今日の給食

今日の給食

6月29日(火)の給食

 

 

 

 

 

カレーピラフ、おからコロッケ、ジュリアンスープ、さくらんぼ、牛乳

 今日は、おしゃれな洋食メニューでした。

なぜかと言いますと、コロッケもジュリアンスープも、フランス料理に

由来があるからです。みんなにたずねられた「ジュリアンスープ」は、

「女性の髪の毛のように細く切った野菜」が入っているという意味です☆

6月28日(月)の給食

 

 

 

 

 

チンジャオロース丼、ビーフンスープ、お麩のラスク、牛乳

 今日は、中華料理のメニューでした。

ピーマンを食べてくれるかな?と心配があり、少し玉ねぎをプラス。

ピーマンは下茹でしてもらい、苦味をやわらげました。

調理師さんがおいしく作ってくれたおかげで、残菜はほぼなしです。

 お麩のラスクは、お麩・バター・砂糖を同量で混ぜ、少しシナモンをきかせて

オーブンで焼くだけですが、とても好評でした☆

 

6月25日(金)の給食

 

 

 

 

 

ハッシュドポーク、かぶのサラダ、フルーツヨーグルト、牛乳

 今日のハッシュドポークは、乳製品なしで作ってみました。

本来はバターや生クリームを使ってコクを出すのですが、調理師さんと相談しながら、

ほかの調味料で工夫しました。結果は・・・大成功☆

みんなが食べられる、おいしいハッシュドポークが完成しました。

6月24日(木)の給食

 

 

 

 

 

じゃこガーリックライス、ポテト春巻き、野菜のポタージュ、ごまきゅうり、チョコクレープ、牛乳

 今日は、人気メニューの「じゃこガーリックライス」でした。

そして春巻きは、蒸してつぶしたジャガイモ、ツナ、塩こしょうだけの味付けですが、

とても美味しく出来上がりました。

春巻きの皮は、麺を発注している業者さんが、朝、作りたてを持ってきてくれています☆

 

 

6月23日(水)の給食

 

 

 

 

 

ビビンバ、キムチスープ、豆乳杏仁豆腐、牛乳

 今日は、ビビンバの日でした。

いつもは、ひき肉・卵・ナムルを教室で混ぜ合わせてもらい、ご飯の上に乗せるのですが、

今回はひき肉・卵をご飯に混ぜておき、ナムルだけ上に乗せるようにしました。

同じメニューでも、やり方はいろいろですので、試してみたいと思います。

 そして今日のスープも、煮干しからのダシと調理師さんのセンスにより、美味でした☆

 

6月22日(火)の給食

 

 

 

 

 

バニラトースト、鶏のから揚げ、ミネストローネスープ、牛乳

 今日は、みんなの大好きな「から揚げ」でした。

そして「ミネストローネ」は、調理師さんと相談して、トマトの酸味が苦手な子

も食べやすいように、しょう油・塩こうじ・ワインで味をととのえました。

その結果、前よりたくさん飲んでくれて、工夫する大切さを学びました☆

6月21日(月)の給食

 

 

 

 

 

キャロットライス、鮭の香味焼き、ポテトサラダ、カレースープ、牛乳

 今日は、洋食のお魚メニューでした。

鮭の上に、バジル・ガーリック・パン粉・粉チーズをのせて、オリーブオイル

でカリッと、オーブンで焼きました。

そしてキャロットライスは、コーンも入れて食べやすいように味付けしました。

今週は「野菜を食べよう週間」ですので、残菜が減るとよいなぁと思います☆

6月18日(金)の給食

 

 

 

 

 

あさりスパゲティ、チキンブロス、アップルカスタードパイ、牛乳

 今日は、カフェ風の洋食メニューにしてみました。

スパゲティは、先に具を炒めて味付けし、茹でたスパゲティと合わせます。

そして、力作のアップルカスタードパイ☆

調理員さんたちが一つずつ包んで、焼いてくれました。

給食は、朝5~7時に食材が入り、その後すぐに検品や調理作業が始まります。

5時間かけて作られていること、子どもたちに伝えたいなぁと思います。

6月17日(木)の給食

 

 

 

 

 

ご飯、メンチカツ、ブロッコリーの梅かつお和え、はんぺんのすまし汁、オレンジ

 今日は、調理員さんの愛情たっぷり「手作りメンチカツ」でした。

ひき肉だけでなく、キャベツや玉ねぎもたっぷり入っています。

給食委員会の子どもたちは、来週から「野菜を食べようウィーク」という取り組み

を行います。どうして野菜を食べる必要があるのか?一生懸命考えてくれています☆

6月16日(水)の給食

 

 

 

 

 

三色そぼろご飯、八宝みそ汁、白玉ポンチ、牛乳

 今日は、ひき肉・卵・えだ豆をそぼろにした丼ぶりでした。

卵のそぼろは、大きな釜に卵液を入れてから、調理員さんがひたすら

混ぜ続けます。家庭の量とちがい、なかなか大変な作業です。

卵を担当した調理師さんは、割烹で働いた経験もあるため、

どんなメニューもおいしく作ってくれます☆