児童の様子

2021年4月の記事一覧

「入学おめでとう」の会

例年、体育館で「入学おめでとう集会」を行っているのですが、今は体育館に集まることができません。

そこで、4~6年生の「計画代表委員会」の児童が中心になって準備をした「入学おめでとう」の会を、全校の教室で大型提示装置で写真や動画を見ながら、放送で行いました。

会の前に、1年生は、6年生から「入学おめでとうメダル」をプレゼントしてもらいました。これは、2年生から6年生までが分担して作ってくれたものです。

1年生と6年生はこれからも一緒に活動するペア学年。ペアのお兄さん、お姉さんからメダルをもらった子供たちは本当にうれしそうでした。

1年生の教室の黒板に張られた掲示物も、「計画代表委員会」の4・5年生が作ってくれました。

「おめでとうの会」では、校歌を聞いた後、「鬼高小学校の5つの鍵」の紹介、鬼高小クイズ、鬼高小ゲーム、そして、1年生からの「ありがとう」の動画を見ました。

クイズには〇☓で答え、ゲームは放送をよく聞いて手を挙げたり下げたり。とっても楽しそうでした。

 

鬼高小学校の1年生を、みんなで温かく迎えることができました。

 

第2回「未来タイム」 4月26日

月曜6校時は、2回目の「未来タイム」です。

今回は、前回終わらなかった「キャリアパスポート」を仕上げる、タブレットの接続方法を確認する、タブレットで「ソーラン節」について調べる、NHK for schoolの「テキシコー」を見てプログラミング的思考について考える、「ビスケット」というプログラミングソフトを使って水族館を作るプログラミング体験をする、など、各クラスで様々な取り組みが行われました。

NHK for schoolの「テキシコー」は、子供たちから「まさか」「なるほど」「あ~」という声がたくさん聞かれ、「プログラミングって身近なこと」だと理解できたようでした。

「ビスケット」は、なかなか複雑なのですが、子供たちはあっという間に使い方を理解していました。さすがです。

 

6年生 租税教室

4月22日に、「市川青色申告会」から、ゲストティーチャーをお招きし、6年生の各クラスで「租税教室」を実施しました。

少し難しい話でしたが、どの子も講師の金子先生のお話をよく集中して聞き、学んでいました。やはり、外部のプロから学ぶ体験は大事です。

税金の種類や、仕組、使い道は国会で決める、などのお話や、なぜ税金が必要なのかについてアニメで分かりやすく説明していただきました。

未来の納税者たち、頑張って勉強しました。

第1回 避難訓練

16日(金)に、今年度1回目の避難訓練を行いました。

今回も、密を避けるため、昇降口に2つの学年が集中しないよう、1・2・6年、3・4・5年の2回に分けて実施しました。

今回の訓練の一番の目的は、新しい教室からの避難経路を確認することです。

どの学年も、「おはしも」(押さない・走らない・しゃべらない・戻らない)をしっかり守って、避難開始の放送から5分以内で整然と校庭に避難することができました。1年生もとても立派でびっくりしました。

実際の災害の時にも、コロナ対応を忘れることはできないので、校庭で並ぶ時は、できるだけ間隔をあけて並びました。

 

 

1年生の1週間

入学式から1週間。1年生、頑張っています。先生のお話をよく聞いて、とてもおりこうで、びっくりです。

初めての朝会のお話も、とってもよく聞いていました。

廊下の歩き方、校庭の使い方、鉛筆の持ち方、集団下校、そして初めての給食、たくさんのお勉強をした1週間でした。