学校教育目標


1 学校教育目標

‐学び合える 子どもの育成‐

「みんなで創ろう 楽しい学校」

 

 学校の使命は「学び」にあることを強く認識し,安全な環境の中で子ども一人一人が主体的に,友だちと関わり合いながら問題解決に取り組み,家庭・地域との連携の下,「生きる力」を育成できる学校を創っていきたい。

 

2 めざす子ども像

(1) みずからすすんで学ぶ子ども

(2) やさしい心で,助け合う子ども

(3) たくましく,粘り強い子ども 

 

3 めざす学校像

(1) 一人ひとりの子どもが夢や希望を育む学校

(2) 豊かな人間関係と確かな学力を育む学校

(3) 家庭・地域から信頼される学校

 

4 めざす教職員像

(1)子どもを第一とし,子どもの未来を見つめ続ける教職員・保護者・地域

(2)やさしい心,確かな学力,たくましい体を育む教職員・保護者・地域

(3)互いに信頼し,つながりを大事にする教職員・保護者・地域

 

5 学校経営の基本方針

学校教育目標達成のために

(1)一人一人の教職員が能力を発揮する。

(2)全教職員が一丸となって学校づくりを推進する。

  

6 学校経営の重点と方策

(1)友だちも自分も大事にする子どもの育成   「豊かな心」

  ①挨拶・返事・身だしなみ コミュニケーション能力

  ②想像力(思いやり)

  ③人の役に立つ喜び(異年齢集団活動,異校種交流,お年寄り・地域交流)

  ④合意形成能力

(2)基礎・基本の確実な定着と,それらを活用する力の育成   「確かな学力」

  ①ユニバーサルデザインの授業づくり 個⇒グループ⇒全体⇒個

  ②隙間読書

  ③「書くことは考えること」「伝え合う力」

(3)危険回避能力を身に付け,安全に生活する子どもの育成   「健やかな体」

  ①生活安全・交通安全・防災 「自分の身は自分で守る子」

  ②「一日一回外遊び」

  ③正課体育の充実 「宮田小サーキット」

(4)子ども,保護者,地域の方々の信頼に応える教育活動の展開    「信頼される学校」

       ①基本的生活習慣の育成 「早寝・早起き・朝ごはん」

  ②家庭学習の習慣化

  ③地域の教育資源の活用 自然体験活動・社会体験活動の充実