給食ブログ

2021年1月の記事一覧

1月29日(金)の給食『ふるさと食材献立』

『ふるさと食材献立』

ハート牛乳 ご飯 行徳海苔の佃煮 いわしの蒲焼き ピーナッツ和え 沢煮椀 いよかん

佃煮の海苔は行徳でとれたものを使っています。いわしの蒲焼きのいわし、ピーナッツ和えのピーナッツは千葉県産のものです。ピーナッツ和えに使用しているほうれん草は市川市内で農業を営む松永さんの育てたほうれん草です。

地元の食材をおいしくいただきましょう!

1月28日(木)の給食『お話給食 おしゃべりなたまごやき』

『お話給食  おしゃべりなたまごやき』

ハート牛乳 ターメリックライス ツナコーンサラダ いんげん豆のトマト煮、おしゃべりなたまごやき

絵本「おしゃべりなたまごやき」に登場する王様の秘密を話した めだまやき のような見た目のデザートです。調理員さんが1つ1つ丁寧に作ってくださいました。黄桃と牛乳ゼリーで作っています。

1月27日(水)の給食『市川市の給食はじまり献立』

『市川市の給食はじまり献立』

ハート牛乳 ココア揚げパン ジャーマンポテト 肉団子スープ りんご

市川市ではじめて出された給食の献立は、コッペパン、煮豆、味噌汁、脱脂粉乳でした。当時の給食の主食はほぼ毎日コッペパンでした。飽きずにおいしく食べてもらいたいと調理員さんが考え出したのが揚げパンなのだそうです。

今日のココア揚げパンはミルクココアとピュアココアの2種類のココアを使った揚げパンです。

 

1月26日(火)の給食『日本の給食はじまり献立』

『日本の給食はじまり献立』

ハート牛乳 ご飯 鮭の塩バター焼き 磯香和え すいとん みかん

日本の学校給食の起源は、明治22年に貧困児を対象に昼食を無償で提供したのがはじまりでした。日本で初めて出された給食の献立は、おにぎり、塩鮭、菜の漬物でした。給食では食べやすいようアレンジしたものをつくりました。

すいとんは第二次世界大戦末期から終戦にかけて学校給食で提供されました。給食の歴史について考えてみましょう。

1月25日(月)の給食『まごわやさしい献立』

『まごわやさしい献立』

ハート牛乳 ご飯 ししゃもカレー揚げ 生揚げの肉味噌煮 青菜とひじきのごま和え デコポン

1ツ星1月24日〜30日は全国学校給食週間

全国学校給食週間は、学校給食の意義や役割などについて多くの方に知ってもらい、学校給食の充実と発展を図ることを目的として定められました。

まず最初の1日目の今日は、「まごわやさしい献立」です。「まごわやさしい」は日本で昔から食べられてきた食品である「まめ・ごま・わかめ(海藻類)・やさい・さかな・しいたけ(きのこ類)・いも」の頭文字を並べた言葉です。