稲越ニュース

2019年11月の記事一覧

「ひばりまつり」前日準備

29日(金)、5・6年の児童が「ひばりまつり」の準備を行いました。会場の掲示や椅子並べ、清掃などを行いました。いよいよ明日は「ひばりまつり」です。会場は準備万端整いました。5・6年生のみなさん、ありがとうございました。

協働花作り2019

27日(水)委員会活動の時間に毎年学校の花作りを行っていただいている本山様から「お花」の寄贈がありました。代表委員の児童が学校を代表していただきました。市の協働花作りの活動ではありますが、本山様には毎年、季節ごとに昇降口前の大きな鉢やひばり図書館脇の通路にご自宅で種から育て、成長させた花を寄贈していただいております。さらに植え替えまで行っていただいています。今年は「葉牡丹」と「パンジー」を寄贈下さいました。本山様、いつもありがとうございます。

 

第4回 PTA運営委員会

26日(火)10:00よりPTA活動室において、「第4回PTA運営委員会」が実施されました。PTA活動を広く知っていただきたく、会議の様子を紹介いたします。運営委員会は年間6回開催しています。PTA会長・学校長のあいさつの後、各委員会による報告。今月の議題についての話し合いを行います。今月の議題は①ぽかぽか安全大作戦について②委員会、係の委員長、引き継ぎ役の回数③年度初めの会議の日程の縮小④ふれあい清掃、について話し合われました。稲越小がよりすばらしい学校になるようにPTA役員の方たちにがんばっていただいています。

第11回稲越小学区防災拠点協議会

25日(月)、本年度2回目となる「第11回稲越小学区防災拠点協議会」が開催されました。稲越小学区防災拠点協議会委員の方々に学校にお集まりいただき、行われました。稲越小学区防災拠点協議会は平成28年に立ち上げられ、市川市役所の職員の方々、稲越自治会関係者や学校関係者など様々な方が中心となり、防災・減災対策についての会議や訓練を進めています。今日は、令和2年1月19日(日)の避難所運営訓練についての話し合いが進めれました。災害が起こることで、対応策が練られています。稲越小学区防災拠点協議会も稲越地域独自の避難所立ち上げ訓練の在り方を進めています。

10月・11月のお誕生日給食

21日(木)の給食の時間は「10月・11月のお誕生日給食」の日でした。2か月一緒のお祝いの時間となりました。一人ひとりの事児童が、放送委員のインタビューに答え、おいしく給食をいただきました。10月・11月生まれのみなさん、お誕生日おめでとうございます。

 

 

「ゆめみるチーバくん」ダンスキャラバン隊来校

20日(水)、クラブ活動の時間にダンスクラブの指導に「ゆめみるチーバくん」ダンスキャラバン隊が来校しました。ダンスの先生3名が「ゆめみるチーバくん」のダンス指導をしてくださいました。チーバくんとの交流もあり、楽しくダンスを踊って活動しました。きれきれのダンスが踊れるようになりました。

就学時健康診断(子育て講演会)

19日(火)、就学時健康診断が実施されました。来年度1年生となる現在、市川市の児童が検診を行いました。今回は、保護者の方々の待機時間に親業訓練シニアインストラクターの式場敬子様にご講演をいただきました。「自分で考える子どもを育てる」というテーマで親子関係づくりについてお話いただきました。効果的なコミュニケーションについて、わかりやすくご指導いただきました。

 

1年生 さつまいも調理

15日(金)、1年生の児童が生活科の学習で収穫した「さつまいも」の調理を行いました。「さつまいも」にグラニュー糖、ポーションコーヒーミルクを混ぜて、作りました。子どもたちは楽しそうに活動し、実りの秋の一つである「さつまいも」を味わって食べていました。

市川市児童生徒音楽会

14日(木)、市川市文化会館で「市川市児童生徒音楽会」の2日目が行われました。本校からは5・6年生の児童が参加しました。「鳥になって」「明日に輝く」の2曲を披露しました。合唱も日頃の積み重ねが大切です。子どもたちは一人一人が持てる力を発揮した素晴らしい演奏を行いました。

