大町小ニュース

大町小ニュース

4,5,6年 国際理解

JICAの木村明日美さんをお迎えして、5,6年生は中央アジアのキルギスという国の生活ぶりや文化、言語などをご紹介していただきました。

キルギスの古い言い伝えに、キルギスのご先祖様が二つの国に分かれ、その一つが日本だというものがあるそうです。ですから、親日であるとのこと。子供達には驚きとともに親しみが一気にわいてきたようでした。

そして、木村さんがなさっていたお仕事のことや、キルギスの生活ぶりを聞き、そこからキルギスの課題点を共有しSDGSについて考えました。また、日本の課題についても考えることができました。

自分たちにできることは何かということも少しだけ考えるきっかけとなりました。

最後には、キルギスの楽器「コムズ」というギターのような楽器を演奏してくださいました。とても素敵な音色でした。

 

4年生は、カンボジアで子供たちに勉強を教えていらっしゃるJICAの大長賢太朗さんとインターネットでつながり、カンボジアの国について教えていただきました。

はじめに、カンボジアの言語や気候、食生活などの生活の様子や政治のことなどについてお話してくださいました。

その後、実際にカンボジアの街に出て、トゥクトゥクという三輪車に乗って実況生中継をしてくださいました。交通状況、お店の様子、土地の様子などが映像や説明からよくわかり、子供たちは、興味深く見入っていました。

横断歩道があっても車は止まってくれないなど、びっくりすることもありましたが、調べた知識だけではわからないことがたくさんあり、よい学びとなりました。

 

外国についての理解が広がった大変貴重な時間でした。

木村さん、大長さん、ありがとうございました。

 

 

4年お琴教室

今年も前田先生を講師としてお招きし,お琴教室を開きました。

初めて爪を付けた子供たちは,力の入れ方に苦戦しながらもお琴に集中して演奏していました

 

 

書き初め会

 

2022-1-14(金)

校内書初め大会を行いました。

「春の海」のBGMを聴きながら、子どもたちは一生けんめい取り組み、力作ができました。

<各学年の課題>

3年生:「友だち」

4年生:「美しい空」

5年生:「世界の国」

6年生:「伝統を守る」

( ↓ 3,4年生 )

 

( ↓ 5,6年生 )

( ↓ 力作を披露・3,4年生 )

 ( ↓ 力作を披露 5,6年生 )

6年被爆体験のお話

2022-1-13(木)

6年生の歴史学習の一環として、被爆体験者の方から、お話をしていただきました。

お話と写真資料を通して、子どもたちにとって、たいへん貴重な学びになりました。

ありがとうござました。

(講師)市川市被爆者の会・青木清子(きよこ)様

雪の降った校庭で、自然とのふれあい活動

2022-1-7(金)

 前日に降った大雪は校庭でキラキラと光り、まるで、子どもたちに「おいで、おいで!」と、誘っているようでした。

 木々の葉に雪をかぶった様子を見て、子どもの一人が「まるで”ゆきザクラ”だ!」と、つぶやいていました。

  子どもたちは、雪を使ってたっぷりと遊んで、自然とふれあいました。