須和田校舎から

須和田校舎から

中学部 新入生歓迎会

4月16日(金)中学部新入生歓迎会を行いました。

新入生は2・3年生の前で、少し緊張しながら「自己紹介」をしました。

2年生は、皆が大好きな「鬼滅ダンス」で盛り上げてくれました。

3年生は「入学おめでとう」の素敵なカードを掲げ、お祝いの言葉を伝えてくれました。

中学部生徒、総勢38名がそろいました。それぞれの中学部生活が「きらりと輝く」毎日となるよう頑張りたいと思います。

 

 

 

 

プログラミング体験

3月23日(火) 高等部1年生が音楽室で「プログラミング学習」を体験しました。

千葉商科大学人間社会学部の教授・学部長でいらっしゃる鎌田光宣先生においでいただき、1年生が実際にパソコンを使ってゲームを作る、という内容の学習でした。

先生の話を聞きながら

パワーポイントを使って、スタートからゴールまでカーソルを進めていく、という簡単なゲームを実際に作ります。ベースの画面の上に、生徒たちは障害物を作り、ゴールまで行くのを難しくするという作業をします。テキストとモニターを見て、先生の説明を聞きながら一人ひとり作業を進めます。まずはゲームをやってみよう。そして壁(障害物)を作ってみよう。

最初は戸惑うこともあった生徒たちですが、何度か作業をしていくと手順を覚えて、どんどんバージョンアップしていきます。

最初は簡単なコースで作ったものを試し、ゴール。失敗すると「ざんねん」の画面がでます。それだけでも盛り上がっていたのですが、どんどん難易度を上げていく生徒たち。壁は複雑な動きをして、カーソルの動きを封じます。

「友だちが作ったのもやってみよう」の一言で、みんなが他の人が作ったゲームを体験に行き、「難しい~」とか「できた!!」などの声が上がり、とても盛り上がりました。友だちのゲームを体験して、自分のものを修正したり、より難しくしたり、みんな知恵を絞って工夫していました。

僕のゲームやってみて

みんながこれほどまでにできるとは、なんて失礼な言い方ですが、本当に自分一人でプログラムを書き換えていく生徒たちを見て、鎌田教授も、同行してくださった和田教授も、びっくりしていました。生徒たちはとても嬉しそうで、きっと自宅でもいじってみたくなるだろうな、と思います。お母さま方、どうか怒らずに見てやってください。

生徒会役員選挙・立会演説会

2月8日(月) 須和田校舎では令和3年度の生徒会役員を決めるための、立会演説会と選挙が行われました。

投票に参加したのは、中学部3年生と高等部の1~3年生です。生徒会長1名、副会長4名を選びます。これまで、各立候補者は自分の得意技を披露する動画を撮影して、自己紹介をし、タスキと応援ののぼりを作り、各教室に行って選挙活動をしたり、お昼の放送を利用してアピールしたりしてきました。立候補者を応援する仲間たちとともに、協力してきた毎日は、とても忙しそうでしたが、充実していたように見えました。

応援演説の様子自分の考えを訴える

立会演説会は、感染対策のため講堂と家庭科室、音楽室に分散して、ライブ配信で実施しました。立候補者は緊張しながらも自分が役員になって実行したいことを、しっかりとみんなに伝えていました。「気持ちの良いあいさつでよい学校にしたい。」「困っている人がいたら、声をかけて優しい学校にしたい。」「みんなが楽しい学校を作りたい。」そんな言葉がたくさん聞かれました。応援者の演説も素晴らしかったです。

実際の投票は、市の選挙管理委員会から記載台と投票箱をお借りして実施。事前に「投票することは、どのような意味があるのか」という主権者教育の授業も行って練習もしてきました。

受付を済ませ投票用紙をもらい記載台で記入

高等部3年生が選挙管理委員会として、選挙会場の準備をし、受付、案内、投票の補助などをしました。たくさんの人が来た時には、「並んでお待ちください」と声をかけたり、受付では「まず手の消毒をお願いします」を促したりして、スムーズに投票が行えるように進めていました。

投票を済ませます

投票用紙に記入して、投票箱に入れれば投票完了。2,3年生は流れもよくわかっており、スムーズに投票していました。結果はいかに。

 

ー2月9日(火)―

投票の結果が発表されました。会長1名、副会長4名、全員が当選です。おめでとうございます。

来年度の須和田の丘支援学校を、みんなで力を合わせて、良い学校にしてください。

芸術鑑賞教室~バルーンアート体験~

 

1月15日(金)に子ども劇場千葉県センター主催による「ブッチィー」芸術鑑賞教室を高等部の生徒を対象に行いました。

         (左:びり  右:ブッチィー)

ブッチィーとびりの2名によるミニクラウンショーが始まると、生徒からは笑い声が・・・。

 

バルーンアート体験では「ねずみ」「花」「弓矢」を作りました。風船が割れないようにみんな慎重に風船をねじったり、伸ばしたりしていました。

1時間の鑑賞教室でしたが、笑って楽しめる内容で楽しい時間を過ごすことができました。

 

テーブルマナー講座 体験してきました

12月23日(水) 高等部3年生は浦安ディズニーリゾート オフィシャルホテルの「ホテルオークラ東京ベイ」で、初めてのテーブルマナー講座に参加しました。

事前の学習で、テーブルマナーの基本を調べるだけでなく、様々な準備をしてきました。

今日はお天気も良く、暖かく、意気揚々と出かけた一行は、ホテルオークラに到着すると、ホテルの玄関前の馬車に乗ったり、ロビーのクリスマスツリーの前で写真を撮ったり、お土産を買ったりしてホテルライフの一端を味わいました。

ロビーで輝くクリスマスツリー テーブルには様々な準備が

そしていよいよ、テーブルマナーの会場へ。テーブルには、この日のために生徒たちが準備してきた、座席札やクリスマスカラーで作った本日のメニューなどが置かれていて、本当のパーティーのようです。

結婚式を想定した、受付体験も行いました。手作りのご祝儀袋をお祝いの言葉と一緒に受付で手渡し、芳名帳に名前を書きました。そして座席表を受け取り会場へ。

会場は大きなテーブルに3~4名という余裕のある配置にしていただき、消毒やマスクホルダーも用意してあり、感染対策も万全です。

本日はおめでとうございます

テーブルマナーについて、「ほかの方を嫌な気持ちにさせないように、マナーを守って楽しい雰囲気でいただくことが大事」だと、教えていただきました。ナイフやフォークの持ち方、ナフキンの使い方、お皿の意味や価値、ドレスコードなど、おいしいお料理をいただきながら、たくさんのことを学ぶことができました。

最初はちょっと緊張していた生徒たちも、お料理もパンも、デザートもおいしくて、上手に(たまに自分流に)楽しくいただきました。

ナイフとフォークを使って

目でも舌でも楽しんで、心もおなかもいっぱいになりました。お世話になったホテルオークラの皆さん、ありがとうございました。