学校教育目標

 
 
 

Ⅰ 学校経営の方針

 

◎   学校教育目標

   「日々のめあてを持ち 心豊かで 主体的に生きる力を持つ子の育成」
  

 ●重点目標                       

    「三つの元気」~ 頭の元気 体の元気 心の元気~                           

〇児童活動スローガン            

「 全力 ENJOY! 国府台 」  ⇒自分たちの力で学校を楽しくしよう!      

   

〇 年間生活目標

   「 あいさつ いっぱい やさしさ いっぱい 」

    ⇒みんなで気持ちの良いあいさつ 国府台小をやさしい心でいっぱいにしよう!

〇国府台小学校の児童の姿

  ・ こころやさしく 感性豊かな子 ・ うんと考え 進んで学ぶ子

  ・ たくましく 自分をのばす子  ・ 学校だい好きな子

 

◇ 運営方針 ~児童も職員も明日また来たいと思える学校を目指して~

  ◎教育活動を通し、自身や集団を高めていこうとする向上心を育てる

  ◎児童自身で考え率先して行動にうつすなど、主体的に生きる力を育成する

  ◎教職員の人間力と資質の向上とともに、組織力を最大限に生かした教育を実践する

   

=4つの柱と重点活動や手立て=
1.豊かな心 【心の元気】  「あいさついっぱい やさしさいっぱい」

   ~交流活動や日々の生活から、こころやさしく、感性豊かな子を育てます~
    ・体験的な学習の充実 ・目標設定とともにPDCAサイクルの確立 ・特別支援教育の校内体制の充実

    ・交流事業の充実(ペア学年や特別支援学級等) ・日常的な教育相談活動の充実

    ・自己肯定感の育成、主体的な活動の推進 ・読書の習慣化 ・道徳教育の充実   

2.確かな学力 【頭の元気】 

  「見て、聞いて、触れて、感じて、考え、じっくり深く学びいっぱい」

   ~たのしく学習し、たくさん考え、進んで学ぶ子を育てます~
    ・効果的な教科担任制の導入 ・研究テーマに沿った授業の実践(学校教育目標の実現) 

    ・少人数指導と主体的家庭学習の推進(定着・充実)

    ・ユニバーサルデザインを取り入れた(意識した)授業 ・補完的指導の充実(タブレットの活用) 

    ・豊かな学びのための教職員の授業力や人間力の向上

3.健やかな体 【体の元気】 「元気いっぱい 運動いっぱい」

   ~自分の心や体をたくましくのばす子を育てます~
    ・正課体育での体力向上・健康に係る知識、意識の向上・食育推進 ・体育的な行事の活用

    ・児童の安全確保(不審者・交通安全・災害対応)と安全教育(「自分の身は自分で守る」)の推進   

4.信頼される開かれた学校づくり  「地域とともに歩む学校」

    ~保護者や地域と協働して子どもを育てる学校を作ります~
    ・学校からの情報発信の充実  ・地域及び地域人材との協働・児童、保護者、協議会の意見反映

    ・地域学習を通しての郷土愛の育成 ・オープンスクールの実施(見直し) 

    ・評価結果を基にした学校運営の改善(形成的評価)

 

 Ⅱ 2022年度の主な行事予定

 

 

   

4月 

 

5月

6月

7月

着任式 始業式 入学式 登校指導 授業参観・保護者会 PTA総会

1年生を迎える会 全校歩き遠足 院内学級歩き遠足 地域訪問 避難訓練

PTA運営協議会  運動会  教育相談日  開校記念日 新体力テスト

1・3年交通安全教室 プール開き  6年校外学習

個人面談  学校運営協議会  こうのとり祭り(7/16)

9月

 

10月

引き渡し訓練  

登校指導   避難訓練  保護者会  学校運営協議会

前期終業10/7(金) 後期始業10/10(月) 6年修学旅行

 

後   


 

11月

 

 

12月

オープンスクールデー・ふれあい祭り 70周年記念式典

不審者対応訓練 ブロック音楽会 院内学級運動会  

院内学級校外学習 保護者会  

就学時検診  教育相談日 長縄大会 大そうじ PTA運営協議会

1月

2月

3月

5年ホワイトスクール  オープンスクールデー  3年辻切り  

3年クラブめぐり 学校運営協議会

新1年生入学説明会  卒業を祝う会 6年保護者会

1~5年保護者会  給食運営協議会  卒業式 大そうじ  

終了式  離任式 

Ⅲ 学校概要

1 学区の概要

 

・市川市北西部の高台に位置し、歴史的史跡に富んだ江戸川風致地区内にある。東側には緑多いじゅん菜池公園があり、

 南北には寺院、西側には県道(市川松戸線)が通っている。平成30年6月に外環道路が学区内に開通した。

・平成3年に北総開発鉄道が学区内に開通し、学校から徒歩8分の所に矢切駅、学区の一番北側に北国分駅が開業した。

 それにともなって学区内に多くの集合住宅が建設され、児童数もほぼ横ばい状態を保っている。保護者は、一部農家と

 商店を除き、大部分は都内に通勤する勤め人であるが、教育的関心は高く授業参観には多くの保護者が学校に訪れる。

 また、子ども会や自治会などの組織もしっかりしており、学校に対しても協力的である。平成23年度には保護者や地

 域の活動が文部科学大臣表彰を得た。

・高齢者が多い地域であり、学校行事への参加も多く、地域の教育力の要となっている。

・第2校舎(東側)が改修され、一階がデイサービスセンターとして平成10年6月1日にオープンしたことをうけ、 「心の教育」を重視した児童と高齢者とのふれあい活動をすすめている。

 2 沿革の概要

  「学校の沿革」参照

3 施設 

校地面積 14,481,6㎡
校舎の構造 鉄筋コンクリート三階建て2棟

鉄筋コンクリート四階建て1棟

給食室  体育館

教室数

普通教室 21

特別教室 16

・音楽室2・理科室1・図書室1

・家庭科室1・図工室1

・生活科室1・ゆとろぎ室1

・教育相談室1

・コンピュータ室1

・学習室4・郷土学習室1
・小劇場1・和室1

管理室

校長室・職員室・事務室・更衣室・保健室・放送室・教育相談室

研修室・給食室・給食関係職員室・会議室・備蓄倉庫・体育倉庫・

資料室・消耗品倉庫・用務員室・

準備室(理科、音楽、家庭科、図工、図書、生活科)・

ワゴン室・保育クラブ室

 4 児童数  6月1日現在

児童数 世帯数
600名 483世帯