大柏小学校ブログ

大柏ブログ

1年生:体験する大切さ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「初めからなんでもできる人はいない」それは当たり前のことですが、1年生の学習の様子を見ると、それがどれだけ大切なとらえ方か再認識させられます。

 いつものように階段をのぼって1年生の教室をのぞくと、台紙に学習カードを貼る手順を説明していました。作業としては、プリントにのりをつけて台紙に貼るだけのことですが、担任はのりのつけ方から台紙への貼り方、全面にのりをつけたら使いにくくなることなど、丁寧に説明していました。自分が1年生の担任をしていた頃のことは、今でも鮮明に記憶に残っていますが、1年生への指導は難しいものです。まず、易しい言葉を選ばないと話が通じません。次に、具体物を見せないと話だけでは理解不十分になります。それでも理解できない子もいます。つまり、説明して、やって見せてから手を添えるまでしないと全員はできません。

 別の学級では、初めての観察記録に取り組んでいました。アサガオの種子の観察なのですが、初めてのことなので黒板にポイントを書いて説明し、さらにモニターでやって見せ、作業の途中は机の間を巡回して個別に声をかけていました。こうした一つひとつの体験を積み重ねて、たくさんのことができるようになっていきます。

若葉の森

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今週の生け花は、新緑の美しさを味わえる作品です。背丈の高いドウダンツツジに顔を近づけてみると、若葉の森が思い浮かびます。この時期だけ見られる、透明感のある葉色の美しさは格別です。これから大きく成長するエネルギーを秘めたものが持つ輝き、まさに子供たちが発散するエネルギーに似たものを感じます。

5年生:NIE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 5年生が、新聞の読み方の学習をしました。NIE(Newspaper  In  Education)⇒新聞を教育に活用する学習の取り組みです。最近は、インターネットで手軽にニュースを確認できるので、紙に印刷された新聞を読む機会も少なくなっているかもしれません。それはそれで便利ですが、電子情報の弱みは読み返すのに手間がかかるということです。その点、印刷物である新聞は、先に読み進んでいても簡単に読み直しと確認ができます。子供の読解力を高めるために好都合です。また、インターネットだと自分が興味ある情報の収集に偏りがちですが、新聞は政治・経済から芸能、生活情報、連載小説、4コマ漫画に至るまでバラエティに富んだ内容です。紙面下段には書籍の広告まであります。これから、視野を広くしていかなければならない子供には、これらの特徴は非常に有益です。

 今回は、新聞の構成、見出しに注目した読み方を中心に、写真に自分で見出しをつけてみる作業も体験しました。子供たちが生きていく21世紀は、社会状況の変化のスピードもこれまで以上に速くなり、あふれ出す情報の中から必要な情報を選び出し、正しい情報を見抜く力が必要です。そのための土台作りの意味でも、NIEは大切な学習です。今回の体験をきっかけに、子供たちが新聞に目を通すのが当たり前の校風になればよいなと思います。もし、ご家庭で新聞を定期購読していたら、ぜひ、親子で1面だけは目を通す、見出しだけはチェックしてみるなど無理なくできることから始めてみると、得るものが大きいかと思いますので、よろしくお願いいたします。

 

5年生:図画工作「春を感じて」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 5年生が、校庭に咲いていた花を描きました。細かなところまでよく見て描いており、色彩もあざやかです。写真は写真できれいですが、やはり手描きには手描きの良さがあります。描いた本人が何を見て何を感じたかが反映されるようで、その思いを想像すると作品としてより楽しめます。

2年生:道徳「ひかり小学校のじまんはね」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2年生が道徳で「ひかり小学校のじまんはね」という学習をしていました。

 ひかり小学校のけんた君たちが、1年生に学校のよいところを教えたいと考えたけれど、なかなか思いつかない。そこで、校長先生に話を聞きに行くと、子供たちのよいところや昔から学校にあるものについて教えてもらえた。それをきっかけに、自分たちでも学校の自慢できることを探したいと思った。そういうお話です。

 この話を受けて、2年生は大柏小学校で自慢できることは何だろうと、話し合っていました。黒板に書かれているみんなの考えを見ると、どれもその通りだと思います。大柏小学校はよい学校ですね。それに気づくことができた2年生も、大柏小学校の自慢です。