新浜小ブログ

2022年1月の記事一覧

かるがも学級 授業研究会

 27日(木)にかるがも学級の算数科の授業研究が行われました。単元は「分数」です。事前アンケートによると、「算数は好き」「わかる」と感じている児童がほとんどですが、自分の考えや意見をお友達に伝えることに関して、少し苦手意識をもっていることもわかりました。

 当日、2組の授業では、1/2と1/3の大きさについて具体物を使って表記すること、その大きさ調べ、説明することを目標として、学習をすすめました。

 子どもたちは大勢の人が来て、少し緊張した面持ちでしたが、たくさんの参観者の先生方に見てもらい、いつも以上にはりきっていました。発表も進んで行うなど、みんな積極的に授業に参加していました。また、他学年の先生たちにとっても、かるがも学級の子どもたちの頑張っている様子を知る良い機会となりました。

 今年度の研究は、今日の授業研究会が最後となり、研究紀要にまとめ、来年度の方向性を全職員で検討していきます。

にいはまの自然

 事務室の前の廊下に、新浜小の自然を写した写真の新作が掲示されましたのでお知らせします。ご来校の際は、ぜひご覧ください。

 

3年生 長なわブーム

 3年生は体育の時間や休み時間になるとみんなで「長なわ」に挑戦しています。みんなで息を合わせて、連続でジャンプ。なわを回すお友達、跳ぶお友達も連続で跳べるように頑張っています。初めて上手に跳べたお友達が「うまく跳べたよ」嬉しそうに話をしてくれました。これから連続何回まで記録を伸ばせるか楽しみですね。

 

 

4年生 新たな発見

 1月25日(火)に4年生は校外学習で行徳鳥獣保護区に出かけました。午前中に2学級ごとに徒歩で移動しました。

 普段は立ち入ることのできない保護区内を歩き、野鳥やタヌキなどの生活の様子について説明を聞き、東京湾や湿地帯の自然観察をしました。また、野鳥観察者「あいねすと」に隣接する「野鳥病院」では、けがをして保護された野鳥が飼育されている様子を見学しました。

 子どもたちは「海のそばに冬でもたくさんの生き物がいるんだな」と感想を述べ、行徳地区の自然の営みや豊かさを改めて発見することができました。