稲越小施設開放

稲越小学校 部活動の活動方針

学校部活動の活動方針

市川市立稲越小学校     校長名 清田 博之 

教育目標 ○学校教育目標

 かしこく、優しく、ねばり強く

~家庭・地域と共にある学校~

○学校教育目標と部活動との関連、また、部活動の教育的意義等

 部活動は児童がスポーツや文化に親しみ、学習意欲の向上や責任
  感、連帯感の涵養に資するものとして、学校教育の一環として行
  われるものである。また、体力や技能の向上を図る以外にも、好
  ましい人間関係の形成や社会性・公共性を身につけるなど、児童
  の多様な学びの場として、教育的意義が大きいものである。
部活動の

基本方針

①適切な指導
 ・顧問は担当する部活動の特性を踏まえ、合理的かつ効果的な指
    導方法を工夫する。
 ・自主性・自律性を尊重した指導を行う。    
 ・体罰・ハラスメントの根絶のため複数での指導を行う。
 
②適切な休養日及び活動時間  
   ・平日は2時間程度の練習時間とする。   
   ・月曜日の朝、水曜日の午後の練習は行わない。「ノー部活タイム」
 ・土日のどちらかを休養日とする。
 
③事故防止  
 ・活動中のけがや事故も未然に防止し、安全指導を心がける。
   ・練習前後の施設・設備の点検を行い、安全な環境を整える。   
   ・児童の健康管理を徹底する。    
   ・熱中症等の防止のために暑さ指数の計測を行い、
  運動が危険な数値に達した時は部活動を中止する。

④その他   
   ・活動計画をお便りで連絡する。  
   ・他校との交流を積極的に行う。