ブログ

生徒の様子

9月16日 3年学習相談

 9月16日(水)、明日から2日間の日程で本年度はじめてとなる定期テストを行います。学校を再開して、はや3ヵ月半が経ちました。このテストを通して学習の状況を確認してください。

 3年生は、7時間目に学習相談を行いました。教科書やノートを手に教科担任の先生の前には、長い行列ができていました。計画的にテストの勉強をしてきたことでしょうから、今晩はグッスリ寝て、頭をスッキリさせて明日にのぞみましょう。

9月15日 1年学年集会

 9月15日(火)に1年生の学年集会が行われました。主な内容は、11月に予定している校外学習です。すでに学年集会を終えている2年生は、10月末に先陣を切って校外で学習活動を行うために事前学習をはじめています。事前事後の学習を通して訪れた地域の皆さんの生活を身近に感じてほしいと思います。

 校内だけでは学べないことを実体験し「共に学び」、加えて今年はコロナ禍でどのようにしたら安全に学習ができるのかをよく考え「想像し、行動する」ことになります。実施については今後の感染状況によりますが、同級生や学級、学年のよいところも発見できる校外学習にしていきましょう。

 

9月11日 まもなく引っ越し

 9月11日(金)に院内学級の引っ越しについて打ち合わせを行いました。完成した校舎にはじめて入りましたので、今日は1枚だけですが校舎内の様子をお見せします。ほかの施設は、入ってからのお楽しみにしてください。

9月8日 生徒会役員選挙

 9月8日(火)に生徒会役員選挙を行いました。およそ一週間の選挙運動を経て、本日の放送演説会では、全校生徒に向けて立候補者による立候補までの経緯や当選後の抱負が語られました。さらに推薦責任者による思いのこもった応援演説がありました。実際に使われている投票箱・記入台を使うのは1年生ははじめてでしょうか。その後、開票が行われ、立候補者の当選が決まりました。新しい生徒会のみなさん。一中をよろしくお願いいたします。

9月5日 体育大会

14:00 閉会式

13:35 紅白対抗リレー

13:20 ダンスパフォーマンス

 

12:30 部活対抗リレー部長が一言

11:15 3年学級対抗リレー

10:55 2年学級対抗リレー

10:40 1年学級対抗リレー

10:35 までの休憩中の榎の会の皆さん

10:16 3年私をゴールに連れって

9:52 2年お題リレー

9:40 1年綱引順位決め

8:53 3年綱引

8:30 開会式

9月2日 体育大会予行練習

 9月2日(水)に体育大会予行練習を行いました。体育委員による進行で開会式を実際に行い、対戦回数を抑えて競技がはじまりました。出発・審判・用具・得点・放送などの各係が本番さながらに活動し、分担された役割を確認しました。午後の係打ち合わせで振り返り、5日の本番を迎えます。1年生にとってはじめての学校行事であり、一中の特色である「生徒の手による学校行事」であること、また2・3年生の動き方や行事に向かう気持ちを傍らで体感してほしいと思います。

 適時、通常のうがい・手洗い・ソーシャルディスタンスに関するアナウンスが体育委員からあり、生徒がよく協力していました。声援にかえて拍手で応援する、入場で門で待機しないなど、コロナ禍で感染リスクを軽減した体育大会を目指しています。

 また、今年は夏季の実施がやむを得なかったこともあり、クラス1つのテントを立て、休憩と水分補給を促す体育委員のアナウンスで予行練習が進んでいきました。

 なお、個人情報保護の観点から、Youtubeでは、限定公開に加えて下記のアングルによる固定カメラのライブ配信となりますことをご理解ください。↓

 当日の電波や回線の状況によって配信できない場合があることをあらかじめご理解ください。その場合は救済として動画を撮りためておくことを申し添えます。

 

9月1日 選挙運動

 9月1日(火)登校時から生徒会役員の選挙運動が始まりました。生徒会役員選挙は、9月8日の全校生徒の投票を経て、会長をはじめとする9つの役職が決まります。今年も一中をよりよくするための公約を掲げている1・2年生が立候補しています。来週にかけて推薦者とともに考えをしっかりアピールして当選をめざしてください。

