須和田校舎から

須和田校舎から

中学部1年 校外活動(須和田公園)

5月18日(水)、初夏の日差しを感じながら、入学後、初めての校外での活動に取り組みました。

今日は学校周辺を歩いて散策しました。

須和田高等部の農園、グリーンサポーターさんによる花壇、郭沫若記念館、そして須和田公園。

須和田公園には、市川の花「バラ」が、たくさん咲いていました。

バラコーナやバラトンネルがあり、色とりどりに咲いた花がとてもきれいでした。

 きちんと1列に並んで歩くこともできていました。素晴らしい。

 ちょうど1時間の活動でしたが、生徒たちからは「楽しかった」「また行きたい」と感想がありました。

また、近いうちに行けるといいですね。

 

初!須和田マルシェオープン!

1月13日(木)、14日(金)に市川市にあるニッケコルトンプラザで、高等部の作業製品を頒布する「須和田マルシェ」を開催しました。

当日は、入店時の人数制限、アルコール消毒、検温、店内の喚起、生徒たちはマスク、ゴム手袋、フェイスシールドの着用など、感染対策をしっかり講じながら実施しました。保護者の方をはじめ、地域の方、デイサービスのスタッフの方など、多数お越しいただき、生徒たちも自分たちの作った製品が売れていく様子を見て、嬉しそうに頒布していました。

今年度は今回の頒布会で終了となります。お忙しい中、お越しいただきありがとうございました。

 

 

▼店頭の様子(作業班の紹介パネルを設置しています)

店頭

 

 

▼コルトンホール内(入口付近)

読書週間

須和田の丘支援学校では、毎学期、読書週間を設けています。

本を自分で読んだり、校長先生や学校図書館司書の先生をはじめ、たくさんの先生方の読み聞かせがあったり、本に楽しむ機会をもてるようにしています。

今日の中学部2年生の教室では、「冬」をより感じてもらおうと、まずは『つらら』『ふゆとみずのまほう こおり』の本から、水が姿を変えてできた、たくさんの不思議な氷や氷柱の写真を見ました。

 

次は、氷の実験です。

 

最後は『しずくのぼうけん』の読み聞かせがありました。

 

見て知る、体験して感じる、本を読んで(聞いて)想像する ことを通して、冬やつめたい氷についての理解が深まり、楽しい想像の世界が広がったことでしょう。

今日もとても楽しい時間でした。

 

 

中学部 交流学習

二中白百合学級さんとの交流学習を行いました。

コロナ対策のため、今回は、各学校の教室をTeamsでつなぎ、自分のタブレット画面やTV画面を通しての交流学習に取り組みました。

何度か練習をしているので、自分でIDやPWを入力できる生徒もいます。画面越しに自分や友だちの顔が映ると、とても嬉しそうでした。

お互いの学校の様子を知るために、須和田の丘フェスティバルの様子を見ていただいたり、学習発表会の様子を見せていただいたりしました。中学部の音楽発表も白百合学級さんの劇や音楽発表も、とても立派で、友だちとともに毎日頑張っていることがよく分かりました。

これからも、校内外の様々な人とのかかわりを大切にし、自らかかわろうとする力や社会性がはぐくまれるよう、支援していきたいと思います。

白百合学級の生徒さん、また一緒に勉強できる日まで、お互いの学校で頑張りましょう。

今日はありがとうございました。

 

中学部音楽鑑賞会

12月20日(月)中学部の音楽鑑賞会が行われました。有志の先生方による演奏、狂言、コントラバスの生演奏を聴き、最後は全員で楽器を使って「恋人たちのクリスマス」を演奏し、盛り上がりました。生徒たちは、自分が演奏したことのある楽器や学年の先生方に注目しながらも、しっかりと「心で聴く」という鑑賞マナーを守って鑑賞会に参加することができました。