学力向上、授業改善へ向けた取り組み

学力向上、授業改善へ向けた取り組み

2月25日(火)校内研修会を行いました。

 研修内容 「インクルーシブ教育に関する研修」
 講師 千葉県総合教育センター 特別支援教育部研究指導主事 青木 ゆかり先生

 発達障害や問題行動、不登校・不適応、いじめ問題、思春期の難しい時期など、学校現場が直面する多くの課題に直面するなか、すべての人が共に学ぶことのできる学校をつくるためにはどのようにしたらよいか、具体的な事例をあげて考えました。障がいのある生徒などへの授業等での合理的配慮やユニバーサルデザインの導入や指導におけるPDCAサイクルの導入など、明日から指導に活かせる内容でした。