらいで毎日を過ごすことができますが、その後何もしなければ、いずれ元気がなくなるということです。このことから皆さんは何を学びますか。

12月1日 中高連携(1)

 12月1日(火)に国府台高等学校との連携活動を行いました。これは国府台高等学校の開かれた学校づくり委員会・ミニ集会に一中生が参加した形で継続的に行われています。第一弾として行った活動が「地域清掃」です。「国府台高校と一中の生徒が協力して、地域のために何かしよう。」というねらいで行っているものです。今年は生徒と職員が、高校側110名、一中側240名が9つのブロックに分かれて参加し、院内学級の生徒も病院内の清掃活動を行いました。

出発前の国府台高校生(左) 一中生と国府台高校生との協働作業(右以下)

 地域清掃と並行して行われたミニ集会には、一中生徒会が参加しました。テーマは、「国府台高校と地域で互いに何ができるか。どのようなことを望むか」として、それぞれの立場で意見を出し、話し合いました。話し合いを通して一中生徒会として地域活動を広げるとても良い機会となりました。

国府台高校HPの記事へ

 第二弾は、12/17にビブリオバトルを行い、第三弾として、ご高齢の方へのクリスマスカードプレゼントを計画しています。このように国府台高校と第一中学校とで連携しながら、学力の向上と豊かな心を育ててまいります。

11月30日 第3回学校運営協議会

 11月30日(月)に、第3回学校運営協議会を行いました。委員の皆さんには、生徒の様子として4時間目の授業を案内し、給食を食べていただきました。

以下、協議会の内容です。

  1. 校長挨拶
  2. 午前中の授業参観の感想
  3. 教職員の任用に関して
  4. その他

【授業の感想】(抜粋)

委員:朝の昇降口で健康観察をするなどコロナ禍に対応して大変であることがわかる。

校長:2年生教室の換気扇工事が終わり、今日から今までのサーキュレーターとともに稼働させていきます。

委員:教室が狭いように感じた。生徒数は決められているのか。

校長:耐震性を高めるために柱を入れた教室もありますが、皆さんが中学生であった頃と同じ広さです。しかも皆さんの頃は「45人学級」でしたので、今は10名も少ない状況です。ただ、今年は教室いっぱいに広がって机の距離をとっているのでより狭く見えたのかもしれません。

委員:教室のテレビで動画を流したり、手元を大きく写して授業を進めていた。映されたものは、先生方が作ったものか。

校長:はい、インターネットなどの素材を組み合わせて各職員がつくっています。

委員:教材が提示されてはノートやプリントに書き込んでいた。このような授業スタイルに変わってきているのか。

校長:コロナ禍の対応として効率良く授業を進めています。それでもしっかりと考える時間を生み出せるようにノートに書く時間などを工夫しています。一人一台のタブレットがそろい次第、ICTを使った授業を増やしていきたいと考えています。

委員:給食の量が少ないのではないのか。

校長:教室では、もう少し多めに配膳しています。

委員:コロナ禍で、今日のような授業をしていることに驚いた。先生方のご苦労がよくわかった。

校長:ありがとうございます。

 

【教職員の任用について】(抜粋)

 教職員の任用について説明をし、一中の課題についてご理解をいただきました。協議の末、協議会として「学級数の増減に伴う、教職員の適切な任用」となるよう要望することでまとまりました。