生徒の様子

11月27日 ゲストティーチャー

 11月27日(水)に上田くん(2-4)がゲストティーチャーとして母校である国府台小学校に行き、ドイツでの体験を6年生に伝えました。

 海外派遣までの手続きから始まり、ローゼンハイム市、訪問先の学校、ドイツの食べ物、横断歩道押しボタンなど、日本との違いを写真を映して説明していきました。

 時折、笑い声が聞こえる和やかな雰囲気で海外派遣の魅力を伝える良い機会となりました。

11月26日 国府台高校に協力2

11月26日(火)に国府台高校の学生さんと一緒に地域清掃を行いました。

これは「学校を核にした県内1000ヶ所ミニ集会」に参加したものです。

この集会は、地域と学校のあり方をより良くするものです。

一中からは91名のボランティアが7つの地域に分かれて清掃を行いました。

その後、清掃をした地域周辺の安全について情報交換を行いました。

総勢91名の一中清掃ボランティア

袋いっぱいのごみに、中学生も高校生もよい笑顔!

話し合いでは見通しの悪さや車の往来に注意が必要であることが話し合われました。

夕方に高校のサッカー部の皆さんが一中の側溝を清掃してくれました。

感謝するとともに引き続き、中高連携を進めます。

11月25日 国府台高校に協力

11月25日(月)に国府台高校のバスケットボール部が一中の体育館で練習を行いました。

これは国府台高校体育館の工事に伴い、一中が協力したものです。

折しも定期テスト中でしたので、比較的早い時間から使っていただくことができました。

これからも様々な形でよい関係を続けてまいります。

11月22日 家庭教育学級

 11月22日(金)に家庭教育学級が行われました。

 今回は遠藤詳子先生をお招きしてチョークアートの作品づくりです。

 見本を見ながらの作成でしたが、それぞれお子さんをイメージしてか・・・表情豊かなサンタクロースが作られていきました。

 ものづくりをしながら、日々のご家庭での会話に花が咲き、終始笑顔の絶えない学級となりました。

11月21日 全校集会

 11月21日(木)に全校集会を行いました。

 最初に新人戦や各種コンクールの入賞者の表彰を行いました。

 続いて11月26日からはじまる読書週間のお知らせを図書委員3名と末廣先生が会話形式で行いました。最後にウィリアム・カムクワンバさん(32)の実話が紹介されました。内容は14歳のウィリアムさんが追い出された学校の図書室に忍び込み、一冊の英語の本『エネルギーの利用』に出会うところからはじまります。英語はほどんど読めませんでしたが電気の発電と送水ポンプの稼働を実現し、干上がった村の畑に水をもたらしたという実話です。

 定期テストを終えたら、一冊の本との運命的な出会いを求めて読書を楽しみましょう。