学校運営協議会(三中)の取り組み

「人をつなぐ 未来へつなぐ」 第三中学校の地域の連携の取り組み

<今年度の学校運営協議会の取り組み>

 ☆学校評議員会、コミサポ委員会、少年健全育成協議会は、「学校運営協議会」へ一本化されました。

 市川市教育委員会では、全小中学校に「学校運営協議会」を置き、従来の学校評議委員会、コミサポ委員会、少年健全育成協議会の会議を一本化されました。これは平成29年3月に法律が改正されことにより、「学校運営協議会」制度によって、学校と地域住民等が力を合わせて学校の運営に取り組むことが可能になったもので、「地域と共にある学校」への転換を図る有効な手段となるものです。
 三中も令和元年度より「学校運営協議会」を設置しました。協議会委員は、今年度学校評議員、自治会長代表の方、学校支援コーディネーター、学識経験者、保護者代表(PTA本部役員)、学校関係者(校長・教頭)で構成されています。

学校運営委員会
学校運営協議会

学校運営協議会

令和元年6月29日(土) 第2回 学校運営協議会を開催しました。

内容

①生徒指導関係(各校の課題・取り組み・夏休みの過ごし方)
②各校別情報交換
③少年センターより
④地域学校共同本部について ※詳しい内容は、こちらをご覧下さい。

第2回学校運営協議会は三中ブロックの合同開催でした。
詳しい内容につきましては、学校だより等でお知らせします。