おすすめの本

おすすめの本

図書名 ともだちになろうよ
表紙
著者 作 中川ひろたか
絵 ひろかわさえこ
出版社 アリス館
詳細

おかあさんは、よく「おともだちできた?」ってきくけれど、

なんで、ともだちなんか必要なの?

ともだちなんかいらない。

そんなワニの男の子のところに、ウサギの女の子がやってきます。

 

 

図書名 いのちのおはなし
表紙
著者 日野原重明 文 
村上康成 絵
出版社 講談社
詳細

95歳のわたしから、10歳のきみたちへ

 

あとがきより

「いのち」やいのちをどうつかおうかと決める「こころ」は見えませんが、

見えないものこそ大切にすべきです。

自分のもっている自分の時間。それが自分のいのち。

きみたちはこれから、そのことをよく考えて、生きていってほしいと思います。

 

図書名 かえるをのんだととさん
表紙
著者 日野十成  再話    斎藤隆夫 絵
日本の昔話
出版社 福音館書店
詳細

腹のいたくなったととさんは、和尚さまに相談をしに お寺にでかけていきました。

すると 和尚さまに「腹の中にいる虫のせいじゃ。かえるをのむといい」と言われ

かえるをのみこみますが・・・

 

さあ どうなってしまうのでしょう。

図書名 ココロ屋
表紙
著者 梨屋アリエ 作
菅野由紀子 絵
出版社 文研出版
詳細

「ココロを入れかえなさい。」

先生におこられて、教室からにげだしたぼく。 目の前にあらわれたのはココロ屋。

  えっ、ココロって取りかえられるの?

ぼくは、「やさしいココロ」と自分のココロを取りかえてみた。

 

やさしいココロ すなおなココロ あたたかいココロ・・・

ココロをとりかえるとしたら、あなたならどうしますか?

図書名 タンタンタンゴはパパふたり
表紙
著者 作 ジャスティン・リチャードソン
  ピーター・パーネル
絵 ヘンリー・コール
訳 尾辻かな子 前田 和夫
出版社 ポット出版
詳細

ロイとシロのおすペンギンは、いつからかお互いが気に入り、カップルになりました。

動物園にはいろんな家族がいます。ロイとシロのパパふたりとタンゴ、それがタンゴの家族です。

これは本当にあったお話です。

 

図書名 くまのこうちょうせんせい
表紙
著者 作 こんのひとみ
絵 いもとようこ
出版社 金の星社
詳細

くまの校長先生は、毎朝元気に「おはよう!」と子どもたちをむかえてくれます。

いつも声が小さいひつじくん。ひつじくんにとって、「大きな声」はひつじくんを悲しくさせるものばかりでした。

それでもひつじくんは大きな声であいさつできるように、一人で練習をします。

図書名 ともだちからともだちへ
表紙
著者 アンソニー・フランス  さく
ティファニー・ビーク  え
木坂 涼        やく
出版社 理論社
詳細

元気のなかったクマネズミくんに、一通のてがみがとどきました。でも、差出人の名前がありません。わかっているのは「友達」ということだけ。そこで、クマネズミくんは、差出人をさがしにでかけます。

図書名 5ひきのすてきなねずみ   おんがくかいのよる
表紙
著者 たしろちさと
出版社 ほるぷ出版
詳細

あるまんげつのうつくしいばんのこと、

かぜにのってどこからかおんがくがきこえてきます。

 

ぐれ、くろ、しろこ、ちゃたろう、ちびすけ、5ひきのねずみは

おとのするほうへ、あるきだしました。

図書名 白狐魔記 源平の風
表紙
著者 斉藤洋
出版社 偕成社
詳細

人間に興味をもち、修行をかさね人間に化けられるようになったきつね、白狐魔丸(しらこままる)。歴史上の大事件に巻き込まれながら人間について考えます。

図書名 「危険なジェーン」とよばれても
表紙
著者 スザンヌ・スレード 文
アリス・ラターリー 絵
小林晶子 訳
出版社 岩崎書店
詳細

まもなく 第一次世界大戦がはじまってしまいます。

でも、ジェーンにはわかっていました。戦争を止めるために何をすればよいか―

“何かにおびえて、すぐにあきらめ、

 世界を救うかもしれない取り組みを投げ出してしまう。 それが一番良くないことです。” (ジェーン・アダムス)