平成30年度 経営方針

1 学校目標
   ~豊かな心を培い、たくましく生き抜く力を育てる~

2 目指す生徒像
【知】夢の実現や目標の達成に向け、自ら進んで粘り強く学び続ける生徒
【徳】人それぞれの個性を認め、心豊かで思いやりのある生徒
【体】心身ともにたくましい生徒

3 目指す教師像
(1)生徒とのふれあいを通し、一人一人を共感的に理解し大切にする教師
(2)絶えず研究、研修に努め、お互いに連携し支え合う、チームワークの良い教師集団

4 経営方針8本の柱 ~穏やかな教育環境の中から~
(1)人生を拓く「確かな学力」を育む 「主体的・対話的で深い学び」

  1. 生徒が自ら進んで学ぶ授業を推進する。また、分かり易い授業の指導方法を研究し、課題解決型(アクティラーニングの視点に立った)授業の展開を目指す。
  2. 図書館活用を研究し、課題解決型授業を推進する。
  3. 家庭学習の定着と予習・復習の徹底を図る。
  4. 日本語の学習が停滞している生徒への適応指導を行い、学力の定着を図る。
  5. 学校や学級へ不適応を示す生徒への適応指導のための支援を強化する。
  6. さまざまな障がいや個性を持つ生徒を共感的に理解し、温かく支援する。
  7. 読書活動を更に充実させ、生徒の人格の完成を支援する。
  8. 言語活動に関する能力の育成を図る。

(2)思いやりのある「豊かな心」の育成

  1. 礼儀正しく、真心のこもった挨拶ができる生徒を育てる。
  2. いつでも、誰とでも交流でき、明るい笑顔の絶えない生徒を育てる。
  3. 地域行事やボランティア活動に進んで参加する生徒を育てる。

(3)活力にあふれる「健やかな体」を育む

  1. 学校と家庭が一体となって、規則正しい生活習慣を身に付けさせる。
  2. 給食の時間や授業、専門委員会などを通して食育を推進する。
  3. 昼休みの運動や運動部活動の充実を図り、体力の向上を推進する。
  4. 安心・安全で充実した教室環境を実現する。

(4)地域と共に歩む開かれた学校づくりを推進する
  「社会に開かれた教育課程」「カリキュラムマネジメントの推進」

  1. 家庭・学校・地域のつながりを大切にし、相互に連携・協力して一体感のある教育を推進する。コミュニティスクールへの移行。
  2. 登下校や学校における事故・災害のゼロを目指す。
  3. 行徳ふれあい施設との交流活動を更に推進する。
  4. 学校への声や要望を大切にし、迅速に対応する。

(5)業務の適正化を図る

  1. 生徒たちと向き合う時間を確保し、誇りとやりがいの持てる職場環境を確保するために、教員が携わってきた従来の業務を不断に見直す。
  2. 勤務時間を意識した働き方改革を推進し、ライフ・ワークバランスの実現を果たす。

(6)初若年層教員の育成

  1. 先輩教員が「当たり前のことを、当たり前に行う」ことにより若手教員が育つ職場環境を構築する。

(7)特別支援教育の推進

  1. 生徒一人一人を大切にする教育(支援)は、教育の原点。特別支援教育は、全校体制で推進する。
  2. ユニバーサルデザインの環境づくりと授業づくりを推進する。

(8)不祥事根絶

  1. 「しない・させない・見逃さない」複数の目で相互チェックし、第七中学校から不祥事は、出さない。