児童の様子

鬼高小のニュース

5年生 林間学校②


岩井海岸で地引網をしました。本当にいい天気で、海が最高にキレイでした。

漁協の方や民宿の方が網の引き方を教えてくださり、イナダやサヨリなど、たくさんの魚が獲れました。そして、魚について丁寧に教えてくださいました。

5軒の民宿に分かれて食べたお昼ご飯の味噌汁には、自分たちで獲ったお魚が入っていて、一段と美味しく、みんなおかわりをしていました。

第六中学校 全校道徳

「中学生にこそ聞かせたい」と、第六中学校の校長先生にお招きいただき、「全校道徳」のゲストティーチャーとして校長が話をしてきました。本校では、5・6年生の各クラスで話をしました。今後、国語の「いちりんの花」で戦争の題材を学んだ4年生にも話す予定です。

14歳、中学2年生で志願して、海軍の少年兵として戦地に赴いた父の話です。

勉強がしたくて海軍に行ったけれど、「人権無視も甚だしい」世界であったこと。

乗っていた艦がアメリカ軍の潜水艦により撃沈されて死にかけたこと。あと少し終戦が遅かったら特攻艇で出撃していたこと。

自分と同じ年頃の少年の話を中学生はどう受け止めてくれたでしょう。

今ある命は奇跡の積み重ねだということ。

学べる幸せ、平和の尊さ、など考えてくれたら、父も喜ぶことでしょう。

6年生 「未来のためにできること」

6年生は、総合的な学習の時間に、「未来のためにできること」というテーマで、SDGsについての学習をしました。

17の目標の中から、自分が調べたい目標を選び、インターネットなどで調べ、タブレットに入っているパワーポイントを使ってプレゼンテーション資料を作りました。

これまでは、パソコン室のパソコンで行っていたのですが、教室で、一人一人のタブレットでできるため、より意欲的に学習に取り組んでいました。

作成したプレゼンテーションは、タブレットのTeamsを使って先生機に提出し、それを、大型提示装置に映して発表しました。

その目標を達成するために夏休み中に行った取り組みに基づいて、自分の考えをしっかりと発表する姿に感心しました。

1年生 引き渡し訓練

昨年は、全校を2回に分けて行ったのですが、それでもかなり密な状況になってしまったので、今年の引き渡し訓練は、昨年行っていない1年生のみ行いました。

時間を決めたテストメールの配信は全校の保護者対象に行いましたが、皆さん無事届いていたようです。

 

お天気が良くてまずは一安心。そして、たくさんの保護者の皆さんがお迎えに来てくださり、無事に引き渡すことができました。

先日、震度4の地震があったばかりですが、もしも震度5弱以上だった場合、学校にいるときであれば学校に待機し、状況によっては引き渡しを行うことになります。登校前であれば連絡があるまで自宅待機となります。

また、大雨の時は、雨雲レーダーを確認しながら、下校を早めたほうがよいか、学校待機にしたほうがよいか、できるだけ早く判断するようにしています。

保護者の皆様には、ご対応いただきありがたく思っています。

これからも、子供たちの安全を第一に対応していきます。