ブログ

学校の様子

校内書初め展

 1月20日(月)から31日(金)まで、各学年の廊下に書初め作品を掲示しています。新年を迎え、子どもたちが心を込めてていねいに書いた作品をご覧いただければと思います。

 

1月19日(日)冨貴島小学校区防災拠点協議会 避難所運営訓練

 「小学校区防災拠点協議会」は、自治会など地域の皆さんで組織され、市職員の方と共に、平常時に減災に関する会議や避難所運営訓練を行い、災害時には避難所運営支援を行います。

 この日は、本校の体育館を中心に、避難所運営訓練が実施され、避難者の受付や情報掲示スペースの設置、アルファ米の炊き出しなどを行いました。

 過去の大地震では、学校で多くの方が避難生活を送り、水や食料、情報の供給が行われています。この訓練は、これまで年1回行われ、事前に案内のチラシが市役所地域防災課から配布されます。もしもの災害時に備え、今後、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

1月17日(金)阪神・淡路大震災から25年

 1995年1月17日午前5時46分、兵庫県淡路島北部沖を震源とするマグニチュード7.3の大地震が発生し、あれから25年が経過しました。この日の清掃中、いつ起きるかわからない地震に備え、先週に引き続き、強い揺れの地震が起きたことを想定した訓練を予告なしで行ったところ、児童は速やかに避難行動をとることができました。  


 大きな地震が起きた際の対応について、ご家庭でも話題にしていただければと思います。

1月16日(木)凧あげ

 1年生が、生活科の学習で、正月遊びの体験として「凧あげ」をしていました。自分で絵を描いたオリジナルの凧を空高くあげようと、走ったり糸の長さを調節したりしていました。

地震を想定した聞き取り訓練

 1月10日(金)の昼休み。この写真は、避難訓練の一環で、児童には予告なしで、強い揺れの地震が起きたことを想定した訓練を行った際の様子です。「地震発生」という放送を聞き、校庭にいた児童が安全確保のため、中央に集まりました。突然の訓練でしたが、約束をしっかりと守り行動することができました。

1月10日(金)令和2年 最初の読み聞かせ

 冬休みが明けて5日目。この日は、新年初めての読み聞かせ。

 始業前は、各学級で、保護者の方による読み聞かせがありました。2年3組のお話は、「つんつくせんせいと つんくまえんのくま」。子どもたちと熊が同じ日に遠足に行って、大騒ぎになるお話に、聞いていた子どもたちは興味津々に聞き入っていました。

 4年3組のお話は、「ボクにできること」。立派な牧羊犬になりたいと願う犬のがんばりに、大きく心を動かされたようでした。

 業間時間には、『おとぎの部屋』で、図書ボランティアの方々による読み聞かせです。この日は、「まよなかかいぎ」と「ヤダとイイヨ」の2つのお話でした。

 ボランティアの保護者の皆さんは、どんなお話を読み聞かせしようかと、選書をとても工夫してくださっています。子どもたちのためによい本に触れる機会を提供してくださる保護者の皆さんに感謝を申し上げます。

 

百人一首

 本校では、全校で百人一首に取り組んでいます。昔から正月に行われるこの遊びを通して、日本の古典文化に触れ、その良さを感じてほしいと思います。

12月23日(月)冬休みを迎える会

 いよいよ明日から冬休み。13日間の長期休業前に、全校児童が体育館に集まり、校長・生徒指導主任から、その過ごし方について話がありました。1月6日(月)には、元気に登校してきてほしいと思います。

12月20日(金)2年生 ドッジボール大会

 気持ちの良い晴れた空の下、校庭では2年生が元気にドッジボール大会を行っていました。昨今、体力・運動能力面で子どもたちの「投げる力」の低下が心配されています。こうした運動の日常化を通して、「投げる力」の向上につなげていきたいと思います。

 

12月19日(木)学校保健委員会

  学校医の藤田宏夫先生を講師に迎え、食物アレルギーとエピペンの使い方についてご指導していただきました。教職員とともに、約15名の保護者の方も参加していただきました。学校では、子どもたちが安全な食生活を送れるよう、これからも食に関する指導に努めてまいります。

12月18日(水)長縄記録会

 11月18日(月)から「長縄期間」として、長縄跳びの練習に取り組んできました。この日は、クラスごとに決めた目標回数(3分間)の達成に向けて、クラスで力を合わせて跳びました。

 これからもっと寒くなりますが、外に出て元気に体を動かしてほしいと思います。

 

12月13日(金)朝の読み聞かせ

 今日は、「朝の読み聞かせ」の日。その一部を紹介させていただきます。

 3年3組では、紙芝居「マッチ売りの少女」。本格的な紙芝居用の舞台を用意していただき、子どもたちは引き込まれていたようでした。

 6年2組では、「ホームランを打ったことのない君に(長谷川集平 作)」。心温まるお話に、子どもたちは聞き入っていました。

 保護者のボランティアの方々には、朝の慌ただしい時間帯でありながら、子どもたちのために取り組んでいただきありがたく思います。

書き初め練習

 令和元年も、残すところ約20日間となりました。新しい年を前に、書き初めの練習を始めました。普段使用している半紙よりも長い書き初め用紙に戸惑いながらも、一字一字ていねいに書き上げていました。

5年生 藁リース作り

 米作りでお世話になった「水がき隊」の皆さんを講師に迎え、稲の藁を利用してリースを制作しました。短い時間でしたが、それぞれ個性のある素敵な作品に仕上がりました。

図画作品「未来の市川市」展示

 現在改築工事をしている市川市役所本庁舎を囲む東側壁面に、6年生代表児童の図画作品が掲示されています。テーマは、「未来の市川市」。近くを訪れることがありましたら、ぜひご覧いただければと思います。

12月4日(水)芸術鑑賞教室

 豊かな情操を養うために、毎年さまざまな芸術に触れる機会を設けています。

 今年度は、影絵「あらしの夜に」を鑑賞しました。子どもたちは、名作と呼ばれる物語に触れるとともに、生の影絵の美しさを感じていたようでした。

5・6年生 薬物乱用防止教室

 3校時、5・6年生を対象に、体育館で「薬物乱用防止教室」を行いました。市川警察署の方を講師に迎え、子どもたちが薬物被害に遭わないように、ロールプレイング(役割演技)をまじえ、わかりやすく教えていただきました。

11月29日(金)国語科公開研究会

 本校は、約40年にわたり読書教育を推進してきました。現在は、読書教育を基盤に、国語科の研究に取り組んでいます。この日は、70名以上の教育関係者が来校し、子どもたちの授業を参観しました。

11月27日(水)朝の委員会活動

 美化委員会・飼育委員会の児童が、他の児童より早く登校して活動をしていたので、紹介します。

 美化委員会は、落ち葉が多いこの時期、正門や裏門の周辺の落ち葉をはいていました。

 飼育委員会は、事務室前で飼っているカメの水替えや濾過機の清掃などをしていました。

 これからも、学校生活がよりよくなるように、協力して取り組んでほしいと思います。