ブログ

令和6年度 今日の給食

7月17日(水)の給食

なつやさいカレー ひじきマリネ セレクトアイス ぎゅうにゅう

今日(きょう)で、夏休(なつやす)み前(まえ)の給食(きゅうしょく)が最後(さいご)になります。今日(きょう)は夏(なつ)を楽(たの)しんでもらえるように、たくさんの夏野菜(なつやさい)を入(い)れたカレーにしました。なすや、かぼちゃ、トマトなど夏(なつ)に旬(しゅん)を迎(むか)える野菜(やさい)を使(つか)いました。

7月16日(火)の給食

えだまめごはん ししゃものつつみあげ ごもくきんぴら そうへいじる ぎゅうにゅう

僧兵汁(そうへいじる)は、いのしし肉(にく)やにんにく、野菜(やさい)を入(い)れたみそ仕立(じた)てのしるで、三重県(みえけん)にある山岳寺(さんがくじ)の荒法師(あらほうし)たちのスタミナ源(げん)として食(た)べられていました。今日(きょう)の給食(きゅうしょく)では、いのしし肉(にく)ではなく豚肉(ぶたにく)をつかっています。

7月12日(金)の給食

ごもくごはん さけのしおやき あおなのおかかあえ ぐだくさんみそしる ぎゅうにゅう

室町時代(むろまち)にはかつお節(ぶし)のことを「かか」と呼(よ)んでいました。そして宮廷(きゅうてい)に仕(つか)える女官(にょかん)たちがていねいな表現(ひょうげん)として頭(あたま)に「お」をつけたことから「おかか」と呼(よ)ぶようになったとされています。

 

7月11日(木)の給食

ごはん アドボ(ぶたにくとじゃがいものさっぱりに) トゥロン(バナナはるまき) ぎゅうにゅう

アドボはフィリピンの代表的(だいひょうてき)な家庭料理(かていりょうり)で、漬(つ)け込(こ)むという意味(いみ)でがあります。酢(す)などの調味液(ちょうみえき)に肉(にく)をつけこむように煮(に)る料理(りょうりです)です。

7月10日(水)の給食

ジャージャーめん かいそうサラダ パイナップルケーキ ぎゅうにゅう

ジャージャー麺(めん)は、もともと中国(ちゅうごく)で生(う)まれた料理(りょうり)で、それが韓国(かんこく)やに日本(にほん)に伝(つた)わりました。韓国(かんこく)ではチャジャンミョンと呼(よ)ばれ、日本(にほん)ではジャージャー麺(めん)と呼(よ)ばれています。

7月9日(火)の給食

ごはん ささみフライのわふうレモンソースがけ たまねぎとあぶらあげのみそしる ちぐさあえ ぎゅうにゅう

今日のメインディッシュは「ささみフライの和風(わふう)レモンソースがけ」です。ささみは、とりの胸(むね)の骨(ほね)にそって左右(さゆう)に1本(ぽん)ずつある部位(ぶい)です。脂肪(しぼう)が少(すく)なくあっさりした味(あじ)わいです。

7月8日(月)の給食

きのことなまあげのあんかけどん こまつなとコーンのおひたし フルーツポンチ ぎゅうにゅう

今日(きょう)のフルーツポンチにはサイダーが入ります。サイダーをはじめて飲(の)んだのはクレオパトラだそうで、ワインに真珠(しんじゅ)をいれたぜいたくなものでした。真珠(しんじゅ)にふくまれる炭酸(たんさん)カルシウムは、溶(と)けると炭酸(たんさん)ガスが発生(はっせい)するそうです。

7月5日(金)の給食

ちらしずし ほしがたハンバーグ ゆでとうもろこし たなばたじる ぎゅうにゅう

今日(きょう)は七夕給食(たなばたきゅうしょく)です。天の川(あまのかわ)の両岸(りょうぎし)にいる織姫(おりひめ)と彦星(ひこぼし)が、年(ねん)に1度(ど)だけ逢(あ)えるという星(ほし)まつりの行事(ぎょうじ)です。今日(きょう)の給食(きゅうしょく)には星形(ほしがた)のハンバーグを出(だ)します。今日(きょう)のゆでとうもろこしは、2年生(ねんせい)がむてくれました。

7月4日(木)の給食

ごはん さばのごまだれやき はくさいのおかかあえ とんじる ぎゅうにゅう

鯖(さば)には、たんぱく質・・・体(からだ)をつくるもと、油・・・血液(けつえき)サラサラに効果(こうか)のある成分(せいぶん)、ビタミンD・・・カルシウムの吸収(きゅうしゅう)を助(たす)ける成分(せいぶん)などの栄養(えいよう)が豊富(ほうふ)にふくまれています。

7月3日(水)の給食

セサミトースト チリコンカン あじさいゼリー ぎゅうにゅう

今日(きょう)のデザートはあじさいゼリーです。あじさいは様々(さまざま)な色(いろ)がありますが、これはあじさいが育(そだ)つ場所(ばしょ)の土(つち)が関係(かんけい)しています。あじさいは土(つち)が酸性(さんせい)だと青(あお)く、アルカリ性(せい)だと赤(あか)く変化(へんか)するそうです。