学校評価の観点について

 本校では、学校と家庭が手を携えて子どもたちの健やかな成長を図っています。学校評価によって毎年さらなる学校運営の改善に努めていますが、保護者の皆様には下記の観点での学校評価をお願いしています。

 ご協力よろしくお願いします。





・お子さんは、授業がわかりやすいと言っている。
・お子さんは、わからないことを自分から調べるなど、いろいろなことに興味を持って学習に取り組んでいる。
・お子さんは、家庭学習の習慣が身についている。
・漢字を書く力やいろいろな言葉を使う力が伸びている。
・学校は、学力テストや日常の学習の結果を適切に把握し、授業改善に努めている。



・お子さんは、友だちや近所の人などに、自分から進んであいさつをしている。
・お子さんは、自分の役割に責任を持って取り組んでいる。
・お子さんは、誰とでも優しく関わっている。
・学校は、子どものことで相談に応じてくれる。
・学校は、いじめや暴力のない学校生活を送れるよう取り組んでいる。
・学校は、言葉遣いの指導、道徳教育、その他の活動を通して、「あったかはあと」な児童の育成に努めている。




・お子さんは、すすんで(外で遊ぶなど)体を動かしている。
・お子さんは、自らの安全(交通事故・けがなど)に気をつけて生活している。
・お子さんは、規則正しい生活習慣(睡眠・食習慣など)が身についている。






・学校は、たより等で学校の様子を十分に保護者に伝えている。 
・学校は、保護者や地域の方が、学校行事等に参加しやすいように努めている。 
・学校は、保護者の思いや願いに対して適切に対応している。 
・学校は、けがや交通安全、緊急時の対応等、児童が安全に気を付けて生活できるように指導している。
・家庭では、「家庭学習のすすめ」「妙典スタンダード」を活用している。

・中学校ブロックで、学習規律に協同して取り組んでいることを知っている。
令和元年度 前期学校評価アンケートの結果

学校評価の結果と分析について

 

 

学校評価