ブログ

2021年5月の記事一覧

5月18日 院内学級の学びの紹介 

5月6日7日に新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のために学級閉鎖をした院内学級ですが、子供たちは先生の話をよく聞き、活動に取り組んでいます。

中学校の授業のうち、美術と毛筆と音楽を学校の職員でない方にご協力をお願いしています。

美術と毛筆は、和洋国府台女子中学校高等学校の先生が来て教えてくれます。今日は美術の授業の様子を参観しました。

「もともと絵の上手な人はいません。よく観ること と ゆっくり描くこと この二つが大切です。」と教えてくれていました。ここまで、野草と石を描いてきました。今日は鏡に映る自分の目に挑戦しています。今日はさらに、描こうとするものの仕組みに注目することを教わっていました。目のつくり、眼球の円み、黒目の形、眉毛やまつ毛の生え方や向きなどを例に教わりました。

子供たちは鏡に映る目を見て、よく観てゆっくりと描いていました。集中して取り組み、みんな一生懸命で気持ちのいい時間でした。

5月12日 第一中学校の生徒の自慢

 私は朝、いつものようにぐるっと一回り、学校の近くのごみ拾いした後、学校にもどり、ふと気づくと、倉庫の掃除を二人の男子がしています。

 「ご苦労様です。当番ですか。大変ですね。ありがとう。」と声をかけると、何か言いたそう…

 近寄って話してみると、体育委員の子であるが、特に当番だから掃除をしているのではなく、気になったから始めたそうなのです。私は改めてお礼を言ってその場を去りますが、これは、とてもよい行いであると思います。学校は「いつも健康でよく働き、みんなに奉仕する生徒」をめざす生徒像として掲げていますが、その具体的な姿に出会うことができました。

5月10日 第一中の生徒の自慢

朝、中央委員の皆さんがあいさつ運動をしてくれています。担当の先生も一緒に活動しています。目指す学校像の一つ、「気持ちの良い挨拶が聞こえてくる学校」づくりが行われているのを感じ、ありがたく思います。先生と生徒の触れ合いがあるのもありがたいです。

5月6日 風薫る5月

”さわやかに光あふる国府台”で始まる校歌の2番の出だしのような景色が見られます。新緑がきれいな時期になりました。お日様がきらきらしています。美術部の皆さんが今月はこいのぼりを作ってくれました。作品の月名は、「こうつき」と読み(漢字変換で出てきませんでした)、陰暦の5月の別名です。