ブログ

学校の様子

2月20日(木)「ありがとう6年生集会」

 6年生と1年生が手をつないで入場して集会が始まりました。間もなく卒業を迎える6年生へ感謝の気持ちを込めて、各学年で出し物をしたりプレゼントを贈ったりしました。その後の6年生の合唱は、さすがでした。全校児童で心温まる時間を過ごしました。

2月19日(水)6年生の卒業に向けて

 6年生の卒業まで1か月をきりました。明日2月20日(木)は、「ありがとう6年生集会」が行われます。今日は、各学年が出し物の最終練習を行っていました。また、校舎内には、卒業を祝う掲示物があちらこちらに貼られ、6年生への感謝の気持ちがあふれていました。

 

 

 

2月15日(土)学習参観

 普段は休業日ですが、この日は学習参観(2~5校時)でした。たくさんの保護者の方々が参観される中、生活科や総合的な学習の時間における発表会や外国語科など、多様な授業を展開しました。

 その中で、今回の参観の特色の一つが、「全校道徳」の実施です。全学級で「特別の教科 道徳」を展開しました。道徳の授業は、道徳的な判断力、心情、実践意欲と態度を育てるために、学校教育全体で行う「道徳教育」の要になるものです。本日の授業で取り上げた道徳的価値について、ご家庭で話し合っていただければと思います。

2月13日(木)6年生租税教室

 6年生は、社会科の学習で、政治や経済について学びます。この日は、千葉県税理士会市川支部から講師の先生を迎え、「税」について学びました。税の専門家である税理士の方から、税の必要性や使い道などについて詳しく学びました。

体力作り(持久走)

 体力作りの一環として、体育の時間に5~10分間走(時間は学年により異なります)を行っています。持久走は「動きを持続する力を高める」をねらいとしています。体に過度の負担をかけないよう自分に合った同じペースで走ることが大事で、「速く」「長く」走ることを競うものではありません。子どもたちが体調を整えて走ることができるよう、健康管理にご協力をお願いします。

「あたたかい言葉」

 この写真は、保健室前の廊下の掲示物です。保健委員会の子どもたちが作りました。「あたたかい言葉」とは、『その言葉を聞くといい気持ちになる言葉』です。学校では、「ふわふわ言葉」ということもあります。「こんな言葉が子どもたちの周りにあふれたらいいな。」と思いました。

5年生校外学習

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1月27日(月)に、5年生は「NHKスタジオパーク」・「朝日新聞社」に校外学習に行きました。社会科で「わたしたちのくらしをささえる情報」を学習しており、体験型ブースに参加したり、案内の方の話を食い入るように聞いてメモをとったりと、どちらの施設でも子どもたちは高い興味関心を示し、意欲的に学習に取り組んでいました。

新着
冨貴島小学校ブログ

HP委員会から

中学生の目標を6年生に聞いてみた。

中学校に向けての目標

六年生はあと小学校生活約一か月になりました。

そこで六年生に中学校での目標を5人に聞きました。

そのうち5人中3人は勉強を頑張ると言っていました。

残りの2人はスポーツを頑張ると言っていました。

 

残りの時間を大切に過ごしていきましょう。

 

最後の百人一首大会

一年生からの伝統行事も今年で最後となった

『六年生に百人一首大会の感想を聞きました。

最初はあまりとれなかったけど、

後半から追い上げてきて一位になれたので良かったです。』

と言っていました。

一位になれた人もなれなかった人も

これを機に色々な事に挑戦してみては⁇

 

5年生 NHK

1月27日に校外学習でNHKにいきました。

そこでNHKで楽しかったことを聞きました。

5年1組

「1番楽しかったのはアナウンサーになれる所です。」

5年2組

「1番楽しかったのは自分のドーモ君に会える所です。」

5年3組

「1番楽しかったのはアフレコスタジオだそうです。」

ぼくもアフレコスタジオが楽しかったです。楽しい経験ができてよかったですね。

 

今年の目標を聞いてみた①

もう新しい年 、2020年が、始まりました。

まだ新しい年だと私は思えません。

私みたいに思っている人も、思っていない人も

いる中で私は、今年の目標を聞いてみました。

「私は学習能力を高めたい」

    「百点をたくさんとる」

などの勉強についての話が多かったです。

ほかには、「たくさん遊ぶ」

「ゲームしまくる」

と、遊びについての話もありました。

 

 

今年の目標を聞いてみた②

2020年は、東京五輪やなどイベントが沢山あります。

そんな中、一年生に新しい年の目標を聞いてみました。

「前よりも速く走れるようになりたい」や、

「足し算をもっと早く解けるようになりたい」などまるでアスリートのような答えが返ってきました。輝く目標に向かって、頑張ってください‼