「ひばりまつり」の準備がはじまりました

11日(月)からグループごとに「ひばりまつり」に向けての準備が始まりました。計画的に準備を進めていきます。今日は6年生が準備を進めてきた「台本」をもとに「道具づくり」を行いました。それぞれ進みぐあいは違いますが、子どもたちは、グループに分かれて協力して、道具や衣装づくりを行いました。当日、どんな劇を披露するのか、とても楽しみです。

第10回市川市朝食選手権

9日(日)、昭和学院女子短期大学において、第10回市川市朝食選手権が開催されました。稲越小からは書類審査を通過した8チームが参加しました。子どもたちは自分たちで考えた朝食を仲間と協力して、手際よく調理していました。6年生の1チームが、教育長賞。5年生の1チームが協会長賞を受賞しました。おめでとうございます。

 

1年生 生活科「さつまいも掘り」

8日(金)、1年生の児童が生活科の学習の一環で「さつまいも掘り」を行いました。校舎の裏にある「稲越農園」で育てたさつまいもを収穫しました。子どもたちは、形や大きさの違うさつまいもを楽しそうに収穫していました。この後の「さつまいも料理」の活動も楽しみです。

5年生 校外学習

8日(金)、5年生の児童が社会科「わたしたちのくらしと工業生産」の学習の一環として日産自動車追浜工場へ工場見学へ行ってきました。工場内を丁寧に案内していただき、自動車作りの工程や働いている人の工夫についていろいろなことを学ぶことができました。午後は、「三菱みなとみらい技術館」に行き、「空」「海」「宇宙」「陸」の4つのゾーンで体験学習を行いました。子どもたちはグループごとに意欲的に活動していました。

 

 

須和田の丘フェスティバルの小学部お披露目会

7日(木)、須和田の丘小学部の児による9日(土)須和田の丘フェスティバルで発表する「合唱や合奏、ダンス」のお披露目会が行われました。数年来、稲越小の子供たちは事前にお披露目をしていただいています。小学部の児童たちは、みんな頑張っていました。稲越小からは5・6年生の児童が「市内音楽会」で発表する曲を披露しました。お互いの本番でのすてきな発表がとても楽しみです。須和田の丘フェスティバルは9日、9:10から稲越小体育館で行われます。

 

東国分中ブロック定例研(6年授業)

6日(水)、東国分中学校ブロックで定例研が行われました。本校の6年生の児童が体育館で「病気の予防」の学習を行いました。今日は「がん」の病気について学習でした。講師に千葉県がんセンター研究所の所長、永瀬浩喜先生をお招きし、ご指導いただきました。クイズ形式でわかりやすく「がん」について教えていただき、早期発見のための検診の大切さやがんにかかった方への関わり方などいろいろなことを知り、考える機会となりました。また子どもたちから保護者の検診への発信メッセージなど家族の大切さについても考え機会となりました。

 

5年家庭科「食生活について考えよう」(食育)

11月5日(火)、5年生の児童が家庭科の学習で「食生活について考えよう」という学習を行いました。自分の普段食べているもの栄養素について調べ、考えました。(塩分・脂質等)大学との連携で、和洋女子大学の学生が授業参観に来ていました。子どもたちも学生の方々も授業を通して、学んでいます。

全校朝会(開校記念日)

11月5日は稲越小学校のお誕生日、開校記念日です。今日で39歳となります。今日の朝会で校長先生から紹介がありました。今日の校長先生のお話は「3つの幸せ」のお話でした。もらう幸せ・できる幸せ・あげる幸せについてあんぱんマンを例にお話がありました。須賀美奈子先生からは今月の生活「落ち着いて学習しよう」について、話の聴き方や家庭学習の大切さについてのお話がありました。今年もあと2か月、朝晩の気温の変化が大きくなっています。体調には気を付けて、いろいろなことを学んでほしいと思います。

ユネスコ実践授業公開

11月1日(金)、6年生の児童が理科の学習でユネスコ実践授業公開を行いました。稲越小学校はユネスコスクールに加盟しています。ユネスコスクールは「持続可能な社会を構築する能力や態度を備えた人材を育成する教育」の具現化を目指して教育活動に取り組んでいます。今日は理科の学習の中で「批判的思考(クリティカルシンキング)」の育成をめあてとした授業を行いました。子どもたちは学習を通して、いろいろな力を身につけています。