ブログ

学校の様子

入学式について

春暖の候、皆様におかれましては、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。また、この度のお子様の冨貴島小学校へのご入学を心からお慶び申し上げます。

保護者に皆様におかれましては、来る入学式に向けて準備をされているところかと存じますが、新型コロナウイルス感染症の感染防止に向けた最大の配慮として、下記の通りの対応を取りますので、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

 

1.    日  時
令和2年4月8日(水) 

午前  9時15分 受付開始    午前10時  開式  午前11時30分頃 下校予定
 

2.    式  場
市川市立冨貴島小学校  体育館

3.    お願い
  
(1) 新入生保護者の皆様の受付は午前9時15分~午前9時40分までとなっております。2 棟 1 階昇降口よりお子様と一緒に入り、各教室前で受付後、直接会場の体育館に移動をお願いいたします。

(2) 感染拡大防止のため、席の間隔をとりますので、各家庭2名までとします。ギャラリーを開放しておりません。また、未就学のお子様の出席はご遠慮下さい。

(3)式終了後、学級ごとに記念撮影を行います。詳しくは式終了後にご連絡いたします。

(4)各自上履きをご持参ください。また、教科書等お持ち帰りいただくものが多数ありますので、大きめの手提げ等をご用意ください。

(5)スペースに限りがありますので、ビデオ・写真は自席での撮影をお願いいたします。三脚の使用・フラッシュ撮影はご遠慮ください

(6)当日の朝は、お子様と保護者の皆様ともに、必ず検温を行ってください。また、マスクの着用をお願いいたします(教職員もマスクを着用いたします)。

(7)換気のために窓を開放しますので、防寒の準備が必要な場合は各自でお願いします。

 

 

〇今後も状況によって、変更が予想されますので、入学式当日まで随時冨貴島小学校ホームページをご確認ください。

〇本校では、緊急の連絡や大切な情報をお伝えするのに「一斉メール配信システム SchiT Mail3」を使用しています。入学後は、メールにて連絡をさせていただきますので、入学時に配付する手紙をご覧いただき、ご登録をお願いいたします。

 

 

 

 
 

 

 

3月25日(水)修了式

 1~5年生は、2月27日(木)以来、約1か月ぶりの登校となりました。友達と久しぶりに会った子どもたちが多く、表情が明るかったです。

 感染症拡大防止のため、新年度も休校がどうなるかわかりませんが、春休みは健康管理など、それぞれができることをして過ごし、休校が解除された時には元気に登校してほしいものです。

3月18日(水)第69回卒業証書授与式

 久しぶりに、子どもたちの元気な声が校舎内外から聞こえました。

 感染症拡大防止のための臨時休校継続の中、卒業証書授与式を行いました。練習をほとんどできないまま本日を迎えましたが、最高学年らしくすばらしい態度で臨みました。式の後、校庭で、写真を撮影したりおしゃべりしたり、名残惜しく過ごしていました。(写真)

 卒業生の皆さん、健康に気をつけて、中学校生活を楽しんでください。

2月27日(木)② 大型紙芝居 卒業公演

 まもなく卒業を迎える6年生のために、図書ボランティアの皆さんによる大型紙芝居を行ってくださいました。作品は「花さき山」。壮大なセットと工夫を凝らした内容に、子どもたちも感動していました。

 素敵な機会を提供してくださった図書ボランティアの皆さん、ありがとうございました。

2月27日(木)第7回家庭教育学級 閉級式

 この日のテーマは、「カルトナージュ~牛乳パックと布で作る壁掛けミラー~」。カルトナージュとは、厚紙に布や紙を貼って仕上げる作品です。講師の先生のわかりやすい指導を受け、素敵な作品が仕上がりました。

 

 また、今回で今年度の家庭教育学級は最終回となり、併せて閉級式を行いました。

 市川市の家庭教育学級は、昭和39年から、子どもの健やかな成長を願って、子どもに関わる様々な内容を主として、共通したテーマで1年間、計画的・継続的に学習する場として開設され、今年度も充実した学びを提供していただきました。運営に携わった保護者の皆さんに感謝を申し上げます。

