児童の様子

鬼高小のニュース

令和3年度 入学式

本日4月8日、令和3年度入学式を行いました。

感染拡大防止策をとりながら、148人の新入生と保護者の皆さん全員が体育館に入って式を行うことは困難であると判断し、今年度も、1クラスごと30分、5回に分けて実施しました。

今年は、昨年度の経験をもとに実施方法を検討し、保護者の参加を2名にして行いました。

式中には、2年生が制作した、学校紹介動画も披露しました。子供たち、そして保護者の方々も、楽しそうに、しっかりと視聴してくれていて、とてもうれしかったです。

新入生は、皆、とても落ち着いて参加することができ、素晴らしかったです。

一人一人、担任の先生に呼名されると、少し恥ずかしそうでしたが、手を挙げて、元気に返事をすることができました。

 

プロジェクターのセットや、椅子の消毒など、先生方のチームワークの良さも感じていただけたのではないかと思います。

明日から、本格的に新年度の学習が始まります。

令和3年度が始まりました。

今日の始業式は、放送で、新しく着任した先生方の紹介と、新しい担任の発表をしました。

担任名を放送で伝えると、「わー!」という子供たちの声が放送室まで聞こえてきました。

各教室では、さっそく、担任が自己紹介をしたり、今年の目標を話し合ったり、配られた教科書に名前を書いたり、と、新しい1年の始まりを、心から楽しんでいる様子が見られました。

昨年度の今頃のことを思うと、4月に子供たちが学校にいるという、当たり前のことが本当に幸せに感じます。

良い1年のスタートが切れました。

 

そして、6年生は、入学式の準備をしました。最高学年として、立派なデビューです。

明日は、入学式です。

 

 

3月27日 管弦楽部定期演奏会

今年度は、部活動も、感染防止策をとりながら制約が多い中で実施してきました。

例年行われている管弦楽部の定期演奏会も、緊急事態宣言により2月実施予定が延期となり、会場も学校の体育館に変更して行うこととなりました。いつもより短い時間での演奏会となりましたが、実施できてよかったです。

自宅や学校で一生懸命練習した成果を発揮して、素晴らしい演奏を披露してくれました。

6年生は最後の演奏会。これからも、鬼高小学校で出会った音楽とともに生きていってほしいと思っています。

修了式・離任式

コロナ禍での対応に追われ、これまでに経験したことのない1年が修了しました。

子どもたちを守るため、正解のわからない答えを探しながら試行錯誤を重ねた1年でした。

保護者の皆様のご理解ご協力、教職員の努力、そして何より、子どもたちが本当によく頑張ってくれたおかげで、何とか無事にこの日を迎えることができました。

修了式は、大型提示装置にパワーポイント資料を映しながら放送で、

年度末の人事異動により退職、転任される先生方のあいさつは、ZOOMで行いました。

今年度の締めくくりらしい式でした。

 

来年度もまだまだ厳しい状況は続きそうですが、子どもたちのさらなる成長を願っています。

第64回 卒業証書授与式

素晴らしいお天気に恵まれ、卒業証書授与式が挙行されました。

保護者の皆様には、ご協力をいただきありがとうございました。

感染対策を取りながらの実施でご不便をおかけしましたが、式終了後に、保護者の方から「素晴らしい卒業式を行っていただきありがとうございました」とのうれしい声も聞かせていただきました。

子供たちは、練習の時よりもさらに立派でした。彼らの未来はきっと光り輝いています。

 

式中の写真はないので、お見送りの様子だけアップします。

1年生が育てたチューリップが可愛く咲いてくれました。校門前の桜も咲き始めました。

 

 

6年生のお見送り

感染拡大防止策に万全を期すため、明日の卒業式は、在校生は臨時休業とさせていただきました。

そこで、今日の朝学習の時間に、在校生全員での6年生のお見送りをしました。

1年生から5年生が並ぶ廊下を、6年生が歩きます。その姿を大きな拍手で見送りました。

優しく誇らしげな6年生の表情と、大好きな6年生を見つめる子供たちの瞳がとても素敵でした。

その後、6年生は、最後の学級活動を楽しみ、一人ずつ先生と話しながら、鬼高小学校最後の「あゆみ」をもらっていました。

明日は、いよいよ卒業式です。

6年生卒業おめでとうの会

例年、「卒業おめでとうの会」は、体育館に集まって各学年のお祝いの出し物を披露します。

でも、今年はそうはいかないので、各学年で「おめでとう動画」を作りました。どの学年も、お世話になった6年生への思いがこもった、素晴らしい動画でした。

1年生は運動会で使ったキラキラポンポンを振りながら「ありがとう!」2年生は、卒業式で体育館に飾る「おめでとう」の文字の作成動画。3年生は、嵐の「ふるさと」を手話で披露。4年生は、図工で作ったランタンを並べた絵文字とメッセージ。5年生は、「ソーラン節」のはっぴを着て6年生への応援団。

