新 展望室から見た景色

 このページを最初に作ったのは平成15年6月です。それから約2年半がたちました。
子どもたちも大きくなりましたが、展望室から見える景色も変わってきました。その変化をさがしてみてください。
 各方角の上段が平成15年6月、下段が平成18年1月です。天気が良すぎたので、屋根の色がわかりにくくてすみません。
平成19年8月、学校の南側で外環道の工事が始まるという情報が入ったので写真を追加しました。ついでに市川駅方向も(西)。

JR総武線が見えます。その向こうには国道14号線 京成線、そのあたりには古くからある住宅地が広がっています。

緑色の「新田第2保育園」とのあいだを「外環自動車道」が通ります。

JR本八幡駅方面になります。遠くに見える高いビルが駅周辺です。
歩いて10分くらいです。大きなマンションも見えます。

屋上のようすも変わりましたね。

ず~っと住宅街 この向こうに江戸川が流れています。
外環自動車道の建設予定地になっていて、フェンスで囲まれた空き地が増えています。
開校当時は、ずっと田んぼだったそうです。

 学校近くのようすがかなり変わりました。近くだからはっきりわかるからで、遠くのほうも変わっているのでしょうか。
送電線の鉄塔は光の加減で見えにくくなっていますが、なくなってはいません。

平成19年8月

とくに真ん中の写真の風景が変わりました。

西

JR市川駅方面です。眼下の空き地は外環自動車道が通る予定の場所、学校のすぐ脇です。

 

写真ではわかりませんが、市川駅南口前もすごく変わりましたよね。

平成19年8月

市川駅南口の再開発で 大きなビルがドドーンと。アップです。

拡大して比べてみると変化が良くわかります。
大きな木がなくなっていたり、小さかった木が大きくなっていたり、遠くにマンションが建って いたり。
いろいろなところで変化が見つかります。

 ちなみに「展望室」とは上の矢印部分です。 内側に給水タンクがあります。
他市ではあまり
見かけませんが、市川市内の昭和50年代前後に建てられた校舎に造られています。

 2008年9月からの第一校舎耐震補強工事で取り壊されてしまいました。


2007年9月


2008年11月


この先に階段がありました。


うっすらななめに跡が残っています。