ブログ

研究

【第3回 校内授業研究会 3年1組 田中学級/3年3組 佐南谷学級 総合的な学習の時間】

10月25日(火)

3年1組 田中学級 3年3組 佐南谷学級

単元名「八幡を安全に」

講師 市川市立中山小学校 校長 松永裕思先生

3年1組では、八幡小は安全かどうかを調べる中で、自分が持った考えを学級のみんなに伝え合う活動を行いました。

当日までに、学校内の様々な場所に出向き、気付いたことを付箋にまとめ、準備は万端です。

グループごとに、八幡小の安全の度合いを表した安全メーターからも学びの足あとがうかがえます。

 話し合いの結果、八幡小の安全を守ってくれている人たちの存在に気付くことができました。

 

3年3組では、八幡小の安全について調べたことをタブレットを使ってまとめ、発表をしました。

グループで協力して作ったスライドを上手に活用することができました。

講師の先生からは、安全という身近なテーマを、子供たちが積極的な姿勢で学んでいて素晴らしいというお言葉をいただきました。

今後は、八幡小の安全に対して自分たちができることは何なのか考えていきたいと思います。

 

第1回 校内授業研究会(市川市学力向上推進校 公開研究会)5年3組 海老原学級 国語科

今年度の八幡小学校の研究について、年度末の保護者向けパンフレットに代わり、授業研究会についての実践報告のページを更新させていただくことにいたしました。

授業研究会を実施しましたら、随時更新してまいります。

今回は、6月に実施した、第1回 校内授業研究会についてです。

 

6月21日(火)

5年3組 海老原学級

単元名「トリセツ作って読み解き博士!~言葉にかくされた思いをひもとけ~」

教材名『言葉と事実』

講師 市川市教育委員会 指導課 伊藤全仁先生

 

 

 

 

 

 

5年3組では、「どんな文章も読み解ける『説明文の取扱説明書』を作ろう!」を合言葉に本単元の学習を進めてきました。

 

当日は、文章構成図や叙述を基に、筆者の意図を読み解き、子供たちが自らの言葉で表現しました。

 

 

 

 

 

 

友達との交流では、言葉にこだわり自分の思いを伝える姿がたくさん見られました。

 

 

 

 

 

 

授業の終わりにはしっかりと振り返り。次の学びにつながる大切な時間です。

 

 

 

 

 

 

講師の先生からは、難しい課題にも粘り強く取り組む子供たちの姿勢が素晴らしかったというお話をいただきました。

今後も「進んで学ぶ子供の育成」に向けて学校全体で取り組んでまいります。

研究