稲越ニュース

2020年11月の記事一覧

ひばりまつり

28日(土)、「ひばりまつり」が実施されました。新型コロナウイルス感染防止に努めながら、準備を進め、当日も参観方法を工夫して実施しました。今年初めての縦割りグループでの活動となる「ひばりまつり」ですが、稲越小がこれまで長年にわたり積み重ねてきた経験を発揮し、6年生を中心にどのグループもよくまとまっていました。保護者の皆様にも参観の人数制限や1グループごとの入れ替えにご協力いただきました。一人一人の児童が輝いたひばりまつりとなりました。児童のみなさん、よくがんばりました。

ひばりまつり前日準備

27日(金)、5・6年の児童が明日開演される「ひばりまつり」の前日準備を行いました。今年のひばりまつりは新型コロナウイルス感染拡大防止に努めての実施となるため、例年とは異なる会場準備となりましたが、子供たちは明日に向けて意欲的に準備を進めました。今年のテーマは「共に行こう本の世界へ」です。今年はどんな発表があるか、今から楽しみです。

栄養職員の谷地先生が2つの賞を受賞しました

20日(金)、稲越小学校のランチルームで本校の栄養職員、谷地智恵先生の表彰式が市川市教育委員会保健体育課長にお越しいただき、実施されました。(新型コロナウイルス感染拡大防止のため表彰式が中止となったため)谷地先生は今回、千葉県より「栄養関係功労者知事表彰」、市川市より「市川市教育功労賞」を2つの賞を受賞されました。これまで、市川市で勤務された学校でおいしい給食を提供するだけではなく、市川市の地産地消の食材を学校給食へ取り入れる活動、また家庭科の授業(おはしの授業・おせち料理づくり等)も積極的に関わり、各種コンクールへの参加に児童を取り組ませ(和食王選手権・朝食選手権等)、さらに千葉県の伝統料理(太巻き祭り寿司等)を広め、市内の栄養士だけでなく葛南管内の多くの方々、大学の学生や留学生へ指導も行うなど長きにわたる様々な功績が評価されました。谷地先生、本当に、本当におめでとうございます。これからもますますのご活躍を祈念してます。

 

6年生 日光校外学習

 

19日(木)、6年生の児童が栃木県日光市へ校外学習へ行ってきました。クラス全員が参加できました。11月の日光とは思えないよう暖かさの中、日光の歴史や自然、文化を学ぶことができました。グループごとに日光東照宮を見学し、おいしい昼食を食べ、午後は日光彫を体験しました。子供たちにとって大切な思い出が一つできました。