8月25日 学年練習開始

 8月25日(火)から体育大会の学年練習がはじまりました。1・2時間目が2年生、3・4時間目が3年生の学年練習でした。両学年ともに一中の特色である「生徒主体」の練習となりました。体育委員にとっても今日が初めての進行であり、今日までよく準備をしてくれました。そのリーダーシップを十分に発揮してください。

 今年は、感染症に加えて熱中症対策に留意してまいります。日かげの利用、こまめな休憩と水分補給、水の散布を行っています。種目を減らしたことで練習時間の短縮と、運動量も抑えているところです。

 まだまだ暑い日が続きますが、心地よい睡眠と十分な食事に加えて、このような有酸素運動を行って、新型コロナウイルスの第2波、第3波に打ち勝つための免疫力をアップさせてほしいと思います。

8月22日 除草作業

 8月22日(土) に除草作業をしていただきました。えのきの会のリーダーシップのもと、PTAの皆さんで手作業でないとできないサッカーゴール付近の草がきれいに刈り取られました。薄曇りでしたので若干のしのぎやすさがありましたが、途中からの日差しは厳しいものがありました。30名の総力はすさまじくて体育館うらも除草していただきました。体育大会の通路となる場所でしたので、安全に通れるようになりました。参加いただいた皆さんに感謝いたします。

除草作業は無事に終了しました。ご協力ありがとうございました。

8月19日 避難訓練

 8月19日(水)6時間目に避難訓練を行いました。今日は気温が高いため、避難経路を実際に避難したところで教室にもどり、校内放送で講評を行いました。

 

【避難訓練の講評】

 避難に要した時間は4分45秒でした。目標時間はクリアできていましたので、参加態度については自己評価をしてください。学校にいる間に皆さんを避難させなければならない場合があります。地震・火災の他にも、台風や不審者の侵入、ミサイルの発射など様々です。避難するにあたって大切ことは、自分の命は自分で守るということです。そのためには落ち着いて行動することが最も大切です。そのために今日の訓練がありました。

  2年生3年生には去年も話しましたが、10年前の3月11日。私は教頭として一中にいました。14時46分からおくれること数分後、一中にも大きな揺れがありました。震度5強の大きい揺れでした。先生になって初の一次避難を告げる校内放送を職員室から入れました。そして机に身を隠していた生徒・職員に2次避難の放送を入れ、先ほど皆さんがいた校庭に避難させました。

 その後、停電はないか、断水はしていないか、ガス漏れはないかと校内を確認しているときに、テレビで東北地方が津波で襲われていることを知りました。校庭にもどると和洋大学の方向に黒い大きなキノコ雲が見えました。市川駅の近くで火災でも起きているかと思いましたが、はるか遠くの市原市の石油コンビナートの大火災であることは後で知りました。学区を見回りにいった先生からの報告から、信号機も作動しており、家屋の倒壊や下水道も大丈夫そうなので、近くの小学校に連絡して、下校をさせようと生徒を教室にもどしました。帰り支度をしている様子を中庭の池のわきから、見上げていたそのとき、2回目の大きな揺れがありました。最初の避難から30分後のことです。今でも教室から聞こえてきた悲鳴をよく覚えています。あとでわかったこととして、校舎をつなぐ渡廊下の金属板が、けたたましく落下した音に恐怖を感じたとのことです。渡り廊下と教室のある校舎とは、隙間としては3センチぐらい開いています。それぞれが独立しているため、一度に建物が壊れないつくりになっていることを知っておいてください。

 下校後、電話はつながりにくくなっており、全生徒の帰宅を確認ができたのはその夜の11時でした。最後までつながらなかった生徒は、近くの親戚の家に避難していたため担任の先生も11時の退勤となりました。どんな自然災害でも学校は皆さんの安全確認を必ずします。停電や家が壊れた場合は結構ですが、学校から連絡がつかない場所にいるときは、学校が連絡をとろうとしていることを意識して安全に避難をしていてください。3.11では、院内学級の生徒の引き渡しが終了したのが深夜の2時でした。電車はすべて止まっていたため、学校の自転車で4時ごろに自宅に帰りましたが、道は帰宅を目指す車で大渋滞でした。

 

