生徒の様子

10月8日 3枚目のお皿

 10月8日(木)の給食で、3枚目のお皿が登場しました。これは、6月22日に給食が再開してから初めてのことです。コロナ禍の対応として市川市の公立学校では、「ほっと給食メニュー」と名前をつけて、配膳がしやすい給食を行ってきました。その後4か月が過ぎ、感染リスクを低減する理解も進んだことから、少しずつメニューを増やしてきたところです。1品増えると一段とおいしくなることから、給食時の注意点をあらためて守っていきましょう。

 この日のメニューは、キムタクごはん、肉団子スープ、くらげ和え、みかん、牛乳でした。

 なお、毎日の献立は、「給食室より」をクリックすることでご覧いただけます。

10月7日 校外学習(院内学級)

 10月7日(水)に院内学級の校外学習を行いました。校外学習としては、院内学級が先陣を切る形となったのは、毎年、行き慣れている野外活動であることに加えて、国府台病院のドクターや看護師の皆さんが多数同行していただいているからです。行先は房総半島の鋸山でした。日本寺で昼食をとり、登山を行うメニューでした。途中から雨が降りはじめたことで、一般の登山者が少なくなり、心配していたソーシャルディスタンスも十分にとれました。院内学級の生徒には、大自然のフィールドでゆっくりと時間を過ごす良い機会となりました。

9月25日 3年作品展示

 9月25日(金)保健室前にたくさんの作品が並べられました。これは、3年生の技術科の授業でつくったペンスタンドです。金属部分を支える台になる木材を加工して仕上げています。それぞれの形にちなんだ作品名と工夫した点が書かれていて見ごたえがあります。ライトアップもされて並んでいる様は壮観で、多くの生徒が足を止めて見ています。中学時代を懐かしいと思える年齢まで使い続けてみてはどうでしょうか。

9月24日 3年進路集会

 9月24日(木)に3年生の進路集会を行いました。17日、18日が定期テスト、四連休明けの23日に到達度テストを終えて、気持ちもあたらに自分の進路について考える時間となりました。最初に進路指導主任から「自分の進路は、自分で考えて決める」という目標が示され、入試のしくみを再確認し、学校見学や保護者の方との話し合いの進め方、校長面接・三者面接のねらいなどを聞き、進路決定までの見通しが持てたことでしょう。今日をリスタート(再出発)と位置づけて、今から計画的に自分の進路を決めていってください。

9月23日 新校舎のスタート

 9月23日(水)から待ちに待った新校舎での教育活動がはじまりました。壁も黒板も真新しく、バドミントンコートのサイズとはいえ、冷暖房完備の体育館が自由に使えます。

 院内学級の生徒からは、「とてもきれい。」「遊ぶための校庭があってうれしい。」などの声があがっています。教室数が増えるなど充実した施設で、様々な学びを進めていってください。

3年生の教室です。

理科室と家庭科室を兼ねています。

おしゃれな図書室

自由に使える体育館(引っ越し当時)