そして、6年生は、鬼高小の「5つの鍵」の5年生への引き渡し。

制約の多い中ですが、子供たちの工夫に関心し、感動してしまいました。

 

 

1年生と6年生の交流会 続報

6年生からもらった写真入りのカードを見ながら描いた、お兄さんお姉さんの似顔絵が完成し、1年生が6年生にプレゼントしました。とっても良く描けていて、よく似ています。

6年生も、とても嬉しそうでした。

「バイバーイ」と名残惜しそうに教室に帰っていく1年生と、それをやさしい笑顔で見送る6年生。ちょっとジーンとしました。

1年生と6年生の交流会

 例年行われている、「6年生卒業おめでとうの会」も、今年は体育館に集まって行うことができません。各学年で動画を作成し、それを教室で見る形で行うことになり、準備を進めています。6年生へのプレゼントは学年ごとに分担して作っています。1年生は6年生の似顔絵を描くのですが、今年は交流の機会が少なかったため、しかもマスクを着用しているため、お互いの顔を覚えていません。

 そこで、昼休みに、校庭で、1年生と6年生が1クラスずつ交流会を行いました。1年生の縄跳びの練習をペアのお兄さんお姉さんが教えてあげました。交流会の後にプレゼントされたカードには、6年生のマスクを外した顔写真が貼られていて、これを見ながら、1年生が似顔絵を描きました。素敵なアイデアですね。

オンライン保護者会

2月16日、18日、19日に、Zoomによるオンライン保護者会を実施しました。

どのクラスも20人以上の保護者の皆様にご参加いただきました。ありがとうございました。

学校としても初の取り組みで、機材の関係の不手際等もあり、大変申し訳なく思っていますが、今後につながる新たな一歩と思っています。

事前に行った接続確認から、接続のルール等について繰り返しお願いしてきましたが、皆様のご協力のおかげで、大きな混乱もなく保護者会を実施することができました。

パワーポイントや動画を画面共有したり、紙芝居のように資料を映しながら行ったりと実施方法は学年によりさまざまでしたが、担任の思いは伝わったでしょうか。QAコーナーでは、保護者の方からほとんど発言はありませんでした。教員も緊張していましたが、皆さんも緊張されていたのでしょうか。

今年度、初めての保護者会となりましたが、参加された保護者の皆さんにとっても、久しぶりに顔を見た、という方もいて、保護者会後に連絡を取り合ったというお話も伺いました。

来年度は、もっとコミュニケーションの機会が増やせるといいなと思います。

※1枚目の写真は、接続確認時の様子です。

 

マッチの火を点けました

4年生の理科では、マッチの火を点ける体験をしました。

「マッチを点けたことのある人?」と聞かれ、手を挙げたのは全体の1/4ほど。

「やったことがない」「ライターで点ける」ということでした。

箱の持ち方、マッチ棒の持ち方、マッチ棒を擦る方向など、丁寧な説明の後、マッチは一人1本ずつ、班ごとに人数分だけ箱に入れて配られました。

恐る恐るマッチ棒を擦る姿、火がついて喜ぶ姿、ほほえましかったです。

3枚目の写真は、濡れた雑巾を構えています。。。

 

登校指導の様子

登下校時の道路の歩き方について、学校やご家庭での指導を重ねてきていますが、登校時は歩道からはみ出して広がって歩くようなことはほとんどなくなりました。子どもたちは、よく意識してくれていると思います。

鬼高小学校西側の道路は、以前は歩道の白線が途中までしか引かれていませんでしたが、教育委員会を通じて市川市道路安全課にお願いをしたところ、すぐに交差点まで延長して引いてくれました。

白線が伸びてから、目に見えて、広がって歩くことがなくなりました。

また、交通量が多い真間川の橋の上の5差路は、保護者の方が学校に横断旗を取りに来てくださり、子どもたちが安全に横断できるよう交通整理をしてくださっています。

まずは、安全に学校に来てもらうことから、子どもたちの学びが始まります。

合唱

6年生は、卒業式に向けて、音楽の時間に合唱の練習を始めています。

しかし、ガイドラインにより、「合唱は、マスク着用の上、前後左右1メートル離れること」となっています。

床に目印のテープを貼り、間隔を開けて歌っているため、声が重なって響くことが難しいのですが、一人一人が一生懸命に音程を取りながら歌っています。

感染が収まり、卒業式で合唱できることを祈りながら。。。

 

校内書初め展

21日(木)~29日(金)に予定していた校内書初め展。緊急事態宣言発出による対応で、保護者の皆さんの参観は、残念ながら中止となってしまいました。

各学年の廊下には、子どもたちの力作が並んでいます。

1年 お正月

 

大型提示装置(65インチ)が入りました!