最後に、2点についてよくよく覚えておいてください。

学校の緊急連絡先などは、学校だより(HPにアップ済)に書いてあるので災害のときは思い出してください。

震度5弱以上の場合は、保護者の方に引き渡すために学校待機となります。全校生徒1食分の備蓄を駆使して、保護者の到着を待ちます。今日にでも「震度5弱以上」、「1食分の備蓄」、「保護者への引き渡し」の3点を伝えてください。

 大切なことは、自分の命は自分で守るということです。そのためには落ち着いて行動することが最も大切です。今日の訓練をよい機会として、学校や自宅などで災害に遭遇したときに気をつけることは何か、災害に備えてできることは何か、災害時に地域を支えるためにできることは何かを、皆さん一人一人がよく考えてください。

8月18日 美術部から皆さんへ

 8月18日(火)に校門の掲示板に美術部の作品が掲示されました。休校前の2月に掲示してから、5か月ぶりとなります。月日の流れるのは早いものです。テーマは「Do what you love in this summer」で「この夏にしたいと思うことをしなさい。」という意味になります。ひまわりと南国のリゾート地が鮮やかに描写されています。例年になく、8月から学校がはじまりました。猛暑に加えてコロナ禍ではありますが、充実した夏にしていきましょう。

8月18日 始業放送

 8月18日(火)から2学期後半がスタートしました。久しぶりに全校生徒の声が聴かれました。以下が始業放送のに内容です。

 

 校長の林です。17日間の夏休みはどうでしたか。もちろん短い夏休みとみんなも感じていることでしょう。振り返れば、こうしておけば良かったとか、あることができて充実したなど、感想はいろいろであると思います。一日は24時間。時間や日数は減ることはあっても、決して増えることがないことから実は尊いものです。

 今日の話は、2学期後半のスタートとして一日の大切さについてです。この話をするのは、2学期後半も益々猛威を振るう新型コロナウイルス禍をともに生きる友達と一日一日を大事にしながら充実した毎日を過ごしてほしいと思うからです。一日を大切にする秘訣とまではいきませんが2つのことを心掛けてみてはいかがでしょうか。

 1つ目が、「先送りをしない」ことです。夏休み中の皆さんも「明日やればいいや」とか「勉強はテスト前にするから今はしない」など、先送りにすることがあったと思います。無理をする必要は全くありませんが、体調に問題がなければ、先送りにせず、少しずつでもできることに取り組むことが大切であり、取り組むことでその日がより充実することでしょう。

 一日を大事にするための2つ目の秘訣は、「ポジティブに考える」ことです。人にはできることとできないことがあります。ただ行う前から「できないと考える」と心が沈みがちです。「できる!」「頑張ろう!」と思うだけでも内面からエネルギーが湧いてくるものです。

 結びに、コロナ禍で暗いニュースばかりですが、先送りにせず、ポジティブに考えて充実した2学期後半としてください。

 

久しぶりに外靴でいっぱい

7月31日 情報モラル講習会

 7月31日(金)の終業放送に続いて、情報モラル講演会を放送で行いました。全クラスで担任がパワーポイントを操作し、生徒指導主任が放送で「正しい情報機器の使い方と正しいコミュニケーション」について確認をしました。

講演会の概要

SNS上にアップするとき注意すること

  • 無関係な人が写っている
  • 服装で特定されてしまう
  • 住所が写りこんでいる
  • 漫画などは著作権の侵害となる

SNSでのコミュニケーションとして注意すること

  • 世界中の人が見ることができる。
  • 一度アップしたものは消すことができない。
  • 情報をそのまま信じない
  • 面と向かって言えないことは言わない。

 夏休みとなります。見知らぬ人に誘われたり、個人情報を知られてつきまとわれたり、チケット等の転売で逮捕されるなどSNSを使用する際は、様々な危険があることを十分に認識してください。

7月31日 終業放送

 7月31日(金)に2学期前半の終業を告げる校内放送を行いました。以下が校長の話です。

〇校長の林です。

 今学期は、学習・運動・諸活動に励むとともに、新型コロナウイルス感染防止対策を意識した学校生活によく順応してくれました。おかげで無事に7月を終えることができました。とても皆さんに感謝しています。ありがとう。

