校歌

作詞 折口信夫
作曲 信時  潔 

1
吾等が上の 青空は
鳥鳴く鳥鳴く 朝の晴れ
今日も勉めむ わが友よ
吾等もいつか 智慧すぐれ
八幡の八幡の 藪の如
才量りなき 身とならむ
2
吾等が学ぶ教室に 昼の日
隈なく 照りわたり
塵一つなき うるわしさ
少年 心 清くして
学問いよいよ のび行かむ
師の導きの たふとさよ
3
吾等の窓に ともし燈の
明るき夜来ぬ 省みて
今日はよかりし ひと日かな
よき学校に 生い立ちて
日々よき友らと 睦あふ
吾等は八幡 小学生

 

作詞に見える折口信夫氏の名前を見た人は、あの明治・大正・昭和と生きた有名な民俗学の学者である折口氏?とつぶやきます。
このあたりも、140年の歴史がある学校ならではと思われます。