これまで、各教室には40インチのテレビが入っていましたが、昨日、65インチの大型提示装置が入りました。

これは、市内の小・中・義務教育学校・特別支援学校に、市川市教育委員会が新たに導入したものです。

タッチパネル機能も付いているので、画面に教科書や児童のノートなどを写し、ポイントを書き込みながら授業を行うことができます。

早速、授業で活用しており、子どもたちからは、

「明るくて見やすい」「きれい」「わかりやすい」という声が聞こえました。

学校のICT環境整備が進められているところですが、今年度中を予定していたWi-Fi環境の整備については、来年度、一人1台のタブレット導入に合わせて行われることになりました。

1年 昔遊び

1年生は、生活科で「むかしあそび」の学習に取り組んでいます。

自分で色を塗ったコマや、けん玉、お手玉、おはじき、メンコ、羽子板など、昔の遊びは、友達とかかわりながら、手先や体全体を使い、遊び方を考え、工夫しながら楽しむ、とても良い遊びだと思います。

感染拡大防止策のため、地域のお年寄りにゲストティーチャーとして来ていただくことはできませんが、新鮮な遊びに子どもたちは熱中し、楽しんでいます。

3学期始業式

 

いつもより短い冬休みが終わり、3学期が始まりました。

子どもたちは、元気に登校してきています。

1月5日の始業式も、放送で行いました。

子どもたちに、「みんなで学校生活を守ろう」という話をしました。

緊急事態宣言が発出されるという状況になってしまいましたが、残り3か月、子どもたちの安全を第一に、学習活動に取り組み、次の学年にステップアップさせていきます。

 

 

2学期終業式

長かった2学期も終わってしまえばあっという間でした。あの、8月の暑い日々があったなんて、幻のようです。

2学期の始業式も、テレビに資料を映しながら、放送で行いました。内容は、「校長先生のお話」、「冬休みの過ごし方」「表彰」についてです。どのクラスも真剣に話を聞いていてくれたようです。

その後、各クラスの様子を見に行くと、最後のテストをしていたり、大掃除をしていたり、クリスマス会をしていたり、百人一首大会をしていたり。

子供たちの表情がとても明るく、無事に新年を迎えられそうで、ほっとしました。

下校時には、「さようなら。よいお年を。」とあいさつをしてくれる子がたくさんいました。

皆さん、よいお年をお迎えください。来年もよろしくお願いいたします。

ネットトラブル防止教室 6年生

 

 

 

 

 

 

市川市少年センターより講師をお招きして、6年生の各学級で「ネットトラブル防止教室」を実施しました。

世の中で、「ネット依存」が問題になっていますが、小学生も、高学年になると、動画サイトの視聴やオンラインゲームを夜遅くまでしていて、寝不足で学校に来る児童が少なくありません。その結果、学習に集中できなかったり、ゲームのことでトラブルになったりすることが心配されます。

今回は、インターネットやSNSの利用の仕方や危険性についてだけでなく、オンラインゲームに潜む危険性や「ゲーム障害」についても詳しくお話してくださいました。子供たちは、とても真剣に話に聞き入っており、自分のこととして考えてくれているようでした。

「ゲーム障害」とは、「ゲームに熱中し、利用時間などを自分でコントロールできなくなり、日常生活に支障が出る病気」ということで、中高生の7人に一人はこの状態だということです。そして、中学生になって突然そうなるわけではなく、小学生のうちから進行しているということです。

この時の脳は、理性・判断によるブレーキをかける部分よりも、本能・感情によるアクセルをかける部分が強くなってしまっているそうです。そのような脳になってしまったら、今後、他の面でも支障が出てくるのではないかと思います。

今年の冬休みは、外出が難しい部分もあるので、よりゲームに熱中しやすいのではないでしょうか。生活リズムが崩れないよう、ぜひ、ご家庭で話し合いをしていただきたいと思います。

 

学年ミニ運動会 5年・6年

13日(金)は、5、6年生の学年運動会。

風もなく、3日間のうちで一番いいお天気でした。

5年生は、毎年5年生が躍る「ソーラン節」と徒競走(90m)

6年生は、曲に合わせて3つの演技、一人技(NANIMONO)・ダンス(ノーダウト)・集団行動(ともに)。そして徒競走(90m)

5年生「ソーラン節」の黒いはっぴの背中には、自分で選んだ漢字が一文字。とても力強い文字で、腰が入ったキレのあるかっこいい踊りをさらに引き立てていました。

6年生は、3部構成の演技。ダンスはそれぞれの動きがとてもリズミカルで、一人技と集団行動は心が一つになったような、さすが6年生!という動きでした。

徒競走は、やっぱり5、6年生、体がしっかりして、力強い走りを見せてくれました。