 思い起こせば、学校が再開したのは6月でした。あれから早や2か月が過ぎました。一中での生活はどうでしたか。休校中と比べてたくさんの人との出会いがあり、自分とは異なる考えに驚いたり、感動するなど、自宅では決して実現しない様々な学びがあったと思います。新型コロナウイルスは、災いのほかありませんが、学校の存在意義や、友だちの存在、先生や保護者などの大人の存在意義を再確認する良い機会です。明日から夏休みになりますので、一息入れて、自分と自分以外の人とのつながりや自分との関りについて、一度考えを巡らせてください。

 今年の夏休みは17日間ととても短い日数ですが、皆さんならば工夫をして有意義に過ごしてくれることでしょう。先週の三者面談や各学年の集会での振り返りをもとにして、自分の良い点をさらに伸ばせるように目標の微調整をお願いします。

 最後に、ここ数日、コロナ禍の脅威が再燃していますので、外出する際は、最大限の感染防止対策をし、元気に8月18日に会いましょう。

 

7月29日 先輩の体験談

 7月29日(水)に「先輩の体験談を聞く会」を行いました。コロナ禍を考慮して、体験を語るのは、現在に在籍している一中生のお兄さんとお姉さんの5名です。

 会では、県内の公立高校、県内私立高校の学校生活や受験勉強についての体験が話されました。3年生にとってはとても参考になる話が聞けたことでしょう。

 後輩のために都合をつけてくれた卒業生の皆さんならびに会の参加許可を出して下さった各高等学校の校長先生に感謝しいたます。3年生は、この体験談をこれからの学校生活に生かしてくれることでしょう。

 

7月21日 生徒総会

 7月21日(火)4時間目に令和2年度の生徒総会が校内放送を使って行われました。例年から2か月遅れての開催となりましたが、各委員会や部活動の活動計画についての承認がなされました。以下が生徒総会に向けた校長の話です。

 

〇生徒総会 校長の話

 校長の林です。今年の生徒会総会は、例年とはちがって校内放送での総会となりました。資料をもとに今年度の生徒会活動の内容を検討し、承認してください。

 言うまでもなく生徒会は、生徒のためにある組織です。そして生徒会活動は、よりよく学校生活を送るための活動です。例年とちがうところはコロナの存在です。コロナによる感染拡大に気をつけて学校生活を充実させるために、皆さんがとのような活動をし、全生徒がどのような行動したらよいのか、このことについて考え、実行することを期待します。なお、委員会活動や部活動にあたっては、3つの密を避けて活動してください。

 各活動の特性を生かすよう様々なアイデアを出し合い、存在感のある生徒会にぜひしてください。以上です。

 

 

 

7月20日 専門委員会はじまる

 7月20日(月)に各専門委員会の活動が始まりました。美化委員会は、登校時に枯葉をはく活動を行い、放送委員会は各部活動部長のコメントを放送する特集を組みました。保健委員会は、2時間目と3時間目の間に手洗いを励行する放送を入れ、中央委員会は朝のあいさつ運動を始めました。引き続き、何ができるかを考えて、よりよい学校生活となるように活動しましょう。

7月20日 三者面談開始

 7月20日(月)から三者面談が始まりました。今学期は、20日から連休をはさんで28日までの間に全学年で実施しています。コロナ禍の最中であるだけに、学校とご家庭との連携が必要です。ご家庭での話題や夢中になってやっている事などをお話し頂けると参考になります。お子様の成長にとって有意義となるよう、この機会を活用ください。

7月18日 PTA学校委員会

 7月18日(土)に学年委員会が行われました。今年はコロナ禍によって、PTAの一部の活動が制限されました。学年委員会では各学年の学年長が選ばれ、会計委員の代表者とともに11時からの学校委員会に出席していただきました。これで全員そろってのPTA学校委員会となりました。

 詳細につきましてはメールによるPTA学校委員会だよりでお知らせします。今年もよろしくお願いいたします。

その後に開催したPTA学校委員会

7月18日 10万突破

 7月18日(土)に本校ホームページのアクセス数が10万カウントを超えました。このHPは、令和元年10月2日にリニューアルしました。ちょうど290日目で平均アクセス数は、344.8カウント/日(10万÷290日)です。開設当初は、一日に50カウントもなかったことを思うと、多くの方に見ていただいていることになり、励みとなります。できるだけ皆さんの必要な情報を発信してまいりますので、引き続きご覧ください。