 

2月21日(金)6年生都内見学

 6年生にとっては、小学校生活最後の校外学習。この日は、国会議事堂・日本科学未来館・江戸東京博物館を見学しました。これまで社会科などで学んだことを振り返り、学びを深める機会となりました。

2月20日(木)「ありがとう6年生集会」

 6年生と1年生が手をつないで入場して集会が始まりました。間もなく卒業を迎える6年生へ感謝の気持ちを込めて、各学年で出し物をしたりプレゼントを贈ったりしました。その後の6年生の合唱は、さすがでした。全校児童で心温まる時間を過ごしました。

2月19日(水)6年生の卒業に向けて

 6年生の卒業まで1か月をきりました。明日2月20日(木)は、「ありがとう6年生集会」が行われます。今日は、各学年が出し物の最終練習を行っていました。また、校舎内には、卒業を祝う掲示物があちらこちらに貼られ、6年生への感謝の気持ちがあふれていました。

 

 

 

2月15日(土)学習参観

 普段は休業日ですが、この日は学習参観(2~5校時)でした。たくさんの保護者の方々が参観される中、生活科や総合的な学習の時間における発表会や外国語科など、多様な授業を展開しました。

 その中で、今回の参観の特色の一つが、「全校道徳」の実施です。全学級で「特別の教科 道徳」を展開しました。道徳の授業は、道徳的な判断力、心情、実践意欲と態度を育てるために、学校教育全体で行う「道徳教育」の要になるものです。本日の授業で取り上げた道徳的価値について、ご家庭で話し合っていただければと思います。

2月13日(木)6年生租税教室

 6年生は、社会科の学習で、政治や経済について学びます。この日は、千葉県税理士会市川支部から講師の先生を迎え、「税」について学びました。税の専門家である税理士の方から、税の必要性や使い道などについて詳しく学びました。

体力作り(持久走)

 体力作りの一環として、体育の時間に5~10分間走(時間は学年により異なります)を行っています。持久走は「動きを持続する力を高める」をねらいとしています。体に過度の負担をかけないよう自分に合った同じペースで走ることが大事で、「速く」「長く」走ることを競うものではありません。子どもたちが体調を整えて走ることができるよう、健康管理にご協力をお願いします。

「あたたかい言葉」

 この写真は、保健室前の廊下の掲示物です。保健委員会の子どもたちが作りました。「あたたかい言葉」とは、『その言葉を聞くといい気持ちになる言葉』です。学校では、「ふわふわ言葉」ということもあります。「こんな言葉が子どもたちの周りにあふれたらいいな。」と思いました。

5年生校外学習

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1月27日(月)に、5年生は「NHKスタジオパーク」・「朝日新聞社」に校外学習に行きました。社会科で「わたしたちのくらしをささえる情報」を学習しており、体験型ブースに参加したり、案内の方の話を食い入るように聞いてメモをとったりと、どちらの施設でも子どもたちは高い興味関心を示し、意欲的に学習に取り組んでいました。

1月24日(金)避難訓練

 児童には予告なしで、大きな地震を想定して一次避難をする「聞き取り訓練」をこれまで2回行ってきました。この日の業間時間は、「聞き取り訓練」を経て、二次避難で校庭に集まるところまで行いました。担任が近くにいるとは限らない中、避難の約束を守り、速やかに避難することができました。

1月23日(木)授業研修「特別の教科 道徳」

 これまで日本の道徳教育を推進してこられた 元 東京家政学院大学の 長谷 徹 先生を講師に迎え、道徳の授業について研修会を行いました。道徳の授業は、学校における道徳教育の要となります。6年4組で授業を展開しましたが、ねらいとする道徳的価値について、児童が考え、友だちと議論し、自らを振り返り、これからの生活に活かそうとする姿勢が伝わってきました。

校内書初め展

 1月20日(月)から31日(金)まで、各学年の廊下に書初め作品を掲示しています。新年を迎え、子どもたちが心を込めてていねいに書いた作品をご覧いただければと思います。