ニュース/話題

ニュース/話題  2019年

☆10/25 桜花祭大成功  

 合唱コンクールや多くの部活動や委員会が参加したステージ発表とパソコン部のゲーム展示などが行われ,全校生徒で素晴らしい
一日をつくり上げました。 生徒たちは各担当ごとに練習・準備を進め,当日はその成果を十分に発揮することができました。
 今日のステージまで、準備や練習において子どもたちは多くの課題やトラブルが発生することもありましたが、仲間同士で話し合い、
一つの方向を見つけて、団結して取り組むことができたことが、大きな成功へとつながったのではないかと思います。
 あいにくの雨の中、多くの地域の方々や保護者の皆様にご来場いただき,ありがとうございました。

  ☆校長先生より ☆吹奏楽部の発表 ☆幕間 有志団体の発表
☆幕間 有志団体の発表 ☆図書委員会の発表 ☆コンピューター部の発表
 ☆幕間 未成年者の主張 (生徒会) ☆演劇部の発表 ☆審査員の紹介
☆1年 学年合唱 ☆1年 クラス合唱の発表 ☆2年 学年合唱
☆2学年 クラス合唱の発表 ☆桜8学級の発表 ☆3年 学年合唱  
☆3学年 クラス合唱の発表 ☆表彰  

NEW ★10/7(月)高校生の話を聞く会を行いました。[全校集会]

 県立高校や私立高校に通っている本校の卒業生から直接話を聞くことで進路選択について考える機会とするために「卒業生の話を聞く会」を行いました。当日は4人の高校生が来て全校の生徒たちに分かりやすく進路選択や学習方法のアドバイス。高校生活の様子などを話をしてくれました。
 生徒たちは、先輩の体験談や勉強方法など、実体験に基づいた話を聞きながら、時折メモを取りながら真剣に聞いていました。中学校の生徒たちにとっては これからの生活を変えるきっかけとなる貴重な話を聞くことができました。
 お忙しいところ、多くの保護者の皆さまにも来校頂き、ありがとうございました。

☆全校が集まりました  ☆はじめの言葉(評議副委員長) ☆時折メモをとりながら真剣に聞いていました。
☆説得力ある話に耳を傾けていました。 ☆スライドを準備して頂きました。 ☆お礼の言葉(評議委員調) 

★9/30(月)全校道徳を行いました。

    テーマ 「かけがえのない自分かけがえのない命」
    講師  大野靖之さん

 本校では、平成16年度より全校道徳を実施してきました。16年目となる今年度は、「かけがえのない自分、かけがえのない命」をテーマに、シンガーソングライターであり、歌う道徳講師として活躍中の大野靖之さんをお招きして、全校道徳を行いました。
 講演では、実体験にもとづく話とともに感動的な歌を通して、かけがえのない自分やかけがえのない命について考えました。
 講演開始直後は、単なる人気歌手のコンサートのようでしたが、実体験にもとづく話がはじまると、本題である「大切な自分」や「かけがえのない命」について、考えさせる内容でした。
 講演後は、各教室ごとに、各班に配属されたサポーターのみなさんと一緒に、意見交換会を行いました。
 意見交換会では、人生経験が豊かなサポーターからの話に耳を傾け、いろいろなことを質問したり、アドバイスを受ける中で、納得できる意見が出ると、笑顔で楽しそうに受け応えする姿が多く見られました。
 今回の全校道徳では、普段の授業では学習することができない内容が多く、貴重な体験をすることができました。全校道徳を開催するにあたり、サポーターとして多くの地域の方々の協力を頂きました。お忙しい中、ありがとうございました。

☆講演 歌う道徳講師 シンガーソングライター  大野靖之さん

☆お礼の言葉 (生徒会代表)

☆サポーターの皆様

 

9/9(月)生徒会役員選挙・立会演説会を行いました

「よりよい三中にするため頑張ります。 一票をお願いします。」

立候補者11名が堂々と立派に公約や抱負を述べました。また、応援演説者からは、下向きながらも立候補者の長所を全面に心のこもった演説をしました。
立候補者と応援弁士の熱心な演説に耳を傾け、選挙公報をみながら、「誰に投票しようかな」と考え、台風の後で暑さが非常に厳しいなか、全校生徒がステージに集中し、演説を聴いている姿がとても印象的でした。
投票は各学年の投票所で厳正に行われ、放課後、選挙管理委員会によって開票が行われます。

☆教頭先生の話 ☆立会演説会 (立候補者と応援演説者)
☆投票における諸注意(選挙管理委員長)

☆投票 …各学年の投票所で投票しました。

9/4(水)第2回避難訓練を行いました。

地震発生! 安全確保! 避難…!!

 今回の訓練は、市川北消防署の指導の下で、普段の授業中に地震が発生したことを想定し、教科担任の指示に従ってしっかりと避難することを目的に訓練を行いました。訓練では、避難経路や地震発生時の行動などについて確認し、迅速に避難することができました。
 避難訓練後は、消化器の使い方(初期消火の方法)について教えていただきました。
「火事だ-」と、大きな声で助けを求め、熱心に消火訓練に取り組み、火災の恐ろしさを想像しながら、消防士の話に耳を傾けていました。
 今回の訓練を通して、いつ起きるかわからない災害に対して、いつでもしっかりとした迅速な行動がとれるように、日頃の防災意識の向上へとつなげていきたいです。消防署のみなさま、心のこもったご指導ありがとうございました。

☆地震発生 安全確保「DROP! COVER! HOLD ON!」 → 校庭へ避難 → 点呼
☆講評 安全主任・市川北消防署より ☆消火器の使い方(初期消火の方法)を確認しました。
「初期消火は火の勢いが小さいときだけ、身長の高さより高い火の場合は逃げて…。」 ☆お礼の言葉