学校沿革

学校沿革

昭和 47 年  4月 1日 市立国分小学校の規模の過大化に対処し、今後の発展に備え同校の跡地内に開校
初代校長 佐藤 政雄はじめ教職員36名着任(25学級児童数992名)
昭和 48 年  4月 1日 市川市曽谷7-18-1の新校舎に移転
昭和 51 年度  児童数最高(44学級児童数1855名)
昭和 51 年11月 8日 天文コーナー完成
昭和 52 年  4月 1日 市川市立百合台小学校を分離
第2代校長 嶋根 明 着任(37学級児童数1532名) 野外ステージ完成
昭和 53 年11月 1日 県教委より教育功労賞学校賞受賞
昭和 54 年11月 7日 県教委より体育優良賞学校賞受賞
昭和 54 年10月10日 NHK全国学校音楽コンクール合唱の部全国第2位
昭和 56 年  4月 1日 市川市立稲越小学校を分離第3代校長 稲見 泰祐 着任(31学級児童数1214名)
昭和 56 年10月31日 創立 10 周年記念式典 コンビネーションジム完成
昭和 58 年  4月 1日 第4代校長 鈴木 甲雄 着任(25学級児童数1018名)
昭和 58 年11月15日 公開研究会 県教委より給食優良学校賞受賞
昭和 60 年  4月 1日 第5代校長 大野 修 着任 (24学級児童数932名)
福祉教育推進指定校(60 年度・61 年度)
昭和 62 年  4月 1日 第6代校長 長谷川 喜一 着任(22学級児童数841名)
昭和 62 年度  TBSこども音楽コンクール東日本大会出場(合唱の部)
平成  元 年 4月 1日 第7代校長 平澤 二三夫 着任(20学級児童数720名)
平成 2年度  校舎北側外壁工事
平成 3年  4月 1日 第8代校長 牧 直美 着任(18学級児童数594名)
平成 3年度  校舎南側外壁工事、夜間照明設置
平成 3年11月16日 創立 20 周年記念式典
平成 5年  4月 1日 第9代校長 佐々木 卓夫 着任(17学級児童数531名)
平成 6年度  インターフォン全教室設置 北側外柵全面改修
平成 7年  4月 1日 第 10 代校長 宮内 洋子 着任(17学級児童数530名)
平成 7年度 プール改修工事
平成8・9年度 環境教育推進指定校
平成 10 年度 管理棟改修工事(職員室・校長室・事務室)
平成 11 年度 コンピュータ室工事 図書室インターネット接続
平成 12 年  4月 1日 第 11 代校長 井河澤 直之 着任(18学級児童数522名)
平成 13 年11月10日 創立30周年記念式典
平成 14 年度 西校舎便所改修工事
平成 15 年  4月 1日 第 12 代校長 松田 義行 着任(18学級児童数531名)
平成 17 年  4月 1日 第 13 代校長 室田 正美 着任(18学級児童数542名)
平成 18 年度 防犯まちづくりモデル地区選定
平成 19 年  4月 1日 第 14 代校長 益子 行夫 着任(18学級児童数524名)
平成 20 年度 「あいさつ道路」指定
平成 21 年  4月 1日 第 15 代校長 八重樫 茂 着任(17学級児童数527名)
平成 21 年度  体育館耐震補強工事
平成 23 年  4月 1日 第 16 代校長 明石 多門 着任(18学級児童数509名)
平成 23 年11月 5日 創立40周年記念式典
平成 24 年度 東校舎耐震補強工事 (17学級児童数525名)
平成 25 年 1月15日 コーラス部 ライトブルー少年賞
平成 25 年  4月 1日 第 17 代校長 岩下 裕昭 着任 (16学級児童数504名)
平成 25 年度 西校舎耐震補強工事・東校舎便所改修工事
平成 26 年度 プール取水栓修繕・窓ガラス安全器具取り付け・植栽剪定
平成 27 年度 体育館床修繕、バスケットゴール耐震化
平成 27 年~29 年度 福祉教育推進校指定
平成 28 年  4月 1日 第 18 代校長 早川 淳子 着任 (17学級児童数468名)
平成 30 年  4月 1日 第 19 代校長 野口 敏樹 着任 (14学級